2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

詩篇33篇1~3節、20~22節
詩篇33:1 正しき者よ、主によって喜べ、さんびは直き者にふさわしい。
33:2 琴をもって主をさんびせよ、十弦の立琴をもって主をほめたたえよ。
33:3 新しい歌を主にむかって歌い、喜びの声をあげて巧みに琴をかきならせ。
《中略》
33:20 われらの魂は主を待ち望む。主はわれらの助け、われらの盾である。
33:21 われらは主の聖なるみ名に信頼するがゆえに、われらの心は主にあって喜ぶ。
33:22 主よ、われらが待ち望むように、あなたのいつくしみをわれらの上にたれてください。

ルカ17章11~19節
ルカ17:11 イエスはエルサレムへ行かれるとき、サマリヤとガリラヤとの間を通られた。
17:12 そして、ある村にはいられると、十人の重い皮膚病人に出会われたが、彼らは遠くの方で立ちとどまり、
17:13 声を張りあげて、「イエスさま、わたしたちをあわれんでください」と言った。
17:14 イエスは彼らをごらんになって、「祭司たちのところに行って、からだを見せなさい」と言われた。そして、行く途中で彼らはきよめられた。
17:15 そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神をほめたたえながら帰ってきて、
17:16 イエスの足もとにひれ伏して感謝した。これはサマリヤ人であった。
17:17 イエスは彼にむかって言われた、「きよめられたのは、十人ではなかったか。ほかの九人は、どこにいるのか。
17:18 神をほめたたえるために帰ってきたものは、この他国人のほかにはいないのか」。
17:19 それから、その人に言われた、「立って行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのだ」。
詩編 33篇01~03節、20~22節

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています。
新しい年を迎えるに相応しい御言葉です
讃美歌には不思議な魅力があります。すでに聞き慣れ、これまでなにげなく歌ってきた讃美歌が、突然これ迄とはまったく違った感動がこみ上げてきて歌わずにおられなくなることがあります。この思いこそ「新しい歌を歌おう!」です。


1.1-3節 讃美への招き、呼びかけ
33:1 正しき者よ、主によって喜べ、さんびは直き者にふさわしい。
主の御前に正しい人は主を喜ぼう、主の目に直き人に讃美はふさわしい! と神は私たちを招いておられます。
ところで、「ふさわしい」と訳されたヘブル語は、ある特別な美しさを表現する言葉です。
雅歌2:14 岩の裂け目、がけの隠れ場におるわがはとよ、あなたの顔を見せなさい。あなたの声を聞かせなさい。あなたの声は愛らしく、あなたの顔は美しい。
ここでは、愛された者の美しさが歌われています。人から愛される喜びはその人の顔を輝かせます。その顔は、愛される人に相応しく自ずと美しくなるのです。
これと同様に詩篇33:1は、神に愛された喜びが主を誉め讃える新しい歌となって歌われることは、その人に相応しく美しいことだ、と言っているのです。「新しい歌」を歌うとは、神に愛された喜びを歌う事です。続いて2節、
 33:2-3 琴をもって主をさんびせよ、十弦の立琴をもって主をほめたたえよ。/新しい歌を主にむかって歌い、喜びの声をあげて巧みに琴をかきならせ。
私たちは新年を迎えるにあたって「心新たにして」とか言いますが、この詩篇が言う「新しさ」とは、自分の心持ちを新たにして歌うこととは違います。もちろん新しく作曲された曲を歌うことでもありません。讃美は古い歌でもいっこうにかまいません。
「新しい歌を歌う」とは、過去の喜びをではなく、今体験したばかりの、新鮮な神の恵みを讃美することです。
詩篇33:1-3節は、いわば「おーい、今年も神は日々新たに恵みを与えて下さる。それを味わい知る毎、主を讃美しようじゃないか!」と私たちに呼びかけているわけです。


2.20-22節 讃美への招き、呼びかけへの応答
続く4-19節に、讃美の対象となる神がどんなに素晴らしいお方であるかが記されていますが、今日は割愛して20-22節へと進みます。
ここは、新しい歌をもって主をほめたたえよう!との招きに対して、「わかりました。私たちは主を待ち望みます!」との応答です。
33:20 われらの魂は主を待ち望む。主はわれらの助け、われらの盾である。
ここで「助け」と訳されたヘブル語は神に使われています。ですから、詩篇記者は人間的な助けではなく、救い主による助けを全面的に信頼して待ち望んでいるとの信仰を告白しています。
自分の力、自分の知恵にたよろうとする者を神は喜ばれず、神を恐れ、神のいつくしみをひたすらに望む者をよみせられるからです。そして、
 33:21-22 われらは主の聖なるみ名に信頼するがゆえに、われらの心は主にあって喜ぶ。/主よ、われらが待ち望むように、あなたのいつくしみをわれらの上にたれてください。
「いつくしみをたれてください」(33:22)と翻訳された元のヘブル語は「へセド」という一つの単語で、「人間の命に無関心ではいられない神の恵み深い力を発揮する」という意味があります。
この「いつくしみをたれて下さることを私たちは待ち望んでいます」も、詩篇冒頭の讃美への招きに対する応答です。
この「主を待ち望む者はさいわい」を、預言者イザヤは記しています。
イザヤ30:18 それゆえ、主は待っていて、あなたがたに恵を施される。それゆえ、主は立ちあがって、あなたがたをあわれまれる。主は公平の神でいらせられる。すべて主を待ち望む者はさいわいである。


