2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

115:1 主よ、栄光を/われらにではなく、われらにではなく、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、ただ、み名にのみ帰してください。
115:2 なにゆえ、もろもろの国民は言うのでしょう、「彼らの神はどこにいるのか」と。
115:3 われらの神は天にいらせられる。神はみこころにかなうすべての事を行われる。
115:4 彼らの偶像はしろがねと、こがねで、人の手のわざである。
115:5 それは口があっても語ることができない。目があっても見ることができない。
115:6 耳があっても聞くことができない。鼻があってもかぐことができない。
115:7 手があっても取ることができない。足があっても歩くことができない。また、のどから声を出すこともできない。
115:8 これを造る者と、これに信頼する者とはみな、これと等しい者になる。
115:9 イスラエルよ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
115:10 アロンの家よ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
115:11 主を恐れる者よ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
115:12 主はわれらをみこころにとめられた。主はわれらを恵み、イスラエルの家を恵み、アロンの家を恵み、
115:13 また、小さい者も、大いなる者も、主を恐れる者を恵まれる。
115:14 どうか、主があなたがたを増し加え、あなたがたと、あなたがたの子孫とを/増し加えられるように。
115:15 天地を造られた主によって/あなたがたが恵まれるように。
115:16 天は主の天である。しかし地は人の子らに与えられた。
115:17 死んだ者も、音なき所に下る者も、主をほめたたえることはない。
115:18 しかし、われらは今より、とこしえに至るまで、主をほめまつるであろう。主をほめたたえよ。
詩編 115篇01~18節

■オンライン礼拝式次第
1.奏楽 J.S. Bach  「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」
2.主の祈り
3.讃美歌 270番1,3節 「信仰こそ旅路を みちびく杖」
4.牧会祈祷
5.聖書朗読 詩篇115篇1~18節 (旧約聖書850頁)
6.説教 「主は我らの助け、また盾(3)」
7.讃美歌 502番 「いともかしこし イエスの恵み」
8.祝祷
9.後奏 「神のみわざこそ  Was Gott Thur,das it’s wohlgethan」

※奏楽は、全てYouTube上の「リードオルガンの部屋」のものを使わせて頂きます。
https://www.youtube.com/channel/UCIzbz4QzSw7OosQia3JttTQ
この場を借りて、心より御礼と感謝を申し上げます。


■説教 「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試されると共に、平素は気付かれなかった人の心が具体的に見えるようになってきています。もちろん私たちキリスト者の信仰も試みられています。しかし、この時こそ真の悔い改めに与り、「主は我らの助け、また盾」であることを再確認し、コロナ禍との霊的な戦いに与って「主に栄光を帰する」チャンスではないでしょうか。


1.おさらい
今日は、12~18節より、お話ししますが、その前に前回までをかいつまんでお話しします。
(1)詩篇記者の執り成しの祈り (1節)
詩篇記者は、激動の時代を生き抜く中で、神のまことを体験してきたようです。今また新たな試煉の真っ只中にあって、自分と同胞ばかりか、すべて神を恐れる人々を執り成しています。
   115:1 主よ、栄光を/われらにではなく、われらにではなく、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、ただ、み名にのみ帰してください。
「この試煉を乗り越えた時『主なる神、あなたのおかげです』と誉め讃えさせて下さい」と祈ってます。
(2)神に栄光を帰する詩篇記者 (2-3節)
いつの時代も社会に不安が生じると、主イエスへの信仰を鮮明にする人々や私たちが信じる神が、しばしば嘲られます。しかし詩篇記者は萎縮すること無く凜としてこう言い切っています。
   115:2-3 なにゆえ、もろもろの国民は言うのでしょう、「彼らの神はどこにいるのか」と。/われらの神は天にいらせられる。神はみこころにかなうすべての事を行われる。
「神の御心と御業が人間の思いを遙かに超えること、天と地が掛け離れている如くだ。それ故、我らが窮地に立っているのは、我らの考え及ばぬ神の目的があってのことだ」と言って、神に栄光を帰しています。「艱難汝を珠にす」という故事がありますが、艱難には神の意図があることを聖書は明言しています。
  Ⅰコリント10:13(新約267頁) あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。
この様な御言葉の裏付けがあるからこそ、私たちは艱難にあっても神を信頼し希望を持ち続けられます。
(3)主に信頼せよ、主は私たちの助けであり盾である (4-11節)
4節から8節で詩篇記者は、私たちが偶像の空しさに気づき、真の神に思いを馳せることが出来るようにと、諭します。そして、偶像を作り出す人々もそれに信頼する人々も、偶像同様いのちを持たない“死んだ存在”になってしまうと教えています。
ここで神の教え方を弁えることは非常に大切です。神はいつの時代も、その時代の人々が“いのちの拠り所とするモノ”と御自身とを対比させながら、神は地上のいのちを超えた永遠の命を与えようとしておられることを教えておられることです。主イエスは繰り返し言われました。「聞く耳のある者は聞くがよい」と、御言葉を聞いて悟れ、現実を霊的に洞察しなさいと。“偶像”についても全く同様で、古代人だけのモノではありません。


