2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

ダビデの歌
103:1 わがたましいよ、主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。
103:2 わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。
103:3 主はあなたのすべての不義をゆるし、あなたのすべての病をいやし、
103:4 あなたのいのちを墓からあがないいだし、いつくしみと、あわれみとをあなたにこうむらせ、
103:5 あなたの生きながらえるかぎり、良き物をもってあなたを飽き足らせられる。こうしてあなたは若返って、わしのように新たになる。
詩編 103篇01-05節

■説教 「主の慈しみは、とこしえに(1)」

1.聖書は私たちに呼ばわって言う
この詩篇は、
 103:1 わがたましいよ、主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。
 103:2 わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。
と、「わがたましいよ、主をほめよ」の繰り返しで始まり、
 103:22 …わがたましいよ、主をほめよ。
と結ばれます。詩篇記者は、全身全霊を献げて神を誉め讃えずにはおられないようです。彼は神の恵みを余すところなく体験して来ていることが覗われます。
ここで使われている命令形の繰り返しは、一般的に、読者がそこで言われている様な状況にない時に使われます。現に今私たちは、この詩篇を読んで「そうだ、私も聖なるみ名をほめよう、主のすべてのめぐみを心にとめよう」と、どのくらい思えているでしょうか。
今日の詩篇は、「あなたも『主の慈しみはとこしえに』と神を心の奥底から誉め讃えようではないか」と私たちを招いています。


2.この詩篇に秘められた福音
さて、この詩篇103篇ですが、大いに福音的な詩篇と言われています。
みなさまもご存じのように、福音とは神からの賜物で、神がイエス・キリストによって御自身の約束を成就された「良い知らせ」です。その「良い知らせ」とは、神はイエス・キリストを通して私たちを罪の奴隷状態からあがなして(買い戻して)て、神の子としての身分を授けて下さることです。罪の赦しと死と滅びの縄目からの解放の知らせ、それが「良い知らせ」、福音です。
詩篇103篇は、今申し上げたことが主題になっているので、「大いに福音的な詩篇」と言われますが、日本語訳聖書を読むだけでは判りにくい嫌いがあります。なぜなら、翻訳では元の言葉のニュアンスを表現しきれないからです。そこで今日は、3-5節に秘められた福音を掘り起こすようにしながらお話ししてまいります。


3.この詩篇が福音である所以 ~「罪の赦し」
 103:3 主はあなたのすべての不義をゆるし、あなたのすべての病をいやし、
ここで真っ先に目が向くのは「すべての病をいやし」の文言ではないでしょうか。すると“無病息災”を期待します。しかし、主イエスを信じていようがいまいが病気になるという現実に水を差され、「聖書は信じられない」と躓いたり福音を受け取り損ねるのが関の山では無いでしょうか。
キリスト教信仰で病についての聖書的理解は非常に重要です。3節で「病」と訳されている言葉は、聖書で5回しか登場しない特別な言葉です。一般的な病気のことではなく、神に対する不義や罪への裁きとして神が下す“病”のことです。ですから、
(1)ここで約束されていることは、神は私たちのどんな病気でも癒やしてくださるということではありません。罪の裁きとしての「病」を免れさせてくださるということです。
(2)キリスト者が体験するすべての病気は、神の裁きの結果ではありません。歴史を通して私たちが知るように、病気は古き肉体を持つ者が避けられない現実です。確かに神は御心ひとつで病気を癒やすことがおできになりますが、私たちは神を試みることをせず、その病状に適した治療を受けるべきです。病気になったキリスト者に「バチが当たった」と言う心無い方が時々いますが、自分が病んだ時はどう思うのでしょうか。
(3)時代背景と文脈を無視して聖書を読むと、福音が判らないどころかとんでもない躓きのもとになります。
イザヤ53:4 【旧約聖書1021頁】 まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。
とありますように、イザヤ書でも、主イエスの十字架を通して明らかにされた、とこしえに変わることがない主の慈しみが記されており、詩篇記者が受けた「罪の赦し」の恵みを自分のたましいに言い聞かせ喜んでいます。


4.この詩篇が福音である所以 ~「贖い」
続く4節は「いのちの贖い」についてです。
 103:4 あなたのいのちを墓からあがないいだし、いつくしみと、あわれみとをあなたにこうむらせ、
と書かれている「贖い」は、
マタイ20:28 【新約聖書32頁】 …人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである
と言われた主イエスにより成し遂げられました。そして「神のいつくしみと、あわれみ」は、ナインという町に住むやもめの一人息子を主イエスが生き返らせて下さった出来事(ルカ7:11以下)に端的に現された通りです。
詩篇記者は、自分のたましいが受けた「いのちの贖い」の恵み、神の慈しみと憐れみ深さを回顧しています。


