2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

ソロモンがよんだ都もうでの歌
127:1 主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。
127:2 あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。
127:3 見よ、子供たちは神から賜わった嗣業であり、胎の実は報いの賜物である。
127:4 壮年の時の子供は勇士の手にある矢のようだ。
127:5 矢の満ちた矢筒を持つ人はさいわいである。彼は門で敵と物言うとき恥じることはない。
詩編 127篇01~05節

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは聖書と人類の歴史が繰り返し証明していることであって、現代社会もこの証です。
詩篇の背景にあるのは今から二千五百年程遡った神の民イスラエルの歴史です。私たち日本人とは生活環境も歴史的背景も全く異なります。それでも、この詩篇の歴史的背景を理解し、“新約聖書の光”をあてながら読む時、私たち一人ひとりの労苦に報いようとされる神の声が聞こえてきます。


1.歴史的背景
ソロモンがよんだ都もうでの歌
この詩篇は、イスラエルの民(神の御業を担った民族)の巡礼者によって歌われました。創世記を読めば、彼らの先祖は遊牧民で、天幕(テント)を張って異民族の中に寄留していたことが判ります。出エジプト記には、飢饉を逃れて下ったエジプトで子孫が増えて強い民族となり、その後エジプトを出て40年間荒野を放浪しましたことが記されています。そして約束の地カナンに定住すると、天幕を出て家を建て町を築き、農作物を栽培する生活様式へと変わりました。
ところが定住を果たすと、人々は誘惑に負けたり慢心したり不信仰に陥りました。すると、周辺民族からの攻撃が激化し、自分たちが汗水垂らして育てた家畜や作物や財産を略奪されました。彼らの労働が全く空しくなったのです。
その様な繰り返しを経て彼らが悔い改めて神に立ち帰った時、神は彼らの労苦と信仰に報いて、町と生活・財産を守り祝福して下さりました。ダビデ王国が打ち立てられ、ダビデの子ソロモンの代には、歴史にその名をとどめる大神殿がエルサレムに建立されたのです。
今日の詩篇は、その神殿での礼拝に向かう巡礼者たちによって歌われました。自分たちの国、定住生活、家財、労働、子孫、こういった全てが神に依存し、神の祝福によっていることを感謝し歌いながらエルサレムへと向かったのです。
 127:1 主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。
自分たちの存在全てを神の栄光に帰したのです。


2.家を建てられる、町を守られる
(1)「主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。」全くこの言葉通りの出来事がソロモン王の代から200年ほど後に起こりました。エルサレムがアッスリヤの大軍に包囲され、堅固な守りも空しいと誰もが思ったその時、神は預言者イザヤを通して語られました。
列王記下19:34 わたしは自分のため、またわたしのしもべダビデのためにこの町を守って、これを救うであろう』」。
「主が町を守る」理由が明確になっています。万民の救いをダビデの子孫からもたらす為、ダビデの家系、ダビデの町、そしてそれを支える人々を守られたのです。
(2)これと真逆の空しい出来事が創世記に記されています。有名なバベルの町と塔の出来事です。
創世記11:4 彼らはまた言った、「さあ、町と塔とを建てて、その頂を天に届かせよう。そしてわれわれは名を上げて、全地のおもてに散るのを免れよう」。
創世記11:8 こうして主が彼らをそこから全地のおもてに散らされたので、彼らは町を建てるのをやめた。
彼らは神の言葉に逆らっても、自分たちの名声を追い求めたのです。「主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。」(127:1)その通りでした。
(3)また、主イエスは譬えで教えて下さいました。
マタイ 7:24-27 それで、わたしのこれらの言葉を聞いて行うものを、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができよう。/雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけても、倒れることはない。岩を土台としているからである。/また、わたしのこれらの言葉を聞いても行わない者を、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができよう。/雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまう。そしてその倒れ方はひどいのである」。
御言葉に聴従する人々の労苦に神は報いて下さり、空しく潰えることはありません。


