2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

3:1 さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。
3:2 女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、
3:3 ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。
3:4 へびは女に言った、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。
3:5 それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。
3:6 女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。
3:7 すると、ふたりの目が開け、自分たちの裸であることがわかったので、いちじくの葉をつづり合わせて、腰に巻いた。
3:8 彼らは、日の涼しい風の吹くころ、園の中に主なる神の歩まれる音を聞いた。そこで、人とその妻とは主なる神の顔を避けて、園の木の間に身を隠した。
3:9 主なる神は人に呼びかけて言われた、「あなたはどこにいるのか」。
3:10 彼は答えた、「園の中であなたの歩まれる音を聞き、わたしは裸だったので、恐れて身を隠したのです」。
創世記 03章01~10節

■オンライン礼拝式次第
開式の辞
1.奏楽 Arioso from St. Paul-主おのれの者を知り給う
  https://www.youtube.com/watch?v=6L5mGxMxJSI
2.主の祈り
3.讃美歌30番 1、2節 「あさかぜしずかにふきて」
  https://www.rcj.gr.jp/izumi/sanbi/sa030.html
4.牧会祈祷

5.聖書朗読 創世記3章1~10節 (旧約聖書3頁)
6.説教 「あなたはどこにいるのか」  滝田善子 教師
7.讃美歌285番 1、2節 「主よ、みてもて ひかせたまえ」

  https://www.youtube.com/watch?v=kSTrK0FdkkE
8.献金・献金感謝祈祷

9.讃美歌285番 3、4節 「主よ、みてもて ひかせたまえ」
10.祝祷
11.後奏 「NUN DANKET ALLE GOTT  全ての者よ神に感謝せよ」
  https://www.youtube.com/watch?v=OnaLXMxiePA

 

■説教 「あなたはどこにいるのか」

「主なる神は人に呼びかけて言われた「あなたはどこにいるのか」。今朝もみ言葉に聴いて参りましょう。

今日は人が罪を犯し堕落したというのはどういうことか。人が堕落した状態の悲惨とは何であるか。そして神様は、罪を犯し堕落した人をどのように取り扱われたかということを、み言葉に聴いていきたいと思います。

3:1 人が神様の言いつけを守り、神様に従って歩もうという時、サタンは必ずそれを妨害しようとします。ここでサタンは、もの言う蛇として現れました。女を与しやすしと取ったサタンは、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神がいわれたのですか」と、問いかけました。「どの木からも」「ほんとうに」と、巧妙な言葉です。「全部ダメなのか」「ほんとうに神様がそんなことを言ったのか」と、女の意識を禁じられた木の実に向けさせ、神様の言葉への、疑問や反発を呼び起こそうとしています。

3:2-3 女の答えは、蛇の言葉に引き寄せられています。「これに触れるな」という付け加えがなされ、「それを取って食べると、きっと死ぬであろう(必ず起こる未来の出来事)」が、「死んではいけないから」と、微妙に緩められています。神様の言葉によけいな付け加えをしたり、み言葉の意味を緩めたり、ずらせたりすることは、服従するものの態度ではありません。そこには、神様より自分の判断を前に置く、不信仰が兆しています。

3:4 蛇は、必ず死ぬという神様の言葉を、死んではいけないからと、自分の解釈で緩めた、女の隙に乗じてきました。「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう」

3:5 神様は、あなたがたがこの木の実を食べて、ご自分のように賢くなると、知っておられるのですよ、そうなることを嫌っておられるのですよと、まるで神様が人がご自分のように賢くなることに嫉妬しておられるかのように吹き込みました。

3:6 蛇にそそのかされた目で木の実を見ると、それはいかにも美味しそうで美しく、食べれば賢くなりそうでした。女は取って食べ、共にいた夫にもそれを与えました。

3:7 神様のように賢くなれると思って、善悪を知る木の実を食べた二人が見たものは、自分たちの裸の姿でありました。もちろんお互いが衣服を着けていないという意味で、裸であったことは、わかっていたことです。しかし、今やそれが恥ずべきこととなりました。彼らは確かに目が開け、今まではわからなかったことを知りました。しかしそれは、自らの恥ずべき姿だったのです。