5.この詩篇が福音である所以 ~「神の国の本質」
続く5節では、神の御支配と神の国の本質、この二点について書かれています。
(1)第一に、
 103:5a あなたの生きながらえるかぎり、良き物をもってあなたを飽き足らせられる。…
この御言葉を聞く私たちは、それぞれ「良き物」を思い描く事が出来ると思います。詩篇記者が語るところの、彼の魂を飽き足らせた良き物、私たちをも満足させようとしておられる良き物の「良さ」とはどんな良さなのでしょうか。そのことが判る箇所があります。
創世記 1:3-4 【旧約聖書1頁】 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。/神はその光を見て、良しとされた。…

この「良さ」なんです。神が私たちを満足させようとしておられる物の「良さ」とは、神の目的に適って美しく優れた良さです。私たちの主でいて下さる神は、この様な良さで私たちを飽き足らせようと願っておられます、これが「良き知らせ」福音です。ですから、私たちの目と心をこの世の物で満杯にせず優先順位を考えるべき事を主イエスは繰り返し教えて下さっています。時には神の御前に静まって、神が与えようとされている良き物と自分の欲求とを比べてみては如何でしょうか。

(2)神の御支配、神の国の本質の第二は5節後半です。
 103:5b …こうしてあなたは若返って、わしのように新たになる。
「あなたは若返って、わしのように新たになる」とありますが、同じ事が記された箇所があります。
イザヤ40:30-31 【旧約聖書998頁】 年若い者も弱り、かつ疲れ、壮年の者も疲れはてて倒れる。/しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。
詩篇でもイザヤ書でも、力強く天に向かってはばたく鷲が、神の力を受けて歩む信仰者のたとえとして用いられています。このことを教理的に言えば「新生と再生の恵み」に与ることです。神によって新しく生まれさせられ、キリストに倣う生活へと入れられ、聖霊がもたらす霊的変化に与ることです。この「良い知らせ」福音が5節です。


6.私たちは、自分の魂にどう語っているか
以上お話ししたことから判りますように、詩篇記者は、彼自身が受けた神の恵み、いつくしみとあわれみを「心にとめよ、神を喜べ、ほめよ」と自分の魂に言い聞かせています。
ところで、私たちが自分の魂に言い聞かせるとすれば、どんなことをでしょうか。主イエスは、この世の人々の一般的傾向について、一つの譬え話をして下さいました。
ルカ 12:15-21 【新約聖書109頁】 それから人々にむかって言われた、「あらゆる貪欲に対してよくよく警戒しなさい。たといたくさんの物を持っていても、人のいのちは、持ち物にはよらないのである」。/そこで一つの譬を語られた、「ある金持の畑が豊作であった。/そこで彼は心の中で、『どうしようか、わたしの作物をしまっておく所がないのだが』と思いめぐらして/言った、『こうしよう。わたしの倉を取りこわし、もっと大きいのを建てて、そこに穀物や食糧を全部しまい込もう。/そして自分の魂に言おう。たましいよ、おまえには長年分の食糧がたくさんたくわえてある。さあ安心せよ、食え、飲め、楽しめ』。/すると神が彼に言われた、『愚かな者よ、あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。そしたら、あなたが用意した物は、だれのものになるのか』。/自分のために宝を積んで神に対して富まない者は、これと同じである」。
如何でしょうか。詩篇記者と「ある金持」が自分のたましいに言い聞かせたこと天と地の如く掛け離れています。
詩篇103篇は、「主イエスの譬え話の本質を霊的に洞察して自ら行いなさい」と私たちに呼ばわっていないでしょうか。


7.むすび
 103:1 わがたましいよ、主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。
 103:2 わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。
私たちも、主イエスへの信仰によって、神の「すべての恵みを心にとめ」たいものです。
とりわけ主イエスの御業を通して私たちに与えられている恵み、とこしえに変わることがない主の慈しみに心にとめようではありませんか。
また、「心にとめる」といっても、ただ心の中で有り難いとか感謝だと思うだけでなく、十把ひとからげに、たとえば「今日一日のすべての恵みを感謝します」というようにではなく、詩篇記者の様に、一つひとつの恵みを具体的に思い起こし、その一つひとつについて感謝し祈り、神を誉め讃えてまいりましょう。

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…