2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

34:11 子らよ、来てわたしに聞け、わたしは主を恐るべきことをあなたがたに教えよう。
34:12 さいわいを見ようとして、いのちを慕い、ながらえることを好む人はだれか。
34:13 あなたの舌をおさえて悪を言わせず、あなたのくちびるをおさえて偽りを言わすな。
34:14 悪を離れて善をおこない、やわらぎを求めて、これを努めよ。
34:15 主の目は正しい人をかえりみ、その耳は彼らの叫びに傾く。
34:16 主のみ顔は悪を行う者にむかい、その記憶を地から断ち滅ぼされる。
34:17 正しい者が助けを叫び求めるとき、主は聞いて、彼らをそのすべての悩みから助け出される。
34:18 主は心の砕けた者に近く、たましいの悔いくずおれた者を救われる。
34:19 正しい者には災が多い。しかし、主はすべてその中から彼を助け出される。
34:20 主は彼の骨をことごとく守られる。その一つだに折られることはない。
詩編 34篇11~20節

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、その詩の言葉が神の言葉でありながら、現実の世界に生きる人間の視点で、その人の心情が包み隠さず吐露されており、読者の共感を呼ぶからではないでしょうか。
今日の詩篇34篇は苦しむ者への慰め、神の言葉に従おうとするがゆえに苦しむ人々への励ましです。


1.主を誇る
この詩篇には標題が付いており、歴史的背景を知ることが出来ます。
ダビデがアビメレクの前で狂ったさまをよそおい、追われて出ていったときの歌
この出来事はサムエル記上21章に詳しいです。詩篇記者ダビデは、即位前に先代の王サウルに命を狙われ、狂人を装ってまでして自分の命を守らねばならぬ苦境に陥ったのです。その時ダビデはこう歌い出します。
 34:1-3 わたしは常に主をほめまつる。そのさんびはわたしの口に絶えない。/わが魂は主によって誇る。苦しむ者はこれを聞いて喜ぶであろう。/わたしと共に主をあがめよ、われらは共にみ名をほめたたえよう。
嬉しい時や幸いな時の讃美は簡単です。しかしダビデは命が風前の灯火となった時にすら神を喜び讃美したのです。驚きです。どうしてそんなことが出来たのか、その秘密に心惹かれます。


2.主を恐れること
ダビデは、親愛の情を込めて読者に「子らよ」と呼びかけます。
34:11 子らよ、来てわたしに聞け、わたしは主を恐るべきことをあなたがたに教えよう。
「主を恐れよ」は、聖書で頑な迄に何度も繰り返される言葉で、神を第一にする人生への招きです。
しかし親ですら、子供の心の中に手を突っ込みネジを巻く様にして“どう生きるべきか”を教えられません。他人なら全くお手上げです。だからこそ「主を恐れよ」この一点に集中するのです。その理由は明快です。
箴言21:1 王の心は、主の手のうちにあって、水の流れのようだ、主はみこころのままにこれを導かれる。
農夫が畑の水路の向きを自由自在に変えて豊かな収穫を得ることに譬えて、主でいて下さる神は王の心ですら御心のままに変えて導くことが出来るお方だからです。ですから、私たちは「主を恐れること」を教えて、あとは主に委ねま、神を恐れる人の将来を案じません。神が神を恐れる人の面倒を見て下さりますから。このことは、孫の成長を見届けることが出来ない者にとっては有り難いことです。

34:12 さいわいを見ようとして、いのちを慕い、ながらえることを好む人はだれか。
幸いでありたい、自分の命を大事にしたいと願う人は誰か、他ならぬ貴方でしょう! なれば、あなたはこうすべきだと知恵が教えられます。
34:13 あなたの舌をおさえて悪を言わせず、あなたのくちびるをおさえて偽りを言わすな。
34:14 悪を離れて善をおこない、やわらぎを求めて、これを努めよ。
詩篇34篇の記者ダビデ自身がそのように生きたことは、サムエル記上24章(ダビデを追ってきたサウルを殺すチャンスを得た時、神を恐れるが故に手を下さなかったこと)やサムエル記下16章(ダビデが実子アブサロムの手から逃れる道中、元サウルの家のシメイから呪いの言葉と石や塵を投げつけられた時の、信仰に基づいて自制したこと)などに生き生きと記されています。
舌とくちびるを治めてこそ、人と人との間に平和を作り出せます。この神の知恵は、箴言だけでも100回以上も繰り返し教えられています。主イエスは言われました。
マタイ5:9 平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。
この御言葉に生きた主イエスの弟子たちは、詩篇34:10-12を引用して、こう福音を伝えました。
Ⅰペテロ3:9-12 悪をもって悪に報いず、悪口をもって悪口に報いず、かえって、祝福をもって報いなさい。あなたがたが召されたのは、祝福を受け継ぐためなのである。/「いのちを愛し、さいわいな日々を過ごそうと願う人は、舌を制して悪を言わず、くちびるを閉じて偽りを語らず、/悪を避けて善を行い、平和を求めて、これを追え。/主の目は義人たちに注がれ、主の耳は彼らの祈にかたむく。しかし主の御顔は、悪を行う者に対して向かう」。
この御言葉の真実さを実証したのがローマ帝国支配下の殉教者たちです。彼らの生き様・死に様に驚嘆震撼させられた人々は、熾烈を極めた迫害にも関わらずキリストの教会へと集い続け、やがてローマ帝国の国教の地位を勝ち取るに至ったのです。
ところが、不信仰な現代社会を見渡すと、恥じること無く嘘偽りがまき散らされ、緊張と分断が煽られ自己本位主義がまかり通っています。しかし、この世の有様に惑わされてはなりません。御言葉には力があります。神を恐れ神に従って生きる人々は、素晴らしい親子夫婦関係、幅広い人間関係を神は与えて報いて下さります。


