2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

ダビデの歌
24:1 地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者とは主のものである。
24:2 主はその基を大海のうえにすえ、大川のうえに定められた。
24:3 主の山に登るべき者はだれか。その聖所に立つべき者はだれか。
24:4 手が清く、心のいさぎよい者、その魂がむなしい事に望みをかけない者、偽って誓わない者こそ、その人である。
24:5 このような人は主から祝福をうけ、その救の神から義をうける。
24:6 これこそ主を慕う者のやから、ヤコブの神の、み顔を求める者のやからである。〔セラ
24:7 門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。栄光の王がはいられる。
24:8 栄光の王とはだれか。強く勇ましい主、戦いに勇ましい主である。
24:9 門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。栄光の王がはいられる。
24:10 この栄光の王とはだれか。万軍の主、これこそ栄光の王である。〔セラ
詩編 24篇01-10節

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「栄光の王を迎えよ!」、「神がどんなに大きな事をして下さったか喜ぼう!」と歴史に残る「神の訪れ」を回顧して神を誉め讃えています。クリスマスも神の訪れであり「神がどんなに大きな事をして下さったか喜」ぶ出来事です。それでこの詩篇は待降節に読まれ続けるのです。しかし過去を回顧するだけではありません。「神の訪れ」は、聖書の言葉が語られ聞かれる時に起きています。


1.歴史的背景
詩篇24篇の歴史的背景は、今からおよそ3000年前、ダビデが攻め取り都に定めたエルサレムに、「神の箱」というシンボルを伴って、神がエルサレムに入ってこられた出来事だと考えられています。
サムエル記下6:12-15 しかしダビデ王は、「主が神の箱のゆえに、オベデエドムの家とそのすべての所有を祝福されている」と聞き、ダビデは行って、喜びをもって、神の箱をオベデエドムの家からダビデの町にかき上った。/主の箱をかく者が六歩進んだ時、ダビデは牛と肥えた物を犠牲としてささげた。/そしてダビデは力をきわめて、主の箱の前で踊った。その時ダビデは亜麻布のエポデをつけていた。/こうしてダビデとイスラエルの全家とは、喜びの叫びと角笛の音をもって、神の箱をかき上った。
これは、ダビデ王の生涯で最大の喜びでした。
ところで、「神の箱」「主の箱」は契約の箱とも言われ、
ヘブル9:4 そこには金の香壇と全面金でおおわれた契約の箱とが置かれ、その中にはマナのはいっている金のつぼと、芽を出したアロンのつえと、契約の石板とが入れてあり、
とありますが、この契約の箱は忽然(こつぜん)と歴史から消したミステリアスな存在で、映画インディジョーンズ・シリーズの「失われたアーク」の題材にもなりました。
しかし、詩篇24篇の中心的テーマは契約の箱ではなく、「栄光の王を迎えよ!」です。そしてこの「栄光の王」はクリスマスの夜、神の御子イエス・キリストという人の形をとってこの世界に入ってこられました。それで詩篇24篇がクリスマスを控えた時期にしばしば読まれるのです。


2.全人類の神である主の到来
では詩篇24篇へと進みます。
 24:1-2 地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者とは主のものである。/ 主はその基を大海のうえにすえ、大川のうえに定められた。
クリスマスから千年も遡ったダビデ王の時代に、神がユダヤ人だけでなく全人類の神であると言われてます。世界で最初のクリスマスでも御使いはこう告げました。
ルカ2:8-11(抜粋) …羊飼たちが夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた。/すると主の御使が現れ…言った、「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。/きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。
ところが「世界と、そのなかに住む者とは主のもの」、つまり「主は全人類の神である」ことを、ユダヤ人たちは受け入れませんでした。主なる神は、選民である自分たちだけの神であるとし、「すべての民に与えられる大きな喜び」として来られた主イエスにも敵対し十字架に掛けてしまいました。また彼らは、ユダヤ人以外にも救いを宣べ伝えた使徒や弟子たちを激しく迫害しました。
しかしこんにち、クリスマスの夜に告げられた「すべての民に与えられる大きな喜び」は「地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者」に宣べ伝えられています。10年ほど前の統計でも、438もの言語に聖書全巻が翻訳され、部分的には2,454の言語に翻訳されてます。今年も数多の国々多様な民族により、栄光の王を迎えて礼拝がなされています。


