2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

アサフの歌
73:1 神は正しい者にむかい、心の清い者にむかって、まことに恵みふかい。
73:2 しかし、わたしは、わたしの足がつまずくばかり、わたしの歩みがすべるばかりであった。
73:3 これはわたしが、悪しき者の栄えるのを見て、その高ぶる者をねたんだからである。

73:13 まことに、わたしはいたずらに心をきよめ、罪を犯すことなく手を洗った。
73:14 わたしはひねもす打たれ、朝ごとに懲らしめをうけた。
73:15 もしわたしが「このような事を語ろう」と言ったなら、わたしはあなたの子らの代を誤らせたであろう。
73:16 しかし、わたしがこれを知ろうと思いめぐらしたとき、これはわたしにめんどうな仕事のように思われた。
73:17 わたしが神の聖所に行って、彼らの最後を悟り得たまではそうであった。
73:18 まことにあなたは彼らをなめらかな所に置き、彼らを滅びに陥らせられる。
73:19 なんと彼らはまたたくまに滅ぼされ、恐れをもって全く一掃されたことであろう。
73:20 あなたが目をさまして/彼らの影をかろしめられるとき、彼らは夢みた人の目をさました時のようである。
詩編 73篇01-03、13-20節

表題に「アサフの歌」とあるように、この詩篇の記者は、ダビデの詩篇に曲を付けたイスラエルの歴史上屈指の讃美指導者アサフで、
 73:1 神は正しい者にむかい、心の清い者にむかって、まことに恵みふかい。
とありますが、これはアサフ自身の信念や哲学的思考の産物ではありません。彼の実体験に基づく結論です。

1.詩篇の素晴らしさは何処にあるか
(1)一つには、詩の文体は非常に魅力がり、使われている言葉は慰めに満ちています。
(2)詩篇記者の体験は、神を信じようとする人なら誰でも人生のどこかで体験するものです。それだけに、ありのままに記された詩篇記者の葛藤と神から離れようと揺れ動く心を知る時、読者は自分を詩篇記者に重ねて慰め励まされ、その困難を乗り越えていけるからです。
ここに詩篇が今日に至るまで多くの人々に愛され続ける所以があります。では、前回のおさらいを兼ねながら2節へと進んで参ります。

2.詩篇記者が辿った道筋
(1)この世の現実を見た時激しく動揺し、妬んだ
 73:2 しかし、わたしは、わたしの足がつまずくばかり、わたしの歩みがすべるばかりであった。
 73:3 これはわたしが、悪しき者の栄えるのを見て、その高ぶる者をねたんだからである。
彼が見た世の中の現実が、4~12節に見事に詩的に描写されています。
 73:4 彼らには苦しみがなく、その身はすこやかで、つやがあり、
 73:5 ほかの人々のように悩むことがなく、ほかの人々のように打たれることはない。
 73:6 それゆえ高慢は彼らの首飾となり、暴力は衣のように彼らをおおっている。
 73:7 彼らは肥え太って、その目はとびいで、その心は愚かな思いに満ちあふれている。
 73:8 彼らはあざけり、悪意をもって語り、高ぶって、しえたげを語る。
 73:9 彼らはその口を天にさからって置き、その舌は地をあるきまわる。
 73:10 それゆえ民は心を変えて彼らをほめたたえ、彼らのうちにあやまちを認めない。
 73:11 彼らは言う、「神はどうして知り得ようか、いと高き者に知識があろうか」と。
 73:12 見よ、これらは悪しき者であるのに、常に安らかで、その富が増し加わる。
-悪しき人々がぬくぬくと栄華を貪っている。
-諸事万端思い通りになるのをいいことに、どんどん高慢になり、神を平然と侮り、暴虐は酷くなる一方だ。
-悪人が自信と誇りに満ちて繁栄する様を見て、世の人々は迎合するばかりだ。
先週お話しした“サル化する世界”を見て、詩篇記者は思ったのです、「神を信じることになんの意味があるか、神を無視した生き様の方が気楽で巧くいくのではないのか」と。まるで現代について論じているようです。

(2)自分は自分らしくあろうと努めたが...
アサフは、こういった難問に答えを見出すべく真剣に取り組んだのです。
 73:13 まことに、わたしはいたずらに心をきよめ、罪を犯すことなく手を洗った。
 73:14 わたしはひねもす打たれ、朝ごとに懲らしめをうけた。
彼は、罪を犯さず敬虔な日々を心がけました。しかし問題解決の糸口すら見出せず、主に捧げた日々の空しさに苦しみ続けたのです。

(3)そうこうするうち、ある衝動に駆られた
 73:15 もしわたしが「このような事を語ろう」と言ったなら、わたしはあなたの子らの代を誤らせたであろう。
彼は、「このような事を語ろう」、洗いざらいぶちまけよう、との衝動に駆られました。ある注解者は「彼はシニシズムへの誘惑に遭った」と指摘します。シニズムとは「冷笑主義」のことで、明るい未来を描きにくい社会情勢の中で、社会に関与していく意欲を失った態度です。ところが彼は踏みとどまりました。「ここで自分のような立場の者が、そんな態度で公言したら、仲間や後々の世代の信仰者を躓かせる」ことに気付いたのです。

