2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

136:1 主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
136:2 もろもろの神の神に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
136:3 もろもろの主の主に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
136:4 ただひとり大いなるくすしきみわざを/なされる者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
136:5 知恵をもって天を造られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
136:6 地を水の上に敷かれた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
136:7 大いなる光を造られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
136:8 昼をつかさどらすために日を造られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
136:9 夜をつかさどらすために月と、もろもろの星とを造られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
創世記 136篇01~09節

1.相反する二種類の信仰の存在
信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から恵みを得ようとする信仰です。日本古来のお百度参りや水垢離(みずごり、神仏に祈願するため、冷水を浴びて体のけがれを除き、身心を清浄にすること)などがそうです。
これと真逆なのが聖書に立脚したキリスト教信仰です。先に神が私たちに恵みの業をして下さり、私たちはその神を喜び感謝するのです。その典型がクリスマスを記念する礼拝であり祝会です。


2.主に感謝せよ
(1)自分たちが今あるのは、神のいつくしみが“先祖”に注がれたおかげ
今日の詩篇136篇にはユニークな特徴があります。全節で「そのいつくしみはとこしえに絶えることがない」(ヘブル語では三単語)が繰り返されています。これこそ詩篇136篇の中心的テーマです。そこで、まず「いつくしみ」という言葉の意味を確認しましょう。
慈悲やあわれみというように感情的・抒情的に理解されがちな言葉ですが、聖書の「いつくしみ」は契約用語です。神が人類と結ばれた「救いの契約」への、神御自身の忠誠と不変の愛を表す言葉です。
136:1 主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
さて、「主に感謝せよ」とあります。何を感謝するのか、ひと言で言えば「今、自分がこの世に存在している事」です。「ご先祖様に感謝しなさい」と教えられますが、確かにその通りだと思います。両親を含めて10代遡ると先祖の単純合計は2,046人にもなるそうです。そのうち誰か一人でも欠けたら自分は存在しなかったわけですから。でも具体的に誰々にどう感謝するかは曖昧です。
聖書は「主に感謝せよ」と、この詩篇の最初の読者(旧約聖書のイスラエルの民)たちの先祖がどの様に守られたかを思い起こさせています。
5-9節、人間が生きられる世界を、神が創造して下さったこと。
10-16節、自分たちの先祖を奴隷の立場と宿命から、神が救出して下さったこと。
17-22節、導き入れられた“約束の地”に“先祖”が住み続けられるよう、神が周囲の強大な敵を打ち破って下さったこと。
そして23節と24節、
 136:23-24 われらが卑しかった時に われらをみこころにとめられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。/われらのあだからわれらを 助け出された者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
ここでは、バビロンに捕囚として連れ去られた屈辱の日々も神は“先祖”を見捨てなかったと歌っています。
(2)自分たちが今を生きられるのは、神の日々の養いのおかげ
“先祖”に関わる神の御業を回顧した後、今を生きる自分たちの生活へと目が向けられます。
 136:25 すべての肉なる者に食物を与えられる者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
24節までの過去を回想した感謝から一転して、食前の祈りに似た感謝に変わります。唐突感がありますが、「肉なる者」の意味を知れば納得できます。
詩篇78:39 神は心に留めておられた。彼らが肉にすぎないことを。吹けば戻らない風であることを。
「肉なる者」とは、有限な束の間の存在のことです。過去の“先祖”がどの様であっても、今を生きる私たちは日々の養いも受けて命をつないでいる。それゆえ、神の「いつくしみはとこしえに絶えることがない」と歌うのです。