これが、人が罪を犯し堕落したいきさつであります。神様に従おうというとき、必ずそれを阻むものが現れます。神様から目をそらせ、神様に疑いを抱かせ、神様の命令よりも自分の欲望を優先するよう、そそのかすものが現れます。そのときに、「退けサタン」と、毅然として言うならば、サタンの誘惑を退けて、神様に従うことができたでしょう。しかし、心の中にある欲望がサタンの言葉を受け入れ、神様に背く道へと進ませてしまったのです。
ここではもの言う蛇でしたが、私たちの生活では、親であったり、友人であったり、学校の先生、医者、科学者、様々な人の言葉が、神様に従って生きることを邪魔します。それが必ずしも妨害の意図を持っていない、むしろ善意であったり、世間の常識であったりするのですが、巧妙にサタンに用いられてしまうのです。私は神様に従うという意志を明確にして、常にみ言葉を武具として、不信仰への誘惑に立ち向かわなくてはなりません。

さて3-8 園に神様が来られたことを知った男と女は、神様の顔を避け、身を隠しました。これが罪人の姿であります。罪を犯す前の二人にとって、神様は何ら恐れること無く近づくことのできる方でした。共にいることが喜ばしい、慕わしい方でした。しかし今や神様の叱責を恐れ、こそこそと身を隠すしかないのであります。ウエストミンスター小教理問答書の問19「人が堕落した状態の悲惨とは何であるか」の答えの冒頭には、「全人類は、堕落によって神との交わりを失い」とあります。人は堕落によって、神様との交わりを失ったのでありますが、それは神様から交わりを絶たれる前に、人自らが神様を避け神様を離れ、神様から身を隠したのであります。ヨハネによる福音書3:20に、「悪を行っている者はみな光を憎む。そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない」とある通りです。神様の前に立つという人が本来あるべき姿をとれない、神様が恐ろしく、神様から逃れようと身を隠すのが、罪を犯し堕落した人の姿であります。

3:9 神様は、隠れている人に向かって「あなたはどこにいるのか」と呼びかけられました。「あなたはどこにいるのか」と問われた神様は、決して人の姿を見失ったのではありません。神様はすべてを知っておられます。「あなたはどこにいるのか」それは出てきなさい。私の前に立ちなさい。ということであります。人は神様のみ前にいるべきものです。それが今や神様のみ顔を避けて隠れ潜んでいる。どこにいるのかという神様の呼びかけは、彼らにとってどれほど恐ろしいものであったでしょうか。どれほど恥ずかしいことであったでしょうか。しかし、神様の言葉にあらがうことはできません。

3:10 二人は神様の前に出て「裸だったので、恐れて身を隠したのです」と言い訳しました。神様が人を造られた時、二人は裸でありましたが、そのことに何の恐れも感じてはいませんでした。まさに、神様がお造りになって「はなはだ良かった」と言われた姿でありました。しかし今は、自分たちの姿が恥ずべきものと自覚され、神様のみ前に立つことができない姿と自覚されたのです。それが、神様の命令に背いて善悪を知る木の実を食べた結果でした。

神様は、二人が為したことを知っておられました。二人が身を隠したことも知っておられました。先に小教理問答書から、人間が堕落した悲惨の状態として、神様との交わりを失ったことを上げました。堕落した人は、自ら神様を避けて隠れ潜みます。しかし神様は、「あなたはどこにいるのか」と、呼び求めてくださいました。神様がご自分に背いて罪を犯した人を、見捨てたもうたのであれば、隠れ潜んだ人をそのままに放置することもできたのです。彼らは神様との完全な断絶の中に滅びていったことでしょう。しかし神様は、そのようにはなさいませんでした。神様は隠れた二人に「あなたはどこにいるのか」と呼ばわり、無理にもご自分の前に立たせてくださいました。
人は、自分たちの犯した罪のゆえに裁かれ、楽園にいられなくなりました。神様との親しい交わりも絶たれました。しかし、命をつなぎ、やがてくる回復の日を待つことが許されたのであります。

「あなたはどこにいるのか」今も私たちは、神様のみ声を聴きます。それは在るべき場所、神様のみ前にいるのかという問いかけであり、私の前にいなさい、隠れているなら出てきなさいという促しであります。
今、コロナ禍の中で、私たちは先の見えない不安、現状すら把握できないもどかしさ、自分や家族の健康のこと、経済的なこと、教育、社会常識、あらゆることが揺さぶられています。何がどうなっているのか、これからどうなっていくのかという不安に苛まれることもあります。しかし、神様は決して私たちを、ご自分の民を見捨てられません。いつも「あなたはどこにいるのか」と、呼び求めてくださる、私の前にいなさいと言ってくださいます。世の中がどのような状態であっても、神様は私たちを見ていてくださいます。私たちひとり一人に注がれる神様のご愛を信じて、思いと言葉と行いによって、神様の民、神様の子どもであることを証しする生き方ヘと歩んでいきたいと思います。 (説教 : 滝田善子 教師)

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…