2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

宮をささげるときにうたったダビデの歌
30:1 主よ、わたしはあなたをあがめます。あなたはわたしを引きあげ、敵がわたしの事によって喜ぶのを、ゆるされなかったからです。
30:2 わが神、主よ、わたしがあなたにむかって助けを叫び求めると、あなたはわたしをいやしてくださいました。
30:3 主よ、あなたはわたしの魂を陰府からひきあげ、墓に下る者のうちから、わたしを生き返らせてくださいました。
30:4 主の聖徒よ、主をほめうたい、その聖なるみ名に感謝せよ。
30:5 その怒りはただつかのまで、その恵みはいのちのかぎり長いからである。夜はよもすがら泣きかなしんでも、朝と共に喜びが来る。
30:6 わたしは安らかな時に言った、「わたしは決して動かされることはない」と。
30:7 主よ、あなた恵みをもって、わたしをゆるがない山のように堅くされました。あなたがみ顔をかくされたので、わたしはおじ惑いました。
30:8 主よ、わたしはあなたに呼ばわりました。ひたすら主に請い願いました、
30:9 「わたしが墓に下るならば、わたしの死になんの益があるでしょうか。ちりはあなたをほめたたえるでしょうか。あなたのまことをのべ伝えるでしょうか。
30:10 主よ、聞いてください、わたしをあわれんでください。主よ、わたしの助けとなってください」と。
30:11 あなたはわたしのために、嘆きを踊りにかえ、荒布を解き、喜びをわたしの帯とされました。
30:12 これはわたしの魂があなたをほめたたえて、口をつぐむことのないためです。わが神、主よ、わたしはとこしえにあなたに感謝します。
詩編 30篇01~12節

■式次第
前奏
讃詠  545下 
主の祈
信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参照)   
讃美歌  16 「いときよきみかみよ」 ※当教会初出です
聖書朗読 詩篇30篇1~12節  (旧約聖書771頁)   
祈祷
説教 「朝と共に喜びが来る」 
讃美歌  205 「わが主よ、今ここにて」 (1節のみ) 
聖餐式
讃美歌   522 「みちにゆきくれし」
献金
頌栄 543
祝祷

■説教 「朝と共に喜びが来る」
私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集って礼拝を再会できることは感謝です。
その喜びの礼拝を迎えたこの日の御言葉は詩篇30篇です。この詩篇は、個人的にも国家的にも致命傷になりかねなかった危機から脱出・回復させて下さった神のくしき御業をあかしし、私たちをその神への信頼と感謝、そして献身へと招いています。
憶測ではありますが、主イエスは、詩篇30篇を御自身のことと自覚しながら愛吟されたことでしょう。


1 詩篇記者の結論とその理由 (1-5節)
神に寄り頼む生活は、それが真剣であればあるほど、そうではないこの世の生活と比べて愚かに思えることがあります。しかし詩篇記者は自分の信仰生活を振り返ってこう結論付けています。
  30:1a 主よ、わたしはあなたをあがめます…
1節後半には、主は「わたしを引きあげ、敵がわたしの事によって喜ぶのを、ゆるされなかった」とあります。「引き上げる」は、井戸から水を汲み上げる動作を現し、「敵」は、“神に寄り頼む人々を憎み敵意を抱く存在”という幅広い意味を持ちます。つまり「主は私を、井戸から水を汲み上げるようにして私を憎む敵たちの手から救い出して下さった」と言っています。続けて2-3節では「助けを叫び求めると、いやしてくださった」、「わたしの魂を陰府からひきあげ」、「わたしを生き返らせてくださった」と列挙しています。詩篇記者は相当の困難に遭っていた様ですが、神の恵みが遙かに優っていたので、自分ひとりが神を誉め讃え感謝するだけでは事足りず「主に選ばれた者よ、主をほめうたい、主に感謝して歩もう!」と4節で呼びかけています。さらに5節では、
   30:5 その怒りはただつかのまで、その恵みはいのちのかぎり長いからである。夜はよもすがら泣きかなしんでも、朝と共に喜びが来る。
とあります。「神の怒り」、すなわち主から試煉がやって来ても、それは短い間だけだ。主の恵みは速やかで永遠だ、「夜はよもすがら泣きかなしんでも、朝と共に喜びが来る」と神の恵み深さと真実さを証しています。父親が我が子を訓練する如く、神も私たちに御心のままに試煉を与え御国に相応しい者へと訓練されるからです。


