2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

ダビデがよんだ都もうでの歌
124:1 今、イスラエルは言え、主がもしわれらの方におられなかったならば、
124:2 人々がわれらに逆らって立ちあがったとき、主がもしわれらの方におられなかったならば、
124:3 彼らの怒りがわれらにむかって燃えたったとき、彼らはわれらを生きているままで、のんだであろう。
124:4 また大水はわれらを押し流し、激流はわれらの上を越え、
124:5 さか巻く水はわれらの上を越えたであろう。
124:6 主はほむべきかな。主はわれらをえじきとして/彼らの歯にわたされなかった。
124:7 われらは野鳥を捕えるわなをのがれる/鳥のようにのがれた。わなは破れてわれらはのがれた。
124:8 われらの助けは天地を造られた主のみ名にある。
詩編 124篇01~08節

1 概説
この詩篇124篇には、疑い迷いの雲を突き抜けて天に届くような信仰が活き活きと記されています。
1-2節で詩篇記者は、旧約時代の民族としてのイスラエルのみならず、新約の時代にイエス・キリストへの信仰により救われた私たち一人ひとりにも呼びかけています。
   124:1 今、イスラエルは言え、主がもしわれらの方(かた)におられなかったならば、
1-2節の呼びかけは、「私たちはあまたの危機に遭遇してきたが滅び去ることなく救い出された。今の自分たちがあるのは、神が私たちに味方して下さったからだ」との神讃美への招きです。
続く3~7節では「危機からの救い」が回顧され、8節の信仰告白でこの詩篇は結ばれます。


2 神がおられるなら、なぜ?!
さて、3-5節ですが、神の御業を強調する詩的な表現手法が用いられています。過去の出来事を回顧しながら、自分たちは守られて今あるを得ている幸いを強く印象付けます。
  124:3 彼らの怒りがわれらにむかって燃えたったとき、彼らはわれらを生きているままで、のんだであろう。
この3節は、出エジプト記15章に記されたモーセとイスラエルの民が歌った讃美を想起させます。
  124:4 また大水はわれらを押し流し、激流はわれらの上を越え、
  124:5 さか巻く水はわれらの上を越えたであろう。
ですから、3節5節は、「しかし主がわれらの方(かた)におられたのでわれらは守られた」との信仰告白へと繋がって行くのです。しかし私が今回の説教準備を進める途中、ハット気付きました。3-5節の強調的表現は東日本大震災の津波の惨状を思い出させることを。「なぜ、この御言葉が与えられたのだろうか」といぶかりました。
しかも4節の「押し流す」は、他のところでこういう使い方がされている言葉です。
  ヨブ14:19 水は石をうがち、大水は地のちりを洗い去る。このようにあなたは人の望みを断たれる。
津波が防波堤を越え、罪無き人々を生きているまま故郷の町ごと吞み込み何もかも押し流した、人々の望みを絶ったあの出来事を、3-5節は思い出させるのです。
キリスト教において厄介な問題は、他宗教も同様ですが、「神が愛であるのなら、なぜ人類の歴史で悲惨な災禍が繰り返されるのか」の疑念と、「聖書が言うことは現実離れしている!」との躓きがしばしば起きることです。

私自身悩みながら調べるうちに、JWTCから公開されている『キリスト者は東日本大震災をどう考えたらよいのか』との講演集を見つけました。一部抜粋してお読みします。
  「津波の被害の大きさに対して抱いたあの『なぜ』という問いに対する答えのない喪失感である。ボランティア活動ですばらしいことが起こっているのであるが、答えのない問いは残されたままである。問いそのものが問われていないかのようである。問うことさえ避けている感じである。《中略》...(言葉に)出しても答えがないことを知っているからである。特に神を信じて、すべてを益に変えてくださる神を信じている教会の民にとって、どうすることも出来ない喪失感である。なぜ神はそのようなことをこの日本に、あの東北の地にしたのかは、出しても答えのない問いである。ただ意味の欠落のなかに陥ってしまうだけである。」(JWTC『キリスト者は東日本大震災をどう考えたらよいのか』講演集より転借)
ここに書かれているように、信仰には戦いが伴います。「なぜ」との問いを止めて「何の為に」と問うことはとても有益です。ですが、答えを見出して終わらせたいと思うのが人情でしょう。しかし、この『なぜ』という問いに人知をもって答えを出そうとすると、ヨブ記に記されたような、疑いと迷いの底なし沼に嵌まります。
では、「なぜ」と言う疑いと迷いを完全に克服するにはどうしたら良いのでしょうか。
聖書の御言葉をまともに聞くことです。

