2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

慎んで、み言葉をおこなう者は栄える、主に寄り頼む者はさいわいである。箴言 16章20節

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいものではありません。主イエスは、種まきのたとえ話を用いて教えられました。
マルコ4:14-20 種まきは御言をまくのである。/道ばたに/石地に/いばらの中にまかれたものとは…御言を聞くが/実を結ばなくなる。/また、良い地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。御言を聞いて受けいれ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶのである」。
聖書の言葉を受け入れるか、受け入れないかで人生は一変します。


1.この聖句の中心的メッセージ さいわいだ!
16:20 慎んで、み言葉をおこなう者は栄える、主に寄り頼む者はさいわいである。
この御言葉の中心的メッセージは、「こういう人は栄えてさいわいだ」です。山上で説教される主イエスの声が聞こえてきます。
マタイ5:3以下 こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。 悲しんでいる人たち/柔和な人たち/義に飢えかわいている人たち/あわれみ深い人たち/心の清い人たち/平和をつくり出す人たちは、さいわいである/喜び、よろこべ、天においてあなたがたの受ける報いは大きい。


2.「慎んで、み言葉をおこなう者は栄える」
冒頭の「慎んで」は、箴言によく出て来る言葉です。一般には慎重さとか慎み深さを言いますが、聖書では「将来を思慮深く見つめる賢さ」を現します。主イエスはたとえ話で教えて下さいました。
マタイ25:1-2,13 そこで天国は、十人のおとめがそれぞれあかりを手にして、花婿を迎えに出て行くのに似ている。/その中の五人は思慮が浅く、五人は思慮深い者であった。//だから、目をさましていなさい。その日その時が、あなたがたにはわからないからである。
ですから「慎んで、み言葉をおこなう者」とは、消防署が常時出動態勢を整えている如く、いつ再臨の主が来られても恥を見ないように御言葉に生きる人のことです。

ところで、箴言16:20の日本語訳を見比べていただきたいのです。
【口語訳】 慎んで、み言葉をおこなう者は栄える、主に寄り頼む者はさいわいである。
【新改訳2017】  みことばによく通じた者は幸いを見出す。主に拠り頼む者は幸いである。
【新共同訳】  何事にも目覚めている人は恵みを得る。主に依り頼むことが彼の幸い。

後半は、「よりたのむ」の漢字が三者三様ですが、前半はバラエティーに富んでいます。実は、20節前半は元のヘブル語を簡潔な日本語に翻訳することが難しい箇所なのです。また、口語訳、新改訳、新共同訳、どの聖書の訳にも突っ込みを入れようと思えば可能です。
(1)口語訳では、「み言葉をおこなう者」とあるが、行いによって救われると言うなら、それは律法主義だ!と言う具合です。私たち教会員は問題ないですが。
(2)次の新改訳2017ですが、「みことばによく通じた者」とあります。ここだけを読むと「聖書学者のようでなければさいわいでないと言うのか? 凡人はどうなる?!」との誤解を招きかねません。しかし主イエスは、「みことばによく通じた者」とはどの様な人か“みことばによく通じた”律法学者との対話を通して教えて下さいました。
ルカ10:25-30 するとそこへ、ある律法学者が現れ、イエスを試みようとして言った、「先生、何をしたら永遠の生命が受けられましょうか」。/彼に言われた、「律法にはなんと書いてあるか。あなたはどう読むか」。/彼は答えて言った、「『心をつくし、精神をつくし、力をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。また、『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』とあります」。/彼に言われた、「あなたの答は正しい。そのとおり行いなさい。そうすれば、いのちが得られる」。/すると彼は自分の立場を弁護しようと思って、イエスに言った、「では、わたしの隣り人とはだれのことですか」。/イエスが答えて言われた、「ある人がエルサレムからエリコに下って行く途中、強盗どもが彼を襲い、その着物をはぎ取り、傷を負わせ、半殺しにしたまま、逃げ去った。
そして、この譬え話は次のように締め括られます。
ルカ10::36-37 この三人のうち、だれが強盗に襲われた人の隣り人になったと思うか」。/彼が言った、「その人に慈悲深い行いをした人です」。そこでイエスは言われた、「あなたも行って同じようにしなさい」。
「みことばによく通じる」とは、聖書研究や思惟・思索にふけって聖書に詳しくなることでも、聖句をいっぱい諳誦することでもありません。机上の学びも大切ですが、常日頃から御言葉に聴従して実生活を送る人、咄嗟の時に自然体で御言葉に立脚した行動ができる人、そう言う人が「み言葉をおこなう者」であり「みことばによく通じた者」、さいわいな人です。
さいわいな人の人生を、主イエスはこう言われました。
ルカ6:47-49 わたしのもとにきて、わたしの言葉を聞いて行う者が、何に似ているか、あなたがたに教えよう。/それは、地を深く掘り、岩の上に土台をすえて家を建てる人に似ている。洪水が出て激流がその家に押し寄せてきても、それを揺り動かすことはできない。よく建ててあるからである。/しかし聞いても行わない人は、土台なしで、土の上に家を建てた人に似ている。激流がその家に押し寄せてきたら、たちまち倒れてしまい、その被害は大きいのである」。
もちろん主イエスは、
ヨハネ4:34 イエスは彼らに言われた、「わたしの食物というのは、わたしをつかわされたかたのみこころを行い、そのみわざをなし遂げることである。
ヨハネ6:38 わたしが天から下ってきたのは、自分のこころのままを行うためではなく、わたしをつかわされたかたのみこころを行うためである。
と言われたとおり、御言葉と言行一致した地上の御生涯を送られました。


