2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

ダビデのマスキールの歌
32:1 そのとががゆるされ、その罪がおおい消される者はさいわいである。
32:2 主によって不義を負わされず、その霊に偽りのない人はさいわいである。
32:3 わたしが自分の罪を言いあらわさなかった時は、ひねもす苦しみうめいたので、わたしの骨はふるび衰えた。
32:4 あなたのみ手が昼も夜も、わたしの上に重かったからである。わたしの力は、夏のひでりによって/かれるように、かれ果てた。〔セラ
32:5 わたしは自分の罪をあなたに知らせ、自分の不義を隠さなかった。わたしは言った、「わたしのとがを主に告白しよう」と。その時あなたはわたしの犯した罪をゆるされた。〔セラ
32:6 このゆえに、すべて神を敬う者はあなたに祈る。大水の押し寄せる悩みの時にも/その身に及ぶことはない。
32:7 あなたはわたしの隠れ場であって、わたしを守って悩みを免れさせ、救をもってわたしを囲まれる。〔セラ
32:8 わたしはあなたを教え、あなたの行くべき道を示し、わたしの目をあなたにとめて、さとすであろう。
32:9 あなたはさとりのない馬のようであってはならない。また騾馬のようであってはならない。彼らはくつわ、たづなをもっておさえられなければ、あなたに従わないであろう。
32:10 悪しき者は悲しみが多い。しかし主に信頼する者はいつくしみで囲まれる。
32:11 正しき者よ、主によって喜び楽しめ、すべて心の直き者よ、喜びの声を高くあげよ。
詩編 32篇01~11節

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たちの主イエスは山上の説教等で教えて下さいました。旧約聖書のこの詩篇ではイエス様の受難と復活を先取りするようにして「さいわいは、神に罪を赦されること」だと言っています。


1.この詩篇の目的
まず、標題ですが、
ダビデのマスキールの歌
この標題から、この詩篇は私たちをおしえさとそうとしていることが判ります。「あなたも悔い改めを実践してさいわいな者とされようじゃないか」と、聖書は私たちを招いています。


2.さいわいな人
32:1 そのとががゆるされ、その罪がおおい消される者はさいわいである。
32:2 主によって不義を負わされず、その霊に偽りのない人はさいわいである。
“罪”と言っても様々で、法律上の罪もあれば社会的倫理道徳に反した罪もあります。そう言った罪が赦されるには当然相応の謝罪や償いが必要です。しかし、誰かに訴えられたり発覚さえしなければ、あるいはごまかし続けられれば罪に定められません。ところが、聖書が取り上げる罪は神との関係、対神関係で考えなければなりません。「神から離れて神に反抗すること、神が定められた善悪の基準を無視して自我に生きること」が罪です。そして、その人の良心が麻痺していなければ、どんなに隠しても罪は良心の呵責となり、その人の心に重くのしかかってきます。
今日の詩篇は、対神関係に於ける幸いを教えます。極論すれば、国の法律で裁かれ死刑に処せられる人でも神の御前で悔い改めるなら、地上では死刑を免れることは出来ずとも、神からその人は罪赦され、救われ、さいわいな人とされます。この事は主イエスの十字架の隣で悔い改めた死刑囚へのイエスの言葉(ルカ23:42-43 )からも明白です。


3.悔い改めの “Before and After”
(1)“Before ” 罪を隠していたときの苦痛
32:3a わたしが自分の罪を言いあらわさなかった…
詩篇記者は自分の罪を自覚していたからこそ「言いあらわさなかった」のです。人の口を封じ、自分の良心を黙らせ、神には知らぬ存ぜぬを貫き通して自己保身を謀ったのです。その間、
 32:3b-4 …ひねもす苦しみうめいたので、わたしの骨はふるび衰えた。/あなたのみ手が昼も夜も、わたしの上に重かったからである。わたしの力は、夏のひでりによって かれるように、かれ果てた。〔セラ
4節末の「セラ」は楽譜の休止符に相当し、「ここで小休止して瞑想してごらん」と言う意味です。
神の御手は私たちの強力な助けになりますが、重くのしかかってくることもあるのです。

(2)信仰による解決
 32:5 わたしは自分の罪をあなたに知らせ、自分の不義を隠さなかった。わたしは言った、「わたしのとがを主に告白しよう」と。その時あなたはわたしの犯した罪をゆるされた。〔セラ
ここにも「セラ」とあります。罪を告白した彼をあっけなく赦された神をしばし思い巡らしてみまそう。
神は、罪に決して妥協されない義なるお方のはずですから、この気前良さは理解し難いです。ですが私たちの神は、神の一人子イエスを十字架につけてまでして私たちを救うお方です。放蕩息子の譬えの如く、神は悔い改めた者に慈しみ深いのです。