3.労働と休息
127:2a あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。…
神から離れての労働の空しさを象徴する出来事が聖書に記されてます。
(1)士師記の時代の教訓です。人々が不信仰に陥ると、周辺民族の攻撃が激化し、自分たちが汗水垂らして育てた家畜や作物、土地・財産が略奪にあいました。
(2)イエスから離れ去って故郷に戻った弟子たちが夜通し漁をした時もそうでした。
ヨハネ21:3-6 シモン・ペテロは彼らに「わたしは漁に行くのだ」と言うと、彼らは「わたしたちも一緒に行こう」と言った。彼らは出て行って舟に乗った。しかし、その夜はなんの獲物もなかった。/夜が明けたころ、イエスが岸に立っておられた。しかし弟子たちはそれがイエスだとは知らなかった。/イエスは彼らに言われた、「子たちよ、何か食べるものがあるか」。彼らは「ありません」と答えた。/すると、イエスは彼らに言われた、「舟の右の方に網をおろして見なさい。そうすれば、何かとれるだろう」。彼らは網をおろすと、魚が多くとれたので、それを引き上げることができなかった。
ところで人はなぜ働くのでしょうか。確かに日々の糧を手に入れるに必要不可欠ですが、説明は省きますが、労働は神を喜ぶ手段の一つです。ミレーの晩鐘を見た多くの人が受けたあの感銘、「黄金色の夕日のなかの働く人たちの幸福感」に通じるものがあります。
ところが、神が見失われると、労働に意味を与えのは、利潤とか業績、地位名誉、より豊かな生活といったところになります。しかし、ここに問題があります。
(1)ひとつに、神を喜ぶことに繋がらない働きは、風に吹き飛ばされる籾殻のようだと言うことです。如何なる人の働きも、人間に等しく訪れる死に抗うことは出来ず、労働の実りを地上に残して去ることになります。労働に神を喜ぶことの価値を見出せるなら、その価値は、この世でも天の御国でも不変です。
(2)利潤とか業績、地位名誉、より豊かな生活は、人の心を満たさないことです。働く人々もさることながら働かせる人々の欲望にも際限がありません。食事する間も惜しんであたふたと働き、睡眠を削って迄して仕事に没頭するうちに、心身共に蝕まれて人間らしい生活が失われます。「それは、むなしいことではないか」と聖書は問います。十戒に「七日目には仕事を休みなさい」とあります。十戒は休息の大切さを戒めると同時に、「仕事に熱中する余り忘れがちな神との交わりを回復して、人間らしく生きなさい」と私たちを導いています。

2節後半は、眠りについてです。
127:2b …主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。
私がやらねば、私が、私がと思っているけれども、では眠っている時はどうなのか、と聖書は問います。そう言われると、寝ている間も心臓はきちんと動いてるなあと思います。そこで、「眠っている時のなくてならぬもの」を神が与えられた聖書の記述を追ってみます。
(創世記28:10以下)ヤコブは、眠りの中で神の声を聞き、神への恐れを抱くようにされ、(列王記上3:5以下)詩篇127篇の記者ソロモンは眠りの中の夢で、上からの知恵を求め、そして与えられました。(列王記上19:1以下)絶望して死ぬことを願って眠るエリヤに、主の使が現われ、新しい人生の出発をさせました。また、(使徒使12:6以下)ペテロが獄中で眠っていた時、主の使いによって呼び覚まされました。
そういう聖書の人たちは例外だ!と思うかも知れませんが、カルバンはこう言ったそうです。「われわれの体が休んでいる間に、われわれの良心が霊的な落ちつきを見出すことができるように。そして、われわれの眠りが、み名の栄光に役立つように。」 


4.子ども
127篇のむすびです。
 127:3-5 見よ、子供たちは神から賜わった嗣業であり、胎の実は報いの賜物である。/壮年の時の子供は勇士の手にある矢のようだ。/矢の満ちた矢筒を持つ人はさいわいである。彼は門で敵と物言うとき恥じることはない。
ここは旧約的祝福の価値観が顕著でイスラエル民族の繁栄を言っている、私らとなんの関係があるのか!とも受け取られがちです。しかしこの箇所を新約聖書の光をあてながら読むと、私たちの救いに関わる神のご計画が言われていることに気付かされます。救い主イエス・キリストは、ダビデの子孫、イスラエルの民族から生まれることになっていました。ですから器として用いられるイスラエル民族を守る為に神は嗣業として子どもたちを与えられたのです。同様に、神は今もなお人類に子どもを与え家庭を祝福し、キリストの教会を支える為に用いて、神は終わりの日に至るまで救いの御業を続けておられます。


むすび
現代は、“バベルの塔”を林立させようと躍起になっています。そこでは神が見失われ、多くの人々の勤労が空しくなり、人間らしが害されています。この様な時代だからこそ、私たちの友や家族、子どもや孫たちの人生が空しく潰えることが無いようにと、神を証する私たちの人生は決して空しく終えることはありません。
 127:1 主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。
 127:2 あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。
私たちが天つ家に旅立つ日まで、御言葉に生きるという私たちの務めを全うしていきたいと願うものです。


■この日の信仰告白
  十戒
■この日の讃美歌
 15番「我らのみかみは 天地すべます」
 304番「まことなるみかみを」
 431番「君を知る家のさちよ」
※歌詞とメロディーは下記をご覧下さい。https://www.rcj.gr.jp/izumi/sanbi/sanbisen.html

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…