2.信頼に応えて下さる神 (12-15節)
さて、今日の本題の一つ目、12, 13節です。ここでは9~11節と同様、三通りの誉れある呼称を私たちに用いて、主はあなた方を恵まれる、と言っています。
(1)私たちを恵まれる神
   115:12-13 主はわれらをみこころにとめられた。主はわれらを恵み、イスラエルの家を恵み、アロンの家を恵み、/また、小さい者も、大いなる者も、主を恐れる者を恵まれる。
神は、この世での評価が如何様な人でも主を恐れる人を分け隔て無く祝福して下さいます。
何度もお話ししたことですが、旧約時代の「イスラエルの家」はアブラハムの血族と理解されました。しかし主イエスは、「まことのイスラエルの家の者とは、①主イエスへの信仰によって、②神がアブラハムと交わした契約に入れられ救われ、③国籍を天に持つ神の民とされた人のこと」と教えて下さっています。
(2)イスラエルの家を恵む神
ところで、皆さまは「イスラエル」と言う名の由来をご存じでしょうか。 その原点を尋ねてみたいのです。
聖書では名前がその人の「人となり」、本性を表すことがよくあります。創世記に登場するヤコブもその一人で、彼の名ヤコブは「押しのける者」です。聖書に記された彼の生き様は、名前の通り、自我の塊でした。ところで、創世記32章22節(旧約45頁)以下に、「ヤボクの渡し」での出来事が記されています。その場所で彼は、神が遣わした「ある人」と格闘したのです。その格闘の結果、
  創世記32:28(旧約45頁) その人は言った、「あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです」。
とあります。しかし事実は、ヤコブはもものつがいをはずされて敗北したのです。「負かされた」のです。
ヤコブが神の恵みにあずかるためには、神に打たれる必要がありました。ヤコブは自分のもものつがいをはずされ負けた時、彼は必死になって祝福を求め、そして「イスラエル」(神と戦う、の意)と言う新しい名を与えられました。つまりイスラエルと言う名は、神と取っ組み合いをして「負かされ」祝福を与えられた人を現します。私たちキリスト者も同様に“神に負かされ”、悔い改めて神の御前に謙り、神を恐れる「イスラエル」です。神は、主を恐れる者を恵まれるのです。ここで考えてみて下さい、私たちが本当に信頼して恵みを期待できるのは、取っ組み合いをしたら私たちが勝てる相手ではなく、私たちを負かし、まことの悔い改めへ導き得る相手ではないでしょうか。
(3)主を恐れる者を増し加える神
   115:14-15 どうか、主があなたがたを増し加え、あなたがたと、あなたがたの子孫とを/増し加えられるように。/天地を造られた主によって/あなたがたが恵まれるように。
とありますように、旧約時代の祝福の基本は、イスラエル民族の子々孫々に及ぶ繁栄でした。しかし今や主イエスが霊的なイスラエルについて教えて下さったので、14-15節の御言葉は[主を恐れる子孫、すなわちまことの礼拝者を増して下さるとの祝福だ!]と判ります。ですから私たちは安んじて神に信頼できるのです。
“偶像”の誘惑と“神への嘲り”で溢れるこの世のただ中にあって、私たちが生きるために頼るべき力は、約束の力です。その祝福によって私たちは生きるのです。

   115:16 天は主の天である。しかし地は人の子らに与えられた。
この16節は難解ですが、預言者イザヤはこう言い現しています。
  イザヤ45:18(旧約1009頁) 天を創造された主、すなわち神であって また地をも造り成し、これを堅くし、いたずらにこれを創造されず、これを人のすみかに造られた主はこう言われる、「わたしは主である、わたしのほかに神はない。


3.まことのいのちに生かされると言うこと (17-18節)
今日二番目のポイントですが、非常に厳しい言葉です。
   115:17 死んだ者も、音なき所に下る者も、主をほめたたえることはない。
一般に旧約聖書は、死後の世界について極めて悲観的に語ります。ここでも死者には神を讃美する事もなく、復活する希望もないかの如くです。
しかし、ここで描写されているのは、8節に記された「偶像を造る者と、偶像に信頼する者とはみな、偶像と等しい者」になってしまった人々の死後の世界です。ですからこの世で、“偶像”を造り“偶像”に信頼し続ける人々は、今は栄えて生きているようでも、肉体の死後土に帰って神を賛美できない死人と変わりないのです。
だからこそ、その様な罪人を救うために、神は御子イエスをこの世に遣わして下さりました。
一方18節では、9~11節の「主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である」との呼びかけに答えた人々を祝福してこう言っています。
   115:18 …今より、とこしえに至るまで、主をほめまつるであろう。主をほめたたえよ。
私たちのよみがえりと永遠の命の希望が、この詩篇の中で燦然と輝いているのです。


むすび
詩篇115篇の冒頭、詩篇記者はこう執り成して祈っていました。
   115:1 主よ、栄光を/われらにではなく、われらにではなく、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、ただ、み名にのみ帰してください。
この詩篇記者の祈りにこだまするように、主イエスの祈りが聞こえてきませんか。  この祈りです。
  ヨハネ17:1-4(新約170頁) これらのことを語り終えると、イエスは天を見あげて言われた、「父よ、時がきました。あなたの子があなたの栄光をあらわすように、子の栄光をあらわして下さい。/あなたは、子に賜わったすべての者に、永遠の命を授けさせるため、万民を支配する権威を子にお与えになったのですから。/永遠の命とは、唯一の、まことの神でいますあなたと、また、あなたがつかわされたイエス・キリストとを知ることであります。/わたしは、わたしにさせるためにお授けになったわざをなし遂げて、地上であなたの栄光をあらわしました。
詩篇115篇の御言葉は、主イエス・キリストの十字架とよみがえりを経て歴史上の出来事になっています。
私たちが主イエスへの信仰により罪を赦されていること、よみがえりの命を与えられていること、これ全て神の栄光の現れです。18節、
   115:18 …われらは今より、とこしえに至るまで、主をほめまつるであろう。主をほめたたえよ。
と呼びかけられた私たちは、こう答えます。
「人の主な目的は、神の栄光をあらわし、永遠に神を喜ぶことです 」と。(ウエストミンスター小教理問答 問1)

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…