あなたの道を行きなさい

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

あなたの道を行きなさい

12:1 その時あなたの民を守っている大いなる君ミカエルが立ちあがります。また国が始まってから、その時にいたるまで、かつてなかったほどの悩みの時があるでしょう。しかし、その時あなたの民は救われます。すなわちあの書に名をしるされた者は皆救われます。
12:2 また地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者は目をさますでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もあり、また恥と、限りなき恥辱をうける者もあるでしょう。
12:3 賢い者は、大空の輝きのように輝き、また多くの人を義に導く者は、星のようになって永遠にいたるでしょう。
12:4 ダニエルよ、あなたは終りの時までこの言葉を秘し、この書を封じておきなさい。多くの者は、あちこちと探り調べ、そして知識が増すでしょう」。
12:5 そこで、われダニエルが見ていると、ほかにまたふたりの者があって、ひとりは川のこなたの岸に、ひとりは川のかなたの岸に立っていた。
12:6 わたしは、かの亜麻布を着て川の水の上にいる人にむかって言った、「この異常なできごとは、いつになって終るでしょうか」と。
12:7 かの亜麻布を着て、川の水の上にいた人が、天に向かって、その右の手と左の手をあげ、永遠に生ける者をさして誓い、それは、ひと時とふた時と半時である。聖なる民を打ち砕く力が消え去る時に、これらの事はみな成就するだろうと言うのを、わたしは聞いた。
12:8 わたしはこれを聞いたけれども悟れなかった。わたしは言った、「わが主よ、これらの事の結末はどんなでしょうか」。
12:9 彼は言った、「ダニエルよ、あなたの道を行きなさい。この言葉は終りの時まで秘し、かつ封じておかれます。
12:10 多くの者は、自分を清め、自分を白くし、かつ練られるでしょう。しかし、悪い者は悪い事をおこない、ひとりも悟ることはないが、賢い者は悟るでしょう。
12:11 常供の燔祭が取り除かれ、荒す憎むべきものが立てられる時から、千二百九十日が定められている。
12:12 待っていて千三百三十五日に至る者はさいわいです。
12:13 しかし、終りまであなたの道を行きなさい。あなたは休みに入り、定められた日の終りに立って、あなたの分を受けるでしょう」。
ダニエル書 12章01~13節

ダニエルの預言は、自分たちの拠り所エルサレム神殿すら破壊され、祖国からバビロンに連れ去られ、70年もの捕囚を経験するという絶望的な状況下で神の民に与えられた啓示です。
ダニエル書はヨハネの黙示録と同様に難解なようですが、中心的指針は単純です。
(1)いかに有力な権力者や強大な国々も神の御支配のもとで興亡を繰り返すが、終わりの日には神の国が完全に最終的に勝利する。
(2)その御業が成し遂げられる迄は、聖徒といえどもこの地上では苦難がある。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は幸いである。
バビロン捕囚下の困難な時代を生きた人々に、神はダニエルを通して語られました。
 12:13 しかし、終りまであなたの道を行きなさい。あなたは休みに入り、定められた日の終りに立って、あなたの分を受けるでしょう」。
私たちが迎えたこの新しい年も困難が予想されます。心配や不安もあります。「しかし、終りまであなたの道を行きなさい」と神は私たちを励ましておられます。



1.終わりの時の到来について(1~4節)
ダニエル12:1 その時あなたの民を守っている大いなる君ミカエルが立ちあがります。また国が始まってから、その時にいたるまで、かつてなかったほどの悩みの時があるでしょう。しかし、その時あなたの民は救われます。すなわちあの書に名をしるされた者は皆救われます。
「あの書」とは、
黙示録20:12 また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。
この書物のことです。
続く2節は、死者の復活について語られ、聖書で初めて「永遠の生命」という言葉が用いられます。
 12:2 また地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者は目をさますでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もあり、また恥と、限りなき恥辱をうける者もあるでしょう。
終わりの日における復活についてのより詳細な啓示は、ヨハネの黙示録の中に書かれてますが、
 12:3 賢い者は、大空の輝きのように輝き、また多くの人を義に導く者は、星のようになって永遠にいたるでしょう。
素晴らしい祝福の御言葉です。受肉後の主イエスも同様の報酬を約束しておられます。
マタイ13:43 そのとき、義人たちは彼らの父の御国で、太陽のように輝きわたるであろう。耳のある者は聞くがよい。