3.祝福を受ける大原則
34:15 主の目は正しい人をかえりみ、その耳は彼らの叫びに傾く。
34:16 主のみ顔は悪を行う者にむかい、その記憶を地から断ち滅ぼされる。
正しい人と悪を行う者が対比されてますが、道徳、社会的倫理、法律上の善し悪しではありません。「正しい人」とは、たとえ不十分でも神を恐れ神の言葉に従い続けようとする人です。「悪を行う者」とは神に背を向ける人です。「主の目」、「主の耳」、「主の御顔」は面白い表現です。私たちは他人の目や耳に神経をとがらせ、顔色を伺います。その様な私たちに、「あなたは他人にはそれ程まで気を遣うのに、なぜ神を恐れないのか」と言わんばかりです。17節、
34:17 正しい者が助けを叫び求めるとき、主は聞いて、彼らをそのすべての悩みから助け出される。
34:18 主は心の砕けた者に近く、たましいの悔いくずおれた者を救われる。
心の砕けた者、たましいの悔いくずおれた者とは、自分でどうにかしようという自我の心を神に明け渡して、罪を認め謙っている人です。聖書に登場する名君ダビデですら、一瞬の隙を突かれて誘惑に負け、姦淫の罪を犯しました。しかし、彼は国王でありながら“臣下の忠言”に即座に聞いて悔い改めています。(サムエル記下12章 ダビデが預言者ナタンから、ウリヤの妻バテシバとの姦淫を責められた時、直ちに謙って悔い改めた出来事。) ダビデは国王という権力の頂点に立っても神の御前に謙り、聖書にその名をとどめたさいわいな人です。あなたも、自我の心を神に明け渡して御言葉に聴従する時、あなたの名も「いのちの書」に永遠に書き留められます。


4.苦しむ者への慰め
19節以下は、苦しむ人々への慰めです。
34:19 正しい者には災が多い。しかし、主はすべてその中から彼を助け出される。
34:20 主は彼の骨をことごとく守られる。その一つだに折られることはない。
ここは、聖書解釈上特に重要なことが記されています。
(1)イエスは、旧約聖書が指し示す救い主であること
イエスの両脇で十字架に架けられた二人の犯罪者の足の骨は折られました。しかし、既に息を引き取っておられたイエスの足は折られませんでした。そのことの意味を、ヨハネは詩篇34:20を引用して記しています。
ヨハネ19:36 これらのことが起ったのは、「その骨はくだかれないであろう」との聖書の言葉が、成就するためである。
「聖書の言葉が、成就するため」とあります。イエスは、神の御前に「正しい者」であったとの証言です。
(2)私たちの人生に於ける困難や試練
この「正しい人の骨が折られない」という表現は、文字通りのことを教えるだけではありません。この表現は、「神はその艱難に際しての苦しみと被害の限度を見張っておられる」ことの詩的表現です! 私たちの神はこのようなお方であるが故に、パウロはこう大胆に語れたのです。
Ⅰコリント10:13 あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。
信仰すれば災いに遭わなくなるのではありません。しかし、たとい多くの悩みが降りかかろうとも、私たちの神は困難に耐えられる逃れの道を備え、すべての試練から救い出して下さる、これが聖書全体を貫くメッセージです。


むすび
「正しい者には災が多い」とあるとおり、神の御言葉をまともに信じて生きていこうとすると、いろんな心配不安が生じて来ます。言い換えれば、御言葉を信じることから生じる困難は、本当に神を信じている証拠です。なぜなら神の言葉は、私たちの通念や常識を越えた神の可能性に基づいて語られているからです。聖書信仰は、科学で解き明かせる代物ではありません。例えば、五つのパンで五千人が養われたこと、水がぶどう酒に変えられたこと。それにもまして、主イエスが死んで葬られてから三日目によみがえり天に昇られたこと。同様に、終わりの日が来ると私たちも天の御国で新しい肉体を与えられてよみがえらされること。どれも科学の領域を遙かに越えています。人間の可能性ではなく神の可能性が支配する世界に生きるのが信仰者です。

「正しい者(神の言葉に従う生き方を選んだ人たち)には災が多い」...本当にそうだと思います。この場におられる方々は、詩篇記者と同様、世間の人が驚くような忍耐を重ね犠牲を払ってきました。日曜礼拝一つ守るのでも容易じゃあないです。だからこそ私たちは神様と膝詰談判していいと思います。「神様、私はあなたに従ったおかげで、こんなに犠牲を払いました」と。

私たちが晩年を迎える時、子や孫たちに向かって言えると思います。「その時は納得がいかず、文句を言いたかった。しかし後になってみると、神のなさることにアーメンと従ったことは幸いだった!」「子らよ、来てわたしに聞け、わたしは主を恐るべきことをあなたがたに教えよう」と。

■この日の信仰告白
使徒信条
■この日の讃美歌
 12番「めぐみゆたけき主を」
 247番「檻をはなれ こころのまま」
 524番「イエス君、イエス君、みすくいに」
※歌詞とメロディーは下記サイトにあります
https://www.rcj.gr.jp/izumi/sanbi/sanbisen.htm

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…