2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

聖歌隊の指揮者によってシェミニテにあわせてうたわせたダビデの歌
12:1 主よ、お助けください。神を敬う人は絶え、忠信な者は人の子らのなかから消えうせました。
12:2 人はみなその隣り人に偽りを語り、へつらいのくちびると、ふたごころとをもって語る。
12:3 主はすべてのへつらいのくちびると、大きな事を語る舌とを断たれるように。
12:4 彼らは言う、「わたしたちは舌をもって勝を得よう、わたしたちのくちびるはわたしたちのものだ、だれがわたしたちの主人であるか」と。
12:5 主は言われる、「貧しい者がかすめられ、乏しい者が嘆くゆえに、わたしはいま立ちあがって、彼らをその慕い求める安全な所に置こう」と。
12:6 主のことばは清き言葉である。地に設けた炉で練り、七たびきよめた銀のようである。
12:7 主よ、われらを保ち、とこしえにこの人々から免れさせてください。
12:8 卑しい事が人の子のなかにあがめられている時、悪しき者はいたる所でほしいままに歩いています。
詩編 12篇01~-08節

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中でこう言っておられます。

 

詩篇12篇は、社会的倫理が地に墜ちた時代に、神の救いを求めて叫ぶ祈りの詩です。詩人は、二つの点をあげて、末の世の有様を訴えます。第一に、「卑しい事が人の子のなかにあがめられている時、悪しき者はいたる所でほしいままに歩いていまする」(8節)と言っています。現代も、卑しいこと汚いことが尊いことの如く平然と為されています。第二は、人々から誠実が消え、嘘、へつらい、二心が主導権を握っているような世相です。いつも本音と建て前が違う生き方です。しかし、誠心誠意ということが人と人の交わりの土台です。人間の幸福は、心と心が本当に結び合った交わりにあると言っても過言ではないでしょう。

 

さて、クリスマスの夜の出来事を聖書はこう記しています。
ルカ2:8-11, 15 さて、この地方で羊飼たちが夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた。/すると主の御使が現れ、主の栄光が彼らをめぐり照したので、彼らは非常に恐れた。/御使は言った、「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。/きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。/〈中略〉/御使たちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼たちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか」と、互に語り合った。
羊飼いたちが御使から主イエスの誕生を告げられた時、「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか」と語り合いました。もし、この様な仲間がいなかったなら、この後どうなったでしょうか。おそらく飼葉おけの中に寝かされているような赤ちゃんを拝みには行かなかったことでしょう。
羊飼いたちがイエスに会い神を誉め讃えることが出来たのは、御使の言葉に驚きながらも聞く信仰と行動に移そうとする仲間がいたからこそではないでしょうか。


1.詩篇記者の祈り
(1)神への訴え
 12:1-2 主よ、お助けください。神を敬う人は絶え、忠信な者は人の子らのなかから消えうせました。/人はみなその隣り人に偽りを語り、へつらいのくちびると、ふたごころとをもって語る。
詩篇記者は私たちを代表して世の中を嘆いています。人はみな偽りへつらい卑屈になり相手の機嫌を取っている、すぐに嘘だと判るような甘い言葉を吐いて平気でいる。口先ではうまいことを言うが心の中では何を考えているかわからない、と。大変な世の中です。けれども詩篇記者は、嘆くだけでは何の解決にもなりません。
 12:3-4 主はすべてのへつらいのくちびると、大きな事を語る舌とを断たれるように。/彼らは言う、「わたしたちは舌をもって勝を得よう、わたしたちのくちびるはわたしたちのものだ、だれがわたしたちの主人であるか」と。
「神が俺たちの主人だと?とんでもない、この俺たちこそ世界を支配するのだ!」と言ってはばからない傲慢な悪しき世を嫌悪し、神の介入を詩人は祈ったのです。
(2)応答される神
 12:5 主は言われる、「貧しい者がかすめられ、乏しい者が嘆くゆえに、わたしはいま立ちあがって、彼らをその慕い求める安全な所に置こう」と。
詩篇記者の祈りに神が応え下さっています。彼の独白の様に感じられるかも知れませんが、“神が筆者に言葉を授け、筆者を用いて神も語る”、これが聖書の特徴です。
(3)御言葉への信頼
悪しき世の人々が語る「偽り、へつらい、ふたごころ」(2節)の言葉と鮮やかに対比され、神のことばは偽物ではなく信頼できる碓かな言葉であることが、純粋さと高価さの象徴である「銀」になぞらえられます。
12:6 主のことばは清き言葉である。地に設けた炉で練り、七たびきよめた銀のようである。
そして、その神のみ言葉への期待が祈られます。
 12:7-8 主よ、われらを保ち、とこしえにこの人々から免れさせてください。/卑しい事が人の子のなかにあがめられている時、悪しき者はいたる所でほしいままに歩いています。
正しい者が苦しみ誘惑を受けている悪しき時代を憂うこと、それはいつの時代の信仰者とキリストの教会が置かれている立場です。


