2018年12月09日(日)聖日礼拝 「もろびとこぞりて」 (讃美歌112番)

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2018年12月09日(日)聖日礼拝 「もろびとこぞりて」 (讃美歌112番)

61:1 主なる神の霊がわたしに臨んだ。これは主がわたしに油を注いで、貧しい者に福音を宣べ伝えることをゆだね、わたしをつかわして心のいためる者をいやし、捕われ人に放免を告げ、縛られている者に解放を告げ、
61:2 主の恵みの年と/われわれの神の報復の日とを告げさせ、また、すべての悲しむ者を慰め、
61:3 シオンの中の悲しむ者に喜びを与え、灰にかえて冠を与え、悲しみにかえて喜びの油を与え、憂いの心にかえて、さんびの衣を与えさせるためである。こうして、彼らは義のかしの木ととなえられ、主がその栄光をあらわすために/植えられた者ととなえられる。
イザヤ書 61章01~03節

讃美歌112番
クリスマスに歌われる讃美歌には情景を歌う曲が多いですが、今日取り上げる讃美歌112番 「もろびとこぞりて」(※1)は、聖書を引証しながら(※2)クリスマスの意義を歌っていることに特徴があります。


聖書の場面
歌詞が引証する聖書箇所は、荒野の誘惑に勝利したイエスが宣教を始めた時の場面です。
ルカ4:15-17 イエスは諸会堂で教え、みんなの者から尊敬をお受けになった。/それからお育ちになったナザレに行き、安息日にいつものように会堂にはいり、聖書を朗読しようとして立たれた。/すると預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を出された、
その聖書箇所は、イザヤ書61章でした。
 4:18-19 「主の御霊がわたしに宿っている。貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、わたしを聖別してくださったからである。主はわたしをつかわして、囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に自由を得させ、/主のめぐみの年を告げ知らせるのである」。
そして、
 4:20-21 イエスは聖書を巻いて係りの者に返し、席に着かれると、会堂にいるみんなの者の目がイエスに注がれた。/そこでイエスは、「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」と説きはじめられた。
このイエスの言葉に応えて、讃美歌112番が歌われます。


讃美歌112番 1節
 諸人(※あらゆる人)こぞりて(※みんな一緒に) 
 むかえまつれ(※お迎えしなさい)、
 久しく 待ちにし 主は来ませリ、
 主はきませリ、主は、主はきませり。
「久しく 待ちにし 主」と歌いますが、それもその筈。イエス降誕より700年前頃に預言者イザヤを通してなされた約束「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」(4:21)からです。
しかも讃美歌では、「主は来ませり」、救い主イエスは来られた、と高らかに繰り返すことで、“神が約束しておられた「救い主」が、まさにそのお方が、遂に来られた”との万感胸に迫る喜びを表現しています。


讃美歌112番 2節
 悪魔のひとや(※牢屋)を うちくだきて、
 捕虜(とりこ)(※囚人)をはなつ(※自由にする)と 主はきませリ、
 主はきませリ、主は、主はきませり。
「悪魔のひとやを うちくだきて」ですが、「ひとや」は、しばしば一本の弓矢とか、一夜とかと解釈されますが違います。そう誤解してしまうとクリスマスの意義も判りません。「ひとや」は人牢です。ですから「悪魔のひとや」とは、“悪魔が人間を支配している状態”のこと、“死んで滅びるしかない状態”を言います。そしてこれこそ、イエス・キリストによって救われていない全ての人の霊的状態です。
ここで大事なのは、「私たちを解放する方法です。「解放」と訳された言葉の原義を他の聖書箇所から探ってみましょう。
マタイ26:28 これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。
ここでは「ゆるし」と訳されています。つまり、私たちが悪魔の牢から解放されるのは、罪の赦しに依ります。力ずくで牢を破るのではありません。イエスが十字架上で私たちの身代わりに血を流して下さった“身代金”故に私たちは釈放されるのです。
ですから、クリスマスを寿ぐ讃美歌112番で祝われるイエスの誕生は、“苦難のしもべ”としての御生涯の幕開でもあります。