3.詩篇の祈りに、主イエスは答えて下さった。
ところで、詩篇33篇は過去の歌ではありません。今も変わらぬ信仰の世界の現実を歌っています。神は救い主イエス・キリストをこの世にお遣わしになり、詩篇33篇が不変の真理であることを明らかにしておられます。
ルカ17:11-13 イエスはエルサレムへ行かれるとき、サマリヤとガリラヤとの間を通られた。/そして、ある村にはいられると、十人の重い皮膚病人に出会われたが、彼らは遠くの方で立ちとどまり、/声を張りあげて、「イエスさま、わたしたちをあわれんでください」と言った。
病人たちが叫んだ「あわれんでください」は、先ほどの「へセド」と同じ意味を持つ言葉です。ですから病人たちが「あわれんでください」とイエスに向かって大声を張り上げた時、人間イエスに同情を求めたのではなく、「神よ、苦しむ私たちを見て無関心ではおれないでしょう、あなたの恵みで力をふるって下さい」と訴えたのです。
人間はどんなに同情しても、事態を変える力には限界があります。しかし、神は御心一つで万事可能です。すると、
 17:14-17 イエスは彼らをごらんになって、「祭司たちのところに行って、からだを見せなさい」と言われた。そして、行く途中で彼らはきよめられた。/そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神をほめたたえながら帰ってきて、/イエスの足もとにひれ伏して感謝した。これはサマリヤ人であった。/イエスは彼にむかって言われた、「きよめられたのは、十人ではなかったか。ほかの九人は、どこにいるのか。
ほめたたえながら帰ってきた人は、自分が「きよめられた」だけではなく「いやされた」ことも知りました。しかし他の九人は「「きよめられた」ことは知ったが「いやされた」ことは知らなかった。このことから、「きよめ」と「いやし」には大きな違いがあることが判ります。ここでの「きよめ」とは、旧約律法上汚れているとされる病気を治すことです。
「いやし」には、文字通り病を治すこと以上に意味があることが解る聖書箇所があります。
Ⅰペテロ2:24 さらに、わたしたちが罪に死に、義に生きるために、十字架にかかって、わたしたちの罪をご自分の身に負われた。その傷によって、あなたがたは、いやされたのである。
「いやし」には罪からの解放、「救い」の意味があります。イエスのもとに戻らなかった九人は、隔離された生活に終止符が打たれ、社会復帰できることを喜びはしたものの、神への告白につながらない感謝で終わった、イエスへの信仰は持てず仕舞いだったのです。九人は、病の治癒の背後で働かれた神には気付かず、神との交わりに入れなかったのです。

聖書が説く救いは、確かに困難や苦悩からの解放で始まります。しかし、イエスが「他の九人はどこにいるのか」と問うたのは、「九人は救いへの戸口に立ったままで、神との交わりには入ってきていないではないか」、と言われたのです。神は、困難や苦悩からの解放を通して御自身との交わりに入って来てくれることを望まれるのです。そして、神との交わりを喜ぶ人の姿こそ神の目に「うつくしい」(雅歌2:14)のです。
自分の苦悩に無関心ではいられず、憐れみの指を働かせた方が誰だか知った。その新鮮な喜びを、大声で讃美し神を誉め讃えながら、「新しい歌」を歌いながら戻って来た。それが「いやし」を受けた彼にとって最も相応しく美しい姿だったのです。
この事を主イエスは言われました。
ルカ17:19 …「立って行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのだ」。
「新しい歌」が歌われるところには、必ず神の救いの出来事があります。神の救いと慈しみをしっかり体験し、心からの讃美ができる時、その人は幸せです。神の眼に「うつくしい」のです。


3.私たちも「新しい歌を歌おう」
主なる神は、今、私たちを招いて呼ばわっておられます。
 33:1, 3 正しき者よ、主によって喜べ、さんびは直き者にふさわしい。/新しい歌を主にむかって歌い、喜びの声をあげて巧みに琴をかきならせ。
私たちは、応えましょう、
33:22 主よ、われらが待ち望むように、あなたのいつくしみをわれらの上にたれてください。
御言葉に聞き祈り、主の交わり礼拝に与りつつ、神がいつくしみを私たちの上にたれてくださることを待ち望みましょう。今年も、主なる神が私たちに、新しい喜びと感謝に満ちあふれた讃美、新しい歌を歌わせて下さります。


■この日の信仰告白
交読文33
■この日の讃美歌
 79番「ほめたたえよ つくりぬしを」
 265番「世びとの友となりて」
 524番「イエス君、イエス君、みすくいに」

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…