3.「主に寄り頼む者はさいわい」
「主に寄り頼む」と言う御言葉は、とても奥が深い言葉です。このことを、主イエスは反面教師を用いて教えて下さいました。
マルコ10:17 イエスが道に出て行かれると、ひとりの人が走り寄り、みまえにひざまずいて尋ねた、「よき師よ、永遠の生命を受けるために、何をしたらよいでしょうか」。
しばらく問答が続いて、
マルコ10:21-23 イエスは彼に目をとめ、いつくしんで言われた、「あなたに足りないことが一つある。帰って、持っているものをみな売り払って、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。/すると、彼はこの言葉を聞いて、顔を曇らせ、悲しみながら立ち去った。たくさんの資産を持っていたからである。/それから、イエスは見まわして、弟子たちに言われた、「財産のある者が神の国にはいるのは、なんとむずかしいことであろう」。
「財産のある者」と翻訳されたところを直訳すると、「財産に寄り頼む者」(「those who trust in riches 」NKJ英訳聖書)です。財産そのものが悪いのでは無く、その人の価値観が問われているのです。よく、「主に寄り頼むとはどういう事か」との問が発せられますが、主イエスは、繰り返し繰り返し簡潔明瞭に教えて下さってます。
マタイ6:33 まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。
しかし、私たちは主イエスの言葉を聞いても受け入れようとせず、自分の好みに合った答えが何処かにあるはずだと探し続けます。すると、いつまで経っても信仰生活を前進できず、疲れ果てて徒労に終わるのです。
ところで、今日の御言葉が約束する「栄える」「主に寄り頼む者はさいわい」を、「現世で期待すべきではなく、来世すなわち天の御国で与えられるのだ」、と言った厭世主義的解釈が言われます。しかし、神は「栄え」「さいわい」を、現世から来たるべき御国でまで連続して与えて下さいます。


4.結び
パウロもこう励ましています。
Ⅰテモテ4:8-10 からだの訓練は少しは益するところがあるが、信心は、今のいのちと後の世のいのちとが約束されてあるので、万事に益となる。/これは確実で、そのまま受けいれるに足る言葉である。/わたしたちは、このために労し苦しんでいる。それは、すべての人の救主、特に信じる者たちの救主なる生ける神に、望みを置いてきたからである。
私たちが暮らす現代もありとあらゆる誘惑と困難があります。しかし、
16:20 慎んで、み言葉をおこなう者は栄える、主に寄り頼む者はさいわいである。
この御言葉は真実です。この御言葉を“標語”として掲げて良しとせず、この御言葉に生きていきましょう。


■この日の信仰告白
交読文35
■この日の讃美歌
 19番「みこえきくとて みまえにつどいぬ」
 347番「心にしのぶも たのしき主の」
 352番「あめなるよろこび」

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…