2.終わりの時までの期間(5~12節)
さて、5節に進むと、新しい光景がダニエルの前に出現します。
 12:5 そこで、われダニエルが見ていると、ほかにまたふたりの者があって、ひとりは川のこなたの岸に、ひとりは川のかなたの岸に立っていた。
 12:6 わたしは、かの亜麻布を着て川の水の上にいる人にむかって言った、「この異常なできごとは、いつになって終るでしょうか」と。
「ふたりの者」とは御使い、「かの亜麻布を着」た人は、受肉以前の主イエスです。ダニエルが尋ねると、
 12:7 かの亜麻布を着て、川の水の上にいた人が、天に向かって、その右の手と左の手をあげ、永遠に生ける者をさして誓い、それは、ひと時とふた時と半時である。聖なる民を打ち砕く力が消え去る時に、これらの事はみな成就するだろうと言うのを、わたしは聞いた。
二人の御使いが証人として陪席するなか、キリストが両手を天に向けて上げて厳粛に誓っています。キリストに敵対し聖なる民を打ち砕く勢力を完全消滅させる、と。
しかし、そのダニエルは、
 12:8 わたしはこれを聞いたけれども悟れなかった。わたしは言った、「わが主よ、これらの事の結末はどんなでしょうか」。
ダニエルの問いは答えられることなく、
12:9 彼は言った、「ダニエルよ、あなたの道を行きなさい。この言葉は終りの時まで秘し、かつ封じておかれます。
神のご計画により、終りの時までダニエルも誰も御言葉を悟れないように封じられていました。


3.今は終わりの時
新約聖書に、こう記されています。
Ⅰペテロ1:20 キリストは、天地が造られる前から、あらかじめ知られていたのであるが、この終りの時に至って、あなたがたのために現れたのである
Ⅰヨハネ2:18 子供たちよ。今は終りの時である。あなたがたがかねて反キリストが来ると聞いていたように、今や多くの反キリストが現れてきた。それによって今が終りの時であることを知る
現代は既に“終りの時”に入っています。ある程度御言葉の封印は解かれ、御言葉を聞いて悟ろうとする者は理解出来るようにされています。そのことが、10節で預言されています。
 12:10 多くの者は、自分を清め、自分を白くし、かつ練られるでしょう。しかし、悪い者は悪い事をおこない、ひとりも悟ることはないが、賢い者は悟るでしょう。
「自分を清め、自分を白くし」とは、いわゆる心身の“おきよめ”ではありません。聖書の文脈から解釈するなら、御言葉から神のみこころを悟り実生活で具現すること、それに伴う試練によって練り上げられること、です。「悪い者は悪い事を」とは、文字通りの“悪事”も指しますが、神と神の言葉を求めず、この世的知識を貪ることです。
私たちは、この御言葉に聞いて悟らねばなりません。現代はネットという文字通りの“網”が全世界を覆い、大洪水の様な情報が氾濫しています。聖書の預言の通り、人々は情報を集めて知識を増し力や富を得ようと血眼になってます。しかし、どれ程膨大な知識を集積して分析しようとも、今が“終わりの時”であること、この時代がどこに向かっているか、そして主イエス再臨の日に何が起きるかを全く悟ることが出来ません。ダニエルを通して語られた御言葉は現実となっています。
 12:11-12 常供の燔祭が取り除かれ、荒す憎むべきものが立てられる時から、千二百九十日が定められている。/待っていて千三百三十五日に至る者はさいわいです。
ここでは、人間には今だなお封じられている表現によって、神の御業がご計画通り成し遂げられることが啓示されています。この言葉は、ダニエルの時代の後、受肉してこの世に来られ十字架に掛かって葬られ、よみがえられ、実際にこの世界に介入してこられた方が「...者はさいわい」だと言われるだけに、凄みがあります。