讃美歌112番 3節
 この世の闇路を 照らしたもう
 たえなる(※不思議にすぐれた)光の 主はきませり、
 主はきませリ、主は、主はきませり
「闇路」とは、岩波国語辞典によれば「闇夜の道。比喩的に、思慮も分別もきかない状態」です。ところが、
イザヤ9:2 暗やみの中に歩んでいた民は大いなる光を見た。暗黒の地に住んでいた人々の上に光が照った。
と旧約聖書で預言されていた救い主が来られた!と讃美歌112番3節は歌っているのです。
4:18b …主はわたしをつかわして…盲人の目が開かれることを告げ知らせ…
とあります。イエスは身体的盲人の目を開けることが出来るお方であることは奇跡が実証しています。そればかりではありません、
ヨハネ9:39 そこでイエスは言われた、「わたしがこの世にきたのは、さばくためである。すなわち、見えない人たちが見えるようになり、見える人たちが見えないようになるためである」。
と書かれている様に、霊的な目をも開いて下さります。その喜びを3節は歌います。


讃美歌112番 4節
 しぼめる心の 花を咲かせ、
 めぐみの露おく(※恵みを露のように与えて下さる) 主はきませリ、
 主はきませリ、 主は、主はきませり
讃美歌の4節では、
4:18b …主はわたしをつかわして…打ちひしがれている者に自由を得させ、
この喜びを歌います。
4節の「しぼめる心」、精神的にペシャンコになっている人々のことです。詩篇には、「しぼめる心」から発せられた呻き叫びが数多く記されています。
詩篇38:8 わたしは衰えはて、いたく打ちひしがれ、わたしの心の激しい騒ぎによってうめき叫びます。
現代も、多くの人々が虐げられて呻き、“正義と公平”と訴えながら弱り果てています。
しかし、讃美歌112番 4節は、高らかに歌います。このクリスマスに来て下さったお方は、「しぼめる心に花を咲かせ」て下さる! 乾ききってひび割れた私の魂に、“恵みの露”を与えて下さる主なる神だ!と。箴言19:12 王の…恵みは草の上におく露のようである。
と聖書に書かれていますが、私たちは信仰によって求めさえすれば、この恵みを受け取れます。
主イエスは言われました。
4:19, 21 主のめぐみの年を告げ知らせるのである」…「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」と説きはじめられた。
旧約聖書で告げ知らされた「めぐみの年」とは「ヨベルの年」のことです。ここでは説明を省きますが、イエス・キリストによる救いを指し示しています。使徒パウロはこう言っています。
Ⅱコリント6:2 神はこう言われる、「わたしは、恵みの時にあなたの願いを聞きいれ、救の日にあなたを助けた」。見よ、今は恵みの時、見よ、今は救の日である。
このように、「めぐみの年」とは、福音が宣べ伝えられ、イエスへの信仰により罪人が救われる時代のことです。この時がついに来た!と讃美歌112番は高らかに歌います。


讃美歌112番 5節
 平和のきみなる み子をむかえ、
 すくいのぬしとぞ ほめたたえよ、
 ほめたたえよ、ほめ、ほめたたえよ。
讃美歌を歌ったり聞いたりすると、心が清々しくなったり気分が高揚したりもします。しかし讃美歌112番は、
「諸人こぞりて むかえまつれ」で始まり、「和のきみなる み子をむかえ すくいのぬしとぞ ほめたたえよ!」と閉じられます。使徒パウロはこう奨励しています。
ローマ10:17 実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。
讃美歌に接する時は、その人の救いの始まりでもあります。

 

※1 歌詞はリンク先をご覧下さい。
http://www.senzoku.org/112.htm
※2 『「讃美歌」および「讃美歌第二編」のための聖句引証索引・用途項目索引』 、日本基督教団賛美歌委員会日本基督教団出版局、1974年

 