2.主イエスによって答えて下さる神
 12:5 主は言われる、「貧しい者がかすめられ、乏しい者が嘆くゆえに、わたしはいま立ちあがって、彼らをその慕い求める安全な所に置こう」と。
ここも、神が詩篇記者に授けた”言葉です。この言葉はクリスマスに現実になりました。「卑しい事が人の子のなかにあがめられ、悪しき者はいたる所でほしいままに歩いている」(8節)と、詩篇記者が嘆いた暗黒の時代の真っ只中に、神は御子イエスによってこの世に来て下さりました。
主の御降誕に気付いたヘロデ王はイエスの暗殺を画策し、密かに博士たちを呼び寄せました。そして、
マタイ2:8 彼らをベツレヘムにつかわして言った、「行って、その幼な子のことを詳しく調べ、見つかったらわたしに知らせてくれ。わたしも拝みに行くから」。
ヘロデの言動は、「わたしたちは舌をもって勝を得よう、わたしたちのくちびるはわたしたちのものだ、だれがわたしたちの主人であるか」(4節)との傲慢そのものです。
それにしても暴君ヘロデは哀れな王です。信仰のかけらすら持てなかったばかりか、ヘロデに忠言する臣下は一人も居ませんでした。信仰を持って語り合えた羊飼いたちとは真逆です。
このことは、主イエスの地上の御生涯でも同様でした。救いと癒やしを求めてイエスにすがる人々が大勢居ました。しかし当時の権力者たちは、イエスに聖書の教えを請うと見せかけ、へつらいと二心を持ってイエスを陥れようとしました。
マタイ22:15-16 …どうかしてイエスを言葉のわなにかけようと、相談をした。/そして、彼らの弟子を、ヘロデ党の者たちと共に、イエスのもとにつかわして言わせた、「先生、わたしたちはあなたが真実なかたであって、真理に基いて神の道を教え、また、人に分け隔てをしないで、だれをもはばかられないことを知っています。
しかし、主イエスは「地に設けた炉で練り、七たびきよめた銀のような清き言葉」(6節)により悪しき世に勝利され、欺瞞に欺かれることはありませんでした。また、
12:7 主よ、われらを保ち、とこしえにこの人々から免れさせてください。
この祈りを主イエスも祈られました。
ヨハネ17:14-15 わたしは彼らに御言を与えましたが、世は彼らを憎みました。わたしが世のものでないように、彼らも世のものではないからです。/わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、彼らを悪しき者から守って下さることであります。
そしてイエスは、実際に私たちを滅び行くこの世から免れさせ、天の御国に入れるため、私たちの罪を十字架上で身代わりに担い、
Ⅰコリント15:57 …感謝すべきことには、神はわたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜わったのである。
詩篇は主イエス御自身のことばでもあり、主イエスは御自身の言葉を現実のものとするため世に来られたのです。


3.イエスに従う私たち
詩篇12篇も、クリスマスも、傲慢でへつらい二心がある人々と、心砕かれ御言葉に聞く人々とのコントラストが鮮やかです。この世は今もなお、
12:2 人はみなその隣り人に偽りを語り、へつらいのくちびると、ふたごころとをもって語る。
「卑しいこと」が横行し、人の尊厳を踏みにじる“獣”がいたる所でほしいままに歩いている悪しき時代です。しかし、私たちは見えるとことに惑わされては成りません。諦めてもなりません。神は、既にイエス・キリストを世に遣わし「立ち上がられた」のです。
 12:5-6 主は言われる、「貧しい者がかすめられ、乏しい者が嘆くゆえに、わたしはいま立ちあがって、彼らをその慕い求める安全な所に置こう」と。/主のことばは清き言葉である。地に設けた炉で練り、七たびきよめた銀のようである。
私たちは、この御言葉に本気で聞くかどうかが問われています。御言葉への信頼、信仰があってこそ、クリスマスを喜び祝えます。


■この日の信仰告白
 交読文1 詩1篇
■この日の讃美歌
 6番「われら主をたたえまし」
 119番「羊はねむれり 草の床に」
 112番「諸人こぞりて むかえまつれ」

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…