震災直後、津波の被災地で惨状を目の当たりにして、“不毛な”議論を避け、主への断固たる信仰告白へと導かれ行動したキリスト者の群れを皆さまご存じでしょうか。その方が信仰告白とした御言葉がこれです。
   124:8 われらの助けは天地を造られた主のみ名にある。
このことは日本基督教団東日本大震災救援対策本部ニュース第20号に掲載されています。


3 私たちは、神の摂理の内に生かされている
今日の聖書詩篇124篇に戻ります。
   124:1 今、イスラエルは言え、主がもしわれらの方におられなかったならば、
との呼びかけに答えて、「神がもしわたしの味方でなかったら」、「主がもしおられずば」どうなっていたか思い巡らしていただきたいのです。必ずや、パウロが記した神の御業、神の摂理に生かされていたことの記憶が鮮やかによみがえってくることでしょう。
  Iコリント10:13(新約267頁) あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。
これは、私たちが主の祈りで、「我らを試みにあわせず悪より救い出し給え」と祈っていることですね。

神は“悪”を阻止されないかのように思える時もあります。それにもかかわらず、神は“悪”がなしうることの範囲や影響を抑制されます。旧約聖書のヨブ記に記されています。神はサタンの活動を許容されましたが、サタンがなしうることを制限されました。「見よ、彼のすべての所有物をあなたの手にまかせる。ただ彼の身に手をつけてはならない」(ヨブ1:12)。また主は言われました。「見よ、彼はあなたの手にある。ただ彼の命を助けよ」(2:6)。そのヨブは、あまたの試煉を耐え忍んだ後、こう言いました。
  ヨブ42:2-3 「わたしは知ります、あなたはすべての事をなすことができ、またいかなるおぼしめしでも、あなたにできないことはないことを。/『無知をもって神の計りごとをおおう この者はだれか』。それゆえ、わたしはみずから悟らない事を言い、みずから知らない、測り難い事を述べました。
神の摂理は、試煉を耐え忍んだ人だけが判ることです。たとえ神への信頼の結果が私たちの期待とは異なり、その時は理解出来ずとも後に判る時が来ます。
  ヨハネ13:7(新約163頁) イエスは彼に答えて言われた、「わたしのしていることは今あなたにはわからないが、あとでわかるようになるだろう」。
神への信頼が裏切られることはありません。
                                                                                         

4 「われらの助けは天地を造られた主からくる」
詩篇124篇はこう結論づけます。
  124:8 われらの助けは天地を造られた主のみ名にある。
今日、科学は飛躍的に進歩したと言われますが、私たち人類が天と地について知ることは、一握りの鳥取砂丘の砂の如くです。ましてや天地万物を創造された神についての知識は、コップ一杯の太平洋の海水の如しです。私たちは人知で計り知れぬ事を論じることを止め、謙遜になって聖書にまともに聞くしかありません。
これは、疑問をごまかしたり封じ込めることとは違います。ただ、御言葉に信頼することです。

新約聖書には詩篇124篇に漲っている信仰に生きた人々の証言が至る所に記されています。
  Ⅰヨハネ4:9-10(新約380頁) 神はそのひとり子を世につかわし、彼によってわたしたちを生きるようにして下さった。それによって、わたしたちに対する神の愛が明らかにされたのである。/わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。

  Ⅰコリント15:19-20(新約274頁) もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で最もあわれむべき存在となる。/しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、死人の中からよみがえったのである。

  ヘブル12:1(新約356頁) こういうわけで、わたしたちは、このような多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、いっさいの重荷と、からみつく罪とをかなぐり捨てて、わたしたちの参加すべき競走を、耐え忍んで走りぬこうではないか。

むすび
最後に、もう一度4節、
  124:4 また大水はわれらを押し流し、激流はわれらの上を越え、
4節には「押し流す」という人の望みを絶ち切るような言葉があります。不義が横行し悲惨が繰り返されるこの世の力は、この大水のようです。
ですが、旧約聖書の雅歌はこう歌います。
  雅歌8:7(旧約941頁) 愛は大水も消すことができない、洪水もおぼれさせることができない。
「愛」すなわちキリストの真実の愛を、「大水」すなわち罪と死、あらゆる悪の力をもってしても消せないと。
神が私たちの味方になって下さったらどうか、パウロも私たちを励まして言います(ローマ8:31-39の要約)。
「だれも、敵対することも、訴えることも、罪に定めることもできません。患難も苦しみも、迫害も、飢えも、裸も、キリストの愛から引き離すことはできません。神が味方であるなら、私たちは、私たちを愛してくださる方によって、圧倒的な勝利者となるのです。」

聖書は、私たちに呼ばわります。
   124:1 今、イスラエルは言え、主がもしわれらの方におられなかったならば、
私たちは答えます。
   124:8 われらの助けは天地を造られた主のみ名にある。
この御言葉に依り頼み証ししながら、神から託された命と使命を全うさせていただきましょう。

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…