2018年 メッセージ一覧

2018年12月30日(日)聖日礼拝「愛ゆえの懇願」

パウロの論調は、当初の激しい憤りから、自らの使徒性についての弁証、救いの原理と律法の役割の説明と、…

2018年12月16日(日)聖日礼拝 「荒野の果てに」 讃美歌106番

クリスマスになると、様々な讃美歌が教会の内外で歌われ演奏されます。また、聖書に記されたクリスマスの…

月報 2018年12月号「 あなたのおかげと言われると、何よりもうれしい 」

今年も、救い主イエス・キリストが降誕されたクリスマスを祝う時期となりました。この月報を皆さまにお配…

2018年12月09日(日)聖日礼拝 「もろびとこぞりて」 (讃美歌112番)

讃美歌112番 クリスマスに歌われる讃美歌には情景を歌う曲が多いですが、今日取り上げる讃美歌112番 「も…

2018年12月02日(日) 聖日礼拝 「くしき星よ闇の夜に」( 讃美歌118番 )

今年もクリスマスが近づいてきました。世界中で、平和で喜びあふれるクリスマスが祝われることを心から願…

2018年11月25日(日)聖日礼拝 「命を勝ち取ろう」

ここで言われていることは、直接的には、 (1)エルサレム滅亡(西暦70年)迄に、弟子たちが受ける試錬 (2)こ…

2018年11月18日(日)聖日礼拝 「惑わされぬように」

自分の将来に希望を見出せず落ち込む時、どうすれば良いのでしょうか。イエス・キリストの言葉に信頼する…

月報 2018年11月号 「 主イエスから学ぶ“知恵” 」

先日、私たちの教会のホームページを見られた関東在住の方が電話を下さいました。最近難病宣告を受けられ…

2018年11月11日(日)聖日礼拝 「報いてくださる神」

「報い」とは、善行や悪業の結果として身に受けるもののことを言います。また一般には、報いを期待した行…

2018年11月4日(日)聖日礼拝 「命の源、キリスト」

今日の聖書箇所では、イエスの方から畳みかけるように問いかけても答えは出されない、不思議な箇所です。 …

2018年10月28日(日)聖日礼拝 「神は生きている者の神」

近年は、終活(死を迎える準備)への関心が高まってきている様ですが、死後についてはどうなんでしょうか。…

2018年10月21日(日)聖日礼拝 「神のものは神に返す」

私たちキリスト者はこの世から贖い出された存在ですが、現実逃避や隠遁生活を聖書は勧めていません。むし…

月報 2018年10月号 「 自然を見抜く目 」

今年の日本は、災害並みの猛暑、希に見る豪雨、大地震、猛烈な台風と言った自然災害に次々襲われました。…

2018年10月14日(日)聖日礼拝「神の愛と人のエゴ」

ぶどう園を造って農夫たち(小作人)と賃貸契約を結び、収穫期にしもべを遣わして主人の取り分を受け取る、…

2018年10月7日(日)聖日礼拝 「もはや僕(しもべ)ではない」

律法の下に、律法を守ることを至上と考えて生きてきた人々にとって、律法ではなく信仰、人は信仰によって…

2018年9月23日(日)聖日礼拝 「キリストの権威」

今日の出来事は19章45節以下に記された“宮きよめ”の続きです。 1.「何の権威によるのか」 20:1 ある日…

2018年9月16日(日)聖日礼拝 「平和への道(3)」

今朝は、三回にわたる「平和への道」と題した説教の最終回です。これまで、(1)神との平和を知らない罪人に…

月報 2018年9月号 「 命の健康診断 」

9月5日(水)NHKの「ガッテン!」で、『86万人の自宅に届く!乳がんで死なないための切り札をあなたへ』が放映…

2018年9月9日(日)聖日礼拝 「平和への道(2)」

1.エルサレムに入ろうとされるイエス エルサレムは、ユダヤの国の都であると同時に、神の救いの御業が進展…

2018年9月2日(日)聖日礼拝 「平和への道(1)」

平和への思いは、日本の元号にも込められてきました。「平成」とは、“国の内外、天地とも平和が達成される…

2018年8月26日(日)聖日礼拝 「信仰と報い」