(4)かろうじて信仰に踏みとどまったが、苦悩は深まるばかりで疲れ果てた
 73:16 しかし、わたしがこれを知ろうと思いめぐらしたとき、これはわたしにめんどうな仕事のように思われた。
彼は、自分の知識や理性を駆使して、動揺する自分を信仰的に得心させようと努め励みました。しかし「めんどうな仕事」、鎖に繋がれた奴隷の如き苦役だったと詩篇記者は言ってます。なぜ、そんなことになったのでしょうか。
エペソ6:12 わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。
この世の現実に立ち向かうことは「悪の霊に対する戦い」であることを彼は気付いていなかったのです。
この世の悪の根源にあるのは悪魔の支配、罪の霊的支配です。そのような霊的な力に人の知性や理性で立ち向かっても勝てるわけありません。彼は堂々巡りをして疲れ果てしまったのです。これは他人事ではありません。アサフですら気付かなかった真理に、私たちも疎(うと)いことを自覚すべきです。新約聖書では、宗教的指導者ニコデモですら、主イエスから霊的盲目ぶりを厳しく指摘されたほどです(ヨハネ三章)。
私たちは良~く判っています、救いについては霊的に考えなければならないこと、信仰によって救われたという霊的体験をさせていただいたことを。ところが、身近な現実社会に於ける問題は合理的に解決しようとしてしまうのです。だから、信仰生活に力が無い。世の光として輝けない。下手すると周囲の人々の躓きにさえなってしまう。

(5)私は、行くべきところへ行ったことで...
 73:17 わたしが神の聖所に行って、彼らの最後を悟り得たまではそうであった。
ここでの「悟り得た」とは、霊的に本質を洞察出来たと言うことです。もちろん“心の迷いを去って真理を会得すること、悟りを開くこと”とは違います。また、「聖所に行く」とは、聖(きよ)らかで荘厳な場所に身を置くことではありません。
詩篇記者が取った行動を理解するうえで、主イエスが話して下さった放蕩息子の譬え話が手がかりになります。
ルカ15:14-18 何もかも浪費してしまったのち、その地方にひどいききんがあったので、彼は食べることにも窮しはじめた。/そこで、その地方のある住民のところに行って身を寄せたところが、その人は彼を畑にやって豚を飼わせた。/彼は、豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいと思うほどであったが、何もくれる人はなかった。/そこで彼は本心に立ちかえって言った、『父のところには食物のあり余っている雇人が大ぜいいるのに、わたしはここで飢えて死のうとしている。/ 立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。
放蕩息子は、父の元に立ち帰って初めて、自分の父親がどんな人物でどんな考えを持っていたかを知りました。これと同様に、詩篇記者が神との交わりを回復した時、自分の神がどんなお方で、どんな考えを持っておられるかを悟り得た、霊的に洞察できたのです。

(6)霊的に洞察出来たこと(1) ~この世の現実
彼が霊的に洞察できる様になったことの第一、悪しき人々の繁栄について新約聖書はこう言っています。
ピリピ3:19-20 彼らの最後は滅びである。彼らの神はその腹、彼らの栄光はその恥、彼らの思いは地上のことである。/しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる。
詩篇記者も同じ事を言いました。
 73:18 まことにあなたは彼らをなめらかな所に置き、彼らを滅びに陥らせられる。
 73:19 なんと彼らはまたたくまに滅ぼされ、恐れをもって全く一掃されたことであろう。
 73:20 あなたが目をさまして/彼らの影をかろしめられるとき、彼らは夢みた人の目をさました時のようである。
神を侮った繁栄は、滑落しやすい危険なところに立つ様に危ういこと。目が覚めたら何の価値も無い夢と同じで儚いこと。“神の物差”、永遠という尺度でこの世の有様を洞察出来たとき、
 73:1 神は正しい者にむかい、心の清い者にむかって、まことに恵みふかい。
神は神に信頼する者に報いて下さるかことを知った(23-27節)のです。
この後21-22節で、詩篇記者が霊的に洞察出来たことの第二として、自分自身の罪を語りますが、それは来週お話しします。

 

3.あなたに勧める
今日の詩篇73篇は、私たちを招いて呼ばわっています。「あなたは、この世の現実を思い煩い疲れ果ててはならない。シニズム(冷笑主義)に陥ってはならない。なんの解決にならないばかりか、貴方も周りの人々も躓いていのちを失うだけだ。あなたは神の聖所、教会に行きなさい。そこであなたは聖書の言葉を聞き、信仰を同じくする人々との交わりを持ちなさい。そうするならあなたは“神の物差”、永遠という尺度を知る。永遠を求める思いを与えられる。そして、今の世の現実を霊的に洞察して、この世の現実の呪縛から解放される」と。
 73:1 神は正しい者にむかい、心の清い者にむかって、まことに恵みふかい。
アーメン。


■この日の讃美歌
 12番「めぐみゆたけき主を」
 353番「いずみとあふるる いのちのいのちよ」
 347番「心にしのぶも たのしき主の」
※歌詞とメロディーは下記サイトにあります
https://www.rcj.gr.jp/izumi/sanbi/sanbisen.htm

 

■この日の信仰告白
ウェストミンスター信仰告白
第18章 恵みと救いの確信について
1 たとえ偽善者や他の再生しない人々が、神の愛顧と救いの状態にあるという偽りの希望や肉的うぬぼれをもって、自分をいたずらに欺くことがあっても、彼らのこのような希望は消え去ってしまう。しかし主イエスを真実に信じ、誠実に愛し、全くよい良心をもってみ前に歩くように努める人々には、自分が恵みの状態にあることを、この世において確実に確信させられ、また神の栄光にあずかる希望をもって喜ぶことができる。この希望は決して彼らを失望に終わらせない。

2 この確実性は、誤りをまぬがれない希望に基づいた、ただの推測的なもっともらしく見える信念にすぎないものではない。それは、救いの約束の神的真理、この約束がなされた恵みの内的証拠、わたしたちが神の子であることを、わたしたちの霊と共にあかしする子たる身分を与えるみたまの証明の上に打ち建てられた信仰の無謬の確信なのである。このみたまは、わたしたちの嗣業の保証であり、このみたまによってわたしたちはあがないの日のために証印されている。

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…