4.キリスト者に相応しく、あなたの道を行きなさい
 12:13 しかし、終りまであなたの道を行きなさい。あなたは休みに入り、定められた日の終りに立って、あなたの分を受けるでしょう」。
それでもなおキリストの言葉を理解できないダニエルに、イエスは「未来に関することはそれ以上知る必要はない」と諭されました。主イエスは同じことを昇天直前に言われてます。
使徒1:6-7 さて、弟子たちが一緒に集まったとき、イエスに問うて言った、「主よ、イスラエルのために国を復興なさるのは、この時なのですか」。/彼らに言われた、「時期や場合は、父がご自分の権威によって定めておられるのであって、あなたがたの知る限りではない。
様々な異端的宗教家は浅薄な知識で御言葉をこじつけて人々を惑わしますが、私たちは分らないことは分らないとして、御言葉を信頼してその時を待ち望めばいいのです。
キリストは、「あなたの道を行きなさい」と言われます。私たちはどんなに仲睦まじい夫婦や友人でも、血が繋がった親子兄弟姉妹でも、一人一人が自分の道を行くことになります。ただ、この「あなたの道」は、勝手気ままな人生が全面肯定されているわけではありません。永遠の命に至る道を歩みなさいと奨励されています。たとえ親しい者や、他の多くの人々が神を信じずとも、私たちが断固行くべき「あなたの道」についてイエスはこう言われました。
マタイ7:13-14 狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。/命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。
「あなたの道」とは、主イエス・キリストご自身が私たちに先んじて踏み進み行き、御国まで続く足跡を残して下さった道のことです。
今や私たちには、ダニエルの時代をはるかに越えた目に見えない世界の本質、これから到来する世界、神の御国の完成に至るまでの神の支配が啓示されています。また、キリストの十字架と復活において、神の愛も私たちに明らかに示され、ダニエル以上に神の愛に応答できる恵みの時、救いの日です。
私たちは新しい年を迎えて、
12:13 しかし、終りまであなたの道を行きなさい。…
頭を上げ永遠の報いを望みつつ、終りまで私たちの道を進んで行こうではありませんか!