この譬えで「ある身分の高い人」、「主人」とは、もちろんイエスご自身です。まずはじめに、譬えを通して…

2018年8月19日(日)聖日礼拝 「救いの訪れ」

「イエスがエリコに近づかれたとき」の出来事に続く出来事で、教会学校でも良く用いられる箇所です。 19:1…

月報 2018年8月号 「 わたしの魂もあなたを慕いあえぎます 」

喘ぐような暑が続くと、標記の御言葉を思い出しますが、聖書には、炎暑に喘ぐ私たちを励まし慰める聖句が…

2018年8月12日(日)聖日礼拝 「信仰があなたを救う」

主イエスによる癒やしの奇跡は、イエス・キリストが神であり、人を死と滅びから救い出して永遠の命を与え…

2018年8月5日(日)聖日礼拝 「人にはできずとも神にはできる(3)」

「人にはできずとも神にはできる」三回シリーズは、 ルカ18:18 また、ある役人がイエスに尋ねた、「よき師…

2018年7月29日(日)聖日礼拝 「人にはできずとも神にはできる(2)」

今日は、先週に引き続き、「人にはできずとも神にはできる」その2と題して、ルカ18章18節から30節の御言葉…

2018年7月22日(日)聖日礼拝 「人にはできずとも神にはできる(1)」

今日の出来事は、マタイ、マルコも記してます。これらをあわせて読むと、彼は若くて人望があり、しかも裕…

月報 2018年7月号 「 愛で、覆(おお)う 」 

聖書は、信仰によって大洪水から救われたノアをこう記します。「ノアはその時代の人々の中で正しく、かつ…

2018年7月15日(日) 聖日礼拝 「律法の役割」

人々の救いが神様の約束に基くものであり、ただキリスト・イエスを信じる信仰によるものであるならば、律…

2018年7月8日(日)聖日礼拝「約束と律法」

ガラテヤの教会の人々が陥った誤ちは、自分たちの救いに律法の行いが不可欠であると、考えたことであった…

2018年7月1日(日) 聖日礼拝「イエスと幼子」

イエスが、連れて来られた病人とか悪霊に取りつかれた人たちに触れていやした出来事や、病人たち自らイエ…

2018年6月24日(日)聖日礼拝 「高ぶる者は低くされる」

はじめに 「目は心の鏡」という諺があります。『目はその人の心を映し出す鏡のようなものだから、目を見れ…

2018年6月17日(日)聖日礼拝 「私たちは失望しない」

「私たちは失望しない」です。どんな望みを失わないのか。終わりの日に於ける主イエスの再臨であり、完成…

月報 2018年6月号 「 その日、その時 」 

この「その日その時」とは、聖書の預言で唯一成就を待っているその日その時のことです。この日のことは、…

2018年6月10日(日) 聖日礼拝 「終末に備える」

私たちの世界の中に神の国は、最初のクリスマスに主イエス・キリスト降誕と共に来ていることを聖書は証し…

2018年6月3日(日)聖日礼拝 「神の国はいつ来るか」

今日から三回に分けて「神の国」に関して聖書からお話しします。今日の箇所は、 17:20a 神の国はいつ来る…

2018年5月27日(日) 聖日礼拝 「信仰があなたを救う」

私たちは、お医者さんから「病気は完治しましたよ」、「手術は成功しましたよ」と言われると飛び上がらん…

2018年5月20日(日) ペンテコステ(聖霊降臨日)記念礼拝 「心刺され、いやされる」

「この曲った時代から救われよ」。これはペンテコステ(聖霊降臨日)の中心的メッセージです。今日は、世界…

月報 2018年5月号 「 神の愛がわたしたちの心に注がれている 」 ~ペンテコステ(聖霊降臨)記念日にちなんで~

ペンテコステ(聖霊降臨)は、クリスマスとイースターに優るとも劣らぬ大きな喜びと感謝に満ちた主の日です…

2018年5月13日(日)聖日礼拝 「魂のへの配慮」

今日の聖書箇所では、後ろから遡ることで文脈がはっきりしてきます。 (1)7-10節、しもべの主人に対する謙…

2018年5月6日(日)聖日礼拝 「人生を正すは聖書のみ」

私たちは様々な知恵や知識に関心を持ちます。ところが、死後に関してはけっこう無頓着でいます。それも無…

2018年4月29日(日)聖日礼拝 「信仰の祝福」