(3)“After”
 32:6 このゆえに、すべて神を敬う者はあなたに祈る。大水の押し寄せる悩みの時にも/その身に及ぶことはない。
 32:7 あなたはわたしの隠れ場であって、わたしを守って悩みを免れさせ、救をもってわたしを囲まれる。〔セラ
ここでも「セラ」、小休止して彼に起きた劇的変化に注目しましょう。罪の告白前は重圧であった神の存在が、「救をもってわたしを囲まれる」隠れ場に一変しています。これが救われることの実感です。

ここでちょっと寄り道して、旧約の時代と今の私たちの新約の時代の、相違点と共通点をお話しします。
(1)相違点
★旧約の時代
信仰(律法遵守)に対する報いは、専ら地上的(土地、子孫、繁栄)で、死後の報いとメシヤについては不明瞭。
★新約の時代
神御自身がこの世に来て、メシヤ、救い主とは神の御子イエス・キリストであることを啓示して下さりました。
信仰(御言葉への聴従)に対する報いは、旧約聖書の成就である主イエスの御生涯、とりわけ十字架とよみがえりによって具体的に示して下さいました。
(2)共通点
行いによらず信仰により義とせられることです。アブラハムは、
ヘブル11:8 信仰によって、アブラハムは、受け継ぐべき地に出て行けとの召しをこうむった時、それに従い、行く先を知らないで出て行った。
ダビデは32篇5節の如く、悔い改めたらどうなるかを知らぬまま、ただ罪を告白しました。これが信仰です。現代の私たちについて、パウロはこう教えます。
ローマ10:9-10 すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。/なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。
この報いは人知を越えた気前が良すぎる程の罪の赦しと祝福です。


4.わたしたちに向けられた神の祝福
ダビデは、神の言葉を“代弁して”こう言ってます。
 32:8 わたしはあなたを教え、あなたの行くべき道を示し、わたしの目をあなたにとめて、さとすであろう。
「あなたの行くべき道を示そう」。主イエスはその道を示して下さいました。
ヨハネ14:6 イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。
「わたしの目をあなたにとめて、さとそう」。この「さとす」とは助言を与えることで、言いくるめることではありません。どうするかの判断はその人に委ねられています。私たちをさとす神の眼差しを、「主イエスの十字架とよみがえり」前後の出来事から感じ取るれます。まず、大祭司の邸宅での出来事です。
ルカ22:61-62 主は振りむいてペテロを見つめられた。そのときペテロは、「きょう、鶏がなく前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われた主のお言葉を思い出した。/そして外へ出て、激しく泣いた。
よみがえりの主イエスが、テベリヤの海べ(ガリラヤ湖畔)でペテロに向き合われたときは、
ヨハネ21:17 イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい。
32篇8節は、新約の時代に生きる私たちに「イエスを愛してごらん」とさとすのです。続く9節も私たちをさとして言います。
 32:9 あなたはさとりのない馬のようであってはならない。また騾馬のようであってはならない。彼らはくつわ、たづなをもっておさえられなければ、あなたに従わないであろう。
あなたは獣なんかじゃあ無いだろう!? ならば、
ルカ9:23 …「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。
と神は言われます、
32:10 悪しき者は悲しみが多い。しかし主に信頼する者はいつくしみで囲まれる。
32:11 正しき者よ、主によって喜び楽しめ、すべて心の直き者よ、喜びの声を高くあげよ。
11節の御言葉の成就である主イエスのよみがえりこそ、信仰者が受ける永久に変わらない報いの確証、言い尽くせぬ喜びの源です。
Ⅰコリント15:17, 20 もしキリストがよみがえらなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚なものとなり、あなたがたは、いまなお罪の中にいることになろう。//しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、死人の中からよみがえったのである。
アーメン


■この日の讃美歌
 148番「すくいのぬしは ハレルヤ」
 146番「ハレルヤ ハレルヤ たたかいおわりて みさかえうけたもう」
※歌詞とメロディーは下記サイトをご利用下さい。
https://www.rcj.gr.jp/izumi/sanbi/sanbisen.htm

■この日の信仰告白
使徒信条
https://www.minoo-church.com/worship/lordsprayer.html

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…