2018年度 メッセージ一覧

月報 2018年12月号「 あなたのおかげと言われると、何よりもうれしい 」

今年も、救い主イエス・キリストが降誕されたクリスマスを祝う時期となりました。この月報を皆さまにお配…

月報 2018年11月号 「 主イエスから学ぶ“知恵” 」

先日、私たちの教会のホームページを見られた関東在住の方が電話を下さいました。最近難病宣告を受けられ…

愛ゆえの懇願

パウロの論調は、当初の激しい憤りから、自らの使徒性についての弁証、救いの原理と律法の役割の説明と、…

荒野の果てに ~讃美歌106番~

クリスマスになると、様々な讃美歌が教会の内外で歌われ演奏されます。また、聖書に記されたクリスマスの…

もろびとこぞりて ~讃美歌112番~

讃美歌112番 クリスマスに歌われる讃美歌には情景を歌う曲が多いですが、今日取り上げる讃美歌112番 「も…

くしき星よ闇の夜に ~讃美歌118番~

今年もクリスマスが近づいてきました。世界中で、平和で喜びあふれるクリスマスが祝われることを心から願…

命を勝ち取ろう

ここで言われていることは、直接的には、 (1)エルサレム滅亡(西暦70年)迄に、弟子たちが受ける試錬 (2)こ…

惑わされぬように

自分の将来に希望を見出せず落ち込む時、どうすれば良いのでしょうか。イエス・キリストの言葉に信頼する…

報いてくださる神

「報い」とは、善行や悪業の結果として身に受けるもののことを言います。また一般には、報いを期待した行…

命の源、キリスト

今日の聖書箇所では、イエスの方から畳みかけるように問いかけても答えは出されない、不思議な箇所です。 …

神は生きている者の神

近年は、終活(死を迎える準備)への関心が高まってきている様ですが、死後についてはどうなんでしょうか。…

神のものは神に返す

私たちキリスト者はこの世から贖い出された存在ですが、現実逃避や隠遁生活を聖書は勧めていません。むし…

月報 2018年10月号 「 自然を見抜く目 」

今年の日本は、災害並みの猛暑、希に見る豪雨、大地震、猛烈な台風と言った自然災害に次々襲われました。…

神の愛と人のエゴ

ぶどう園を造って農夫たち(小作人)と賃貸契約を結び、収穫期にしもべを遣わして主人の取り分を受け取る、…

もはや僕(しもべ)ではない

律法の下に、律法を守ることを至上と考えて生きてきた人々にとって、律法ではなく信仰、人は信仰によって…

キリストの権威

今日の出来事は19章45節以下に記された“宮きよめ”の続きです。 1.「何の権威によるのか」 20:1 ある日…

平和への道(3)

今朝は、三回にわたる「平和への道」と題した説教の最終回です。これまで、(1)神との平和を知らない罪人に…

月報 2018年9月号 「 命の健康診断 」

9月5日(水)NHKの「ガッテン!」で、『86万人の自宅に届く!乳がんで死なないための切り札をあなたへ』が放映…

月報 2018年8月号 「 わたしの魂もあなたを慕いあえぎます 」

喘ぐような暑が続くと、標記の御言葉を思い出しますが、聖書には、炎暑に喘ぐ私たちを励まし慰める聖句が…

平和への道(2)

1.エルサレムに入ろうとされるイエス エルサレムは、ユダヤの国の都であると同時に、神の救いの御業が進展…

平和への道(1)

平和への思いは、日本の元号にも込められてきました。「平成」とは、“国の内外、天地とも平和が達成される…

信仰と報い

この譬えで「ある身分の高い人」、「主人」とは、もちろんイエスご自身です。まずはじめに、譬えを通して…

救いの訪れ

「イエスがエリコに近づかれたとき」の出来事に続く出来事で、教会学校でも良く用いられる箇所です。 19:1…

信仰があなたを救う

主イエスによる癒やしの奇跡は、イエス・キリストが神であり、人を死と滅びから救い出して永遠の命を与え…

月報 2018年7月号 「 愛で、覆(おお)う 」 

聖書は、信仰によって大洪水から救われたノアをこう記します。「ノアはその時代の人々の中で正しく、かつ…

人にはできずとも神にはできる(3)

「人にはできずとも神にはできる」三回シリーズは、 ルカ18:18 また、ある役人がイエスに尋ねた、「よき師…

人にはできずとも神にはできる(2)

今日は、先週に引き続き、「人にはできずとも神にはできる」その2と題して、ルカ18章18節から30節の御言葉…

人にはできずとも神にはできる(1)