3.主に感謝せよ ~私たちの感謝
次に現代に生きる私たちも、神のいつくしみを覚えるなら感謝に満ちあふれることを新約聖書に聞いてまいりましょう。
(1)救い主が遣わされた
今月はクリスマスを迎えますが、必ず読まれる聖書箇所があります。
ルカ1:30 すると、御使いは彼女に言った。「恐れることはありません、マリア。あなたは神から恵みを受けたのです。
「あなたは神から恵みを受けた」の「恵み」は、詩篇136篇の「いつくしみ」と同じ言葉です。先ほどお話ししましたが、この言葉は、救いの契約を守る神の忠実さと愛を現す言葉です。ですから、
ルカ1:48 この卑しい女をさえ、心にかけてくださいました。今からのち代々の人々は、わたしをさいわいな女と言うでしょう、
マリヤは自身の懐妊を感謝しているだけではありません。卑しい(※「取るに足りない」の意味)自分を救いの契約を果たす器として用いて下さった神を誉め讃えています。
 136:23 われらが卑しかった時に われらをみこころにとめられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
ルカ1:48のマリヤの言葉は、詩篇136:23の感謝への招きへの応答でもあります。
(2)“敵”からの救い
神が遣わして下さったイエス・キリストは、十字架上で私たちの罪の贖いを成し遂げて下さりました。
ローマ5:8 しかし、私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死なれたことによって、神は私たちに対するご自分の愛を明らかにしておられます。
ですから、救い主イエス・キリストのお生まれを記念するこの日、私たちも神を誉め讃えます。
 136:23 われらが卑しかった時に/われらをみこころにとめられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
さらに主イエスは、
ヘブル 10:12-14 しかるに、キリストは多くの罪のために一つの永遠のいけにえをささげた後、神の右に座し、/それから、敵をその足台とするときまで、待っておられる。/彼は一つのささげ物によって、きよめられた者たちを永遠に全うされたのである。
この“敵”とは、罪と死の支配です。ですから、
 136:24 われらのあだからわれらを/助け出された者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
と私たちも神を誉め讃えます。
(3)日々の養い
主イエスは
マタイ6:11 私たちの日ごとの糧を、今日もお与えください。
と祈りを教えて下さり、続けてこう言われました。
マタイ6:31-32 ですから、何を食べようか、何を飲もうか、何を着ようかと言って、心配しなくてよいのです。これらのものはすべて、異邦人が切に求めているものです。あなたがたにこれらのものすべてが必要であることは、あなたがたの天の父が知っておられます。
ですから、私たちも食事の度に、
 136:25 すべての肉なる者に食物を与えられる者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
と感謝せずにはいられないのです。
(4)あらゆる恩寵を覚えて
先ほど「肉なる者」とは「吹けば戻らない風」(詩篇78:39)とお話ししましたが、
ヤコブ4:14 あなたがたは、あすのこともわからぬ身なのだ。あなたがたのいのちは、どんなものであるか。あなたがたは、しばしの間あらわれて、たちまち消え行く霧にすぎない。
この様な弱い存在である私たちのすべての必要を満たして下さる神のいつくしみを覚えて、
136:26 天の神に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
と私たちも神を誉め讃えるのです。


神に感謝しよう
過去の出来事を記した聖書に聞くのは、過去の物語を楽しむためではありません。聖書が私たちに語り聞かせるのは、過去の“終わってしまった”物語ではなく、終わりの日まで変わることが無い“生き生きとした命みなぎる”神の御業です。だからこそ、私たちが聖書に向き合うとき、古くからの言葉が生まれ変わった新しい言葉のように私たちの心に響いてきます。しかも、「新しい言葉」は未来への希望も与えてくれます。ひとたび来て下さった救い主は必ず再び来て下さる。その時、悪が勝利をおさめているかの如きこの世を正しく裁き、イエスに聞き従うキリスト者に報いて下さります。
136:26 天の神に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
この褒め歌を心に刻んで、今年もクリスマスを迎える備えをしましょう。


■この日の信仰告白
 ウェストミンスター小教理問答 問1~4
■この日の讃美歌
 3番「あめつちの御神をば」
 73番「くすしきかみ、たえなる主よ」
 525番「めぐみふかき 主のほか」

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…