3.どう迎え入れるか
続いて3節に進みます。
(1)礼拝こそ神を迎え入れるに相応しい
 24:3 主の山に登るべき者はだれか。その聖所に立つべき者はだれか。
いきなり「主の山に登るべき者はだれか」とありますが、山に籠もって厳しい修行を行う修験道(しゅげんどう)の様なことを言ってません。「主の山に登る」とは主を礼拝することですから、礼拝こそ神を喜び迎え入れるに相応しい、と言われているのです。神をお迎えするに相応しいのは、真心からの礼拝です。
(2)一人ひとりが問われている
ところで4節に進む前に、3節、4節、5節の主語も動詞も単数形であることに注目したいのです。つまり、礼拝の有り様(よう)や礼拝に集うことも大切ですが、一人ひとりの態度と心が肝心なのです。
 24:4-5 手が清く、心のいさぎよい者、その魂がむなしい事に望みをかけない者、偽って誓わない者こそ、その人である。/このような人は主から祝福をうけ、その救の神から義をうける。
新改訳聖書の翻訳は判りやすいです。
詩24:4 【新改訳2017】 手がきよく心の澄んだ人 そのたましいをむなしいものに向けず 偽りの誓いをしない人。
この言葉を道徳的・法律的な善し悪しと考えると的外れになります。なぜなら、道徳・法律はこの世限りですが、聖書は永遠の祝福・命を教えているからです。
(3)まことの礼拝者
続く6節では、
 24:6 これこそ主を慕う者のやから、ヤコブの神の、み顔を求める者のやからである。〔セラ
ここでは「やから」、しばしば「不逞(ふてい)のやから」と言うように見下す場合に使われる言葉が出てきてますが、ここでは単に“人々の集い”とか“群れ”言う意味です。口語訳より後の聖書では「主を慕う人々」「神を求める者の一族」と翻訳されています。要するに、4-5節のような一人ひとりこそ神を慕い求める集い、礼拝に相応しい、と言われています。
(4)栄光の王を迎えよ!
7節からは、問答形式で神が誉め讃えられています。
 24:7-10 門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。栄光の王がはいられる。/栄光の王とはだれか。強く勇ましい主、戦いに勇ましい主である。/門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。栄光の王がはいられる。/この栄光の王とはだれか。万軍の主、これこそ栄光の王である。
城門とは、しばしば外敵を防ぐため堅く閉じられます。そして、うなだれた頭の如くになります。しかし、「栄光の王が入ってこられる今こそ、城門を大きく高く開こう!」と、栄光の王を喜び迎えようと呼びかけられています。


結び 栄光の王を迎えよ!
 24:3-5 主の山に登るべき者はだれか。その聖所に立つべき者はだれか。/手が清く、心のいさぎよい者、その魂がむなしい事に望みをかけない者、偽って誓わない者こそ、その人である。/このような人は主から祝福をうけ、その救の神から義をうける。
主イエスも山上の説教の中で教えて下さいました。
マタイ5:3-8 「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。/悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。/柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。/義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、彼らは飽き足りるようになるであろう。/心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう。
クリスマスは、栄光の王の方から私たちに近づいて来て下さった恵みの時です。そして主イエスは今も私たち一人ひとりを呼んでおられます。
黙示録3:20 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。
 24:7 門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。栄光の王がはいられる。
私たちも、きょう、心の門を、心の戸を大きく開いて、栄光の王を心の中に迎え入れる準備を整えてクリスマスを迎えようではありませんか。


■この日の信仰告白
 交読文6 詩23篇
■この日の讃美歌
 15番「我らのみかみは 天地すべます」
 111番「神の御子は 今宵しも」
 98番「あめにはさかえ み神にあれや」

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…