2 詩篇記者の回顧 (6-10節)
詩篇記者は自身の信仰生活を回顧して語ります。まず6節から7節前半で、試煉が突然やって来る前の「安らかな時」「山のように堅くされている時」についてです。
ところが7節後半に入ると様子が一変します。新共同訳聖書では「しかし」という言葉を補っている程です。
   30:7b …あなたがみ顔をかくされたので、わたしはおじ惑いました。
突然試煉が詩篇記者にやって来たのです。その時から詩篇記者の悔い改めと、いのちを助けて下さいとの祈りが始まったのです。その祈りの内容が9-10節に記されています。


3 「いのちの限りあなたを誉め讃えたい」 (11-12節)
彼の祈りに、神が具体的にどう応えて下さったかは記されていません。ただ、如何なる時にも誰にも普遍的で変わることが無い真理が告白されています。
   30:11 あなたはわたしのために、嘆きを踊りにかえ、荒布を解き、喜びをわたしの帯とされました。
   30:12 これはわたしの魂があなたをほめたたえて、口をつぐむことのないためです。わが神、主よ、わたしはとこしえにあなたに感謝します。
神は、私が生きる限り主をほめ歌い感謝するようにと、新しいいのちを与えて下さった、と。


4 私たちの身近にいる証人(あかしびと)
使徒パウロも、主イエスも詩篇記者と同様の体験をしました。
パウロも祈りが聴かれなかったこともありました。しかし「喜んで自分の弱さを誇」るようにされました(Ⅱコリント12:7以下)。主イエスは、ゴルゴタで「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と叫ばれました。この時、昼の十二時だというのに「地上の全面が暗くなった」と聖書は伝えています(マタイ27:45-46)。この「夜」「暗さ」とは、神に信頼して生きる者だけが出合う「夜」です。しかし、主イエスはよみがえらされ栄光の内に天に昇られました。

また、近代有名人の筆頭は、「聴かれざる祈祷」を著された内村鑑三先生です。著書の一部を抜粋しますと、
  「余は余の一人の娘の疾病の癒されんことを祈った。信者の祈禱の効力あることに関する聖書の言葉を繰りかえし読んで、余は余の消えんとする祈禱の熱心を励ました。余はまたいくたびと繰りかえして、ヤイロの娘の全治せし事に関する聖書の言葉を読んだ。余は『懼(おそ)るるなかれ、ただ信ぜよ、娘は癒ゆべし』とのイエスの言を、余に語られし言として受けた。余は医師の言に反して、余の祈禱によって余の娘はかならず癒さるることを信じた。…然るに鳴呼、ヤイロの娘は癒されたが、余の娘は癒されなかった。ヤイロの祈禱は聴かれたが、余の祈禱は聴かれなかった。」
しかし、内村先生は「聴かれざる祈祷」をこう結んでおられます。「余の懐疑の夜もまた短かった。朝はじきに来て、余は涙ながらに喜び歌うた」と。内村先生の懐疑の夜はいつまでも続かなかったのです。
   30:5 その怒りはただつかのまで、その恵みはいのちのかぎり長いからである。夜はよもすがら泣きかなしんでも、朝と共に喜びが来る。
詩篇記者が証しした神の御業、人の思いや想像を超えた神による勝利の朝が内村先生に訪れたのです。

また、最近では横田めぐみさんのご両親、お父さんの滋さんは先日召されましたが、祈りに必ずや主は応えて下さっていることでしょう。

詩篇記者と同様の体験をされた方は、私たちの身近にも大勢おられます。たとえこの世にあっては無名に近くとも、今も主を喜ぶ生活を続けておられることで、主から恵みを受けていることと主の真実さを証す証人として命の書に名を連ねておられます。


終わりに
説教を締め括るにあって、もう一度1節を見てみましょう。
   30:1 主よ、わたしはあなたをあがめます。あなたはわたしを引きあげ、敵がわたしの事によって喜ぶのを、ゆるされなかったからです。
さきほど、この「敵」とは、“神に寄り頼む人々を憎み敵意を抱く存在”という幅広い意味があるとお話ししましたが、主イエスの御降誕についてこう記されています。
  ルカ1:71(新約84頁)  わたしたちを敵から、またすべてわたしたちを憎む者の手から、救い出すためである。
そして、終末に於ける主イエスの御業がこう書かれています。
  Ⅰコリント15:26(新約275頁) 最後の敵として滅ぼされるのが、死である。
この様に、「敵」の本性(ほんせい)はサタンであり死と滅びです。罪人は誰一人としてこの「敵」から逃れることは出来ません。しかし、主イエスの十字架上での贖いとよみがえりによって1節の御言葉が真実であり現実であることが明らかになりました。
主にあって愛する兄弟姉妹方、私たちは今日の御言葉にしっかりと立って一途に神を信じて生き抜こうではありませんか。たとえ、夜はよもすがら泣きかなしんでも、朝と共に喜びが来るからです。

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…