教会の歴史は、ある意味、異端との戦いの歴史でもあります。ガラテヤ人への手紙は、ガラテヤの教会に入り…

2018年4月22日(日)聖日礼拝 「神はあなたの心をご存じ」

欲の深いパリサイ人たちが、すべてこれらの言葉を聞いて、イエスをあざ笑った。(16:14)とありますが、これ…

月報 2018年4月号 「 キリストがよみがえらされた如く、あなたも 」

キリストはよみがえった!このキリスト復活の喜びは深く大きな喜びです。フェイク(偽物)やプロパガンダ(政…

2018年4月15日(日)聖日礼拝 「真の富を任せられる人」

イエスが語る例え話は、私たちの身近な事柄を通して、目に見えない世界の永遠の事に気付かせてくれます。…

2018年4月8日(日)聖日礼拝 「(あなたの)よみがえりの確かさ」

自分が何を信じているか深く考えることはとても大事です。日本人の場合は、専ら「先祖等からの言い伝え」…

2018年4月1日(日)聖日礼拝 「新たに生きる望み」

「ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神は、その豊かなあわれみにより… 」この「…

2018年3月25日(日)聖日礼拝 「希望への道標」

来週はイエス・キリストのよみがえりを記念するイースターですが、その三日前に、イエス・キリストは十字…

月報 2018年3月号 「 春の雨 」

いよいよ春です。そこで「春」が聖書にどの様に使われているか調べてみました。すると、「春の雨」(「後の…

2018年3月18日(日) 聖日礼拝 「命に至る終活」

終活とは、人生の終わりのための多岐にわたる多様な活動の総称です。マスコミで頻繁に取り上げられ、「終…

2018年3月11日(日)聖日礼拝 「一緒に喜ぼう」

今日は、“福音書中の福音書”とか「放蕩息子のたとえ」と呼ばれる有名な箇所です。先週の二つの譬えに続い…

2018年3月4日(日)聖日礼拝 「私を見出して下さる神」

私を見出して! 現代人の多くの方々が、ツイッター、フェイスブックやLINEと言ったSNS(ソーシャル・ネット…

2018年2月25日(日)聖日礼拝 「信仰に生きる覚悟」

まず最初に、はっきりさせたいことが二点あります。 まず第一に、今日の主題です。それは、26, 27, 33節で…

2018年2月18日(日) 聖日礼拝 「おもてなしを拒む頑なさ」

先週、主イエスは「まことのおもてなし」について聖書から学びましたが、 14:15 列席者のひとりがこれを…

月報 2018年2月号 「 凍える寒さを知る人 」

冒頭から私事で恐縮ですが、居室から廊下に出ると気温は氷点下、せいぜい5℃の日が長く続きました。給湯…

2018年2月11日(日) 聖日礼拝 「まことのおもてなし」

「お・も・て・な・し」、素敵な言葉です。2013年9月のIOC総会で、東京にオリンピックを招致するアンバサ…

2018年2月4日(日) 聖日礼拝 「まことの謙遜」

上座と下座とを峻別し自分の分を弁えた席に着くことは、その人自身の評価に繋がることです。 1.譬えのあ…

2018年1月28日(日) 聖日礼拝 「愛を割り引く身勝手」

イエスが「安息日に人をいやす」出来事はルカによる福音書では三度目です。これほど繰り返されるのは、私…

2018年1月21日(日) 聖日礼拝 「キリストによる平和(2)」

今朝も、先週に引き続き今年の教会標語聖句、 3:15a キリストの平和が、あなたがたの心を支配するように…

月報 2018年1月号 「 信仰によって 」

今もなお多くの人に愛されている著名な説教者がこう書いています。 「『あなたの御言葉はなんですか』」と…

2018年01月14日(日) 聖日礼拝 「キリストによる平和」

会員総会が礼拝後もたれる今朝は、今年の教会標語聖句を含む一つの段落からお話しします。 教会の標語聖句…

2018年01月07日(日) 聖日礼拝 「あなたの道を行きなさい」

ダニエルの預言は、自分たちの拠り所エルサレム神殿すら破壊され、祖国からバビロンに連れ去られ、70年も…