今日の出来事は、マタイ、マルコも記してます。これらをあわせて読むと、彼は若くて人望があり、しかも裕…

律法の役割

人々の救いが神様の約束に基くものであり、ただキリスト・イエスを信じる信仰によるものであるならば、律…

約束と律法

ガラテヤの教会の人々が陥った誤ちは、自分たちの救いに律法の行いが不可欠であると、考えたことであった…

イエスと幼子

イエスが、連れて来られた病人とか悪霊に取りつかれた人たちに触れていやした出来事や、病人たち自らイエ…

月報 2018年6月号 「 その日、その時 」 

この「その日その時」とは、聖書の預言で唯一成就を待っているその日その時のことです。この日のことは、…

高ぶる者は低くされる

はじめに 「目は心の鏡」という諺があります。『目はその人の心を映し出す鏡のようなものだから、目を見れ…

私たちは失望しない

「私たちは失望しない」です。どんな望みを失わないのか。終わりの日に於ける主イエスの再臨であり、完成…

終末に備える

私たちの世界の中に神の国は、最初のクリスマスに主イエス・キリスト降誕と共に来ていることを聖書は証し…

神の国はいつ来るか

今日から三回に分けて「神の国」に関して聖書からお話しします。今日の箇所は、 17:20a 神の国はいつ来る…

信仰があなたを救う

私たちは、お医者さんから「病気は完治しましたよ」、「手術は成功しましたよ」と言われると飛び上がらん…

月報 2018年5月号 「 神の愛がわたしたちの心に注がれている 」 ~ペンテコステ(聖霊降臨)記念日にちなんで~

ペンテコステ(聖霊降臨)は、クリスマスとイースターに優るとも劣らぬ大きな喜びと感謝に満ちた主の日です…

心刺され、いやされる ~ペンテコステ(聖霊降臨日)記念礼拝 ~

「この曲った時代から救われよ」。これはペンテコステ(聖霊降臨日)の中心的メッセージです。今日は、世界…

魂のへの配慮

今日の聖書箇所では、後ろから遡ることで文脈がはっきりしてきます。 (1)7-10節、しもべの主人に対する謙…

人生を正すは聖書のみ

私たちは様々な知恵や知識に関心を持ちます。ところが、死後に関してはけっこう無頓着でいます。それも無…

信仰の祝福

教会の歴史は、ある意味、異端との戦いの歴史でもあります。ガラテヤ人への手紙は、ガラテヤの教会に入り…

神はあなたの心をご存じ

欲の深いパリサイ人たちが、すべてこれらの言葉を聞いて、イエスをあざ笑った。(16:14)とありますが、これ…

月報 2018年4月号 「 キリストがよみがえらされた如く、あなたも 」

キリストはよみがえった!このキリスト復活の喜びは深く大きな喜びです。フェイク(偽物)やプロパガンダ(政…

真の富を任せられる人

イエスが語る例え話は、私たちの身近な事柄を通して、目に見えない世界の永遠の事に気付かせてくれます。…

(あなたの)よみがえりの確かさ

自分が何を信じているか深く考えることはとても大事です。日本人の場合は、専ら「先祖等からの言い伝え」…

新たに生きる望み

「ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神は、その豊かなあわれみにより… 」この「…

希望への道標

来週はイエス・キリストのよみがえりを記念するイースターですが、その三日前に、イエス・キリストは十字…

信仰に生きる覚悟

まず最初に、はっきりさせたいことが二点あります。 まず第一に、今日の主題です。それは、26, 27, 33節で…

月報 2018年3月号 「 春の雨 」

いよいよ春です。そこで「春」が聖書にどの様に使われているか調べてみました。すると、「春の雨」(「後の…

命に至る終活

終活とは、人生の終わりのための多岐にわたる多様な活動の総称です。マスコミで頻繁に取り上げられ、「終…

一緒に喜ぼう

今日は、“福音書中の福音書”とか「放蕩息子のたとえ」と呼ばれる有名な箇所です。先週の二つの譬えに続い…

私を見出して下さる神

私を見出して! 現代人の多くの方々が、ツイッター、フェイスブックやLINEと言ったSNS(ソーシャル・ネット…

2018年2月18日(日) 聖日礼拝 「おもてなしを拒む頑なさ」

先週、主イエスは「まことのおもてなし」について聖書から学びましたが、 14:15 列席者のひとりがこれを…

月報 2018年2月号 「 凍える寒さを知る人 」

冒頭から私事で恐縮ですが、居室から廊下に出ると気温は氷点下、せいぜい5℃の日が長く続きました。給湯…

まことのおもてなし

「お・も・て・な・し」、素敵な言葉です。2013年9月のIOC総会で、東京にオリンピックを招致するアンバサ…

まことの謙遜

上座と下座とを峻別し自分の分を弁えた席に着くことは、その人自身の評価に繋がることです。 1.譬えのあ…

愛を割り引く身勝手

イエスが「安息日に人をいやす」出来事はルカによる福音書では三度目です。これほど繰り返されるのは、私…

キリストによる平和(2)

今朝も、先週に引き続き今年の教会標語聖句、 3:15a キリストの平和が、あなたがたの心を支配するように…

月報 2018年1月号 「 信仰によって 」

今もなお多くの人に愛されている著名な説教者がこう書いています。 「『あなたの御言葉はなんですか』」と…

キリストによる平和

会員総会が礼拝後もたれる今朝は、今年の教会標語聖句を含む一つの段落からお話しします。 教会の標語聖句…

あなたの道を行きなさい

ダニエルの預言は、自分たちの拠り所エルサレム神殿すら破壊され、祖国からバビロンに連れ去られ、70年も…