2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

94:12 主よ、あなたによって懲らされる人、あなたのおきてを教えられる人はさいわいです。
94:13 あなたはその人を災の日からのがれさせ、悪しき者のために穴が掘られるまで/その人に平安を与えられます。
94:14 主はその民を捨てず、その嗣業を見捨てられないからです。
94:15 さばきは正義に帰り、すべて心の正しい者はそれに従うでしょう。
94:16 だれがわたしのために立ちあがって、悪しき者を責めるだろうか。だれがわたしのために立って、不義を行う者を責めるだろうか。
94:17 もしも主がわたしを助けられなかったならば、わが魂はとくに音なき所に住んだであろう。
94:18 しかし「わたしの足がすべる」と思ったとき、主よ、あなたのいつくしみは/わたしをささえられました。
94:19 わたしのうちに思い煩いの満ちるとき、あなたの慰めはわが魂を喜ばせます。
詩編 94篇12~19節

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。その多くは、誰もが遭遇するような人生の危機体験です。その時の詩篇記者がどんな状態だったか、そこからどうやって再起できたか、神を讃美するまでに至ったか、それらが告白されています。
今日の詩篇では、驚かれるかもしれませんが、記者の敵に対する復讐心がむき出しになっています。主イエスは「敵をも愛せよ」と教えておられることを思うと奇異にさえ感じます。しかし注意して読み進めると、自分が復讐を遂げることではなく、神が復讐して下さることを訴えています。憎い敵に自分の手で報いたいのが人情でしょう。しかし詩篇記者は、葛藤し動揺しながらも神に向き合い祈るうちに、「わたしのうちに思い煩いの満ちるとき、あなたの慰めはわが魂を喜ばせます。」( 詩94:19)との喜びに至ったのです。


1.復讐の訴え
まず、詩篇記者が置かれていた状況をお話ししましょう。
94:1 あだを報いられる神、主よ、あだを報いられる神よ、光を放ってください。
94:2 地をさばかれる者よ、立って 高ぶる者にその受くべき罰をお与えください。
94:3 主よ、悪しき者はいつまで、悪しき者はいつまで勝ち誇るでしょうか。
「光を放ってください」は、「はっきりと姿を現わして下さい」との訴えです。

2.復讐を訴える背景
復讐心が燃え上がった事情をこの時の詩篇は記しませんが、預言者エレミヤが復讐を祈り求めた時の事情についてはこう書かれています。
エレミヤ11:19-20 しかしわたしは、ほふられに行く、おとなしい小羊のようで、彼らがわたしを害しようと、計りごとをめぐらしているのを知らなかった。彼らは言う、「さあ、木とその実を共に滅ぼそう。生ける者の地から彼を絶って、その名を人に忘れさせよう」。/正しいさばきをし、人の心と思いを探られる万軍の主よ、わたしは自分の訴えをあなたにお任せしました。あなたが彼らにあだをかえされるのを 見させてください。
彼は、腐敗・堕落した祭司たちを非難し悔い改めを迫りました。ところが驚いたことに、その祭司たちが住むエレミヤの故郷の人々は、エレミヤを厄介者と見なし暗殺を目論んだのです。

3.「復讐」に違和感を感じる人々もいる
この様な敵への報復の祈りは、敵をも愛せよとの教えに親しむ方々には奇異に感じるのでしょう。そのためか、カトリックで朝夕の祈りに使う詩編訳「教会の祈り」では、報復をごく穏やかに訳しています。
カトリック詩編訳「教会の祈り」94:1 裁きを現す神、ヤーウェ、光り輝いてください。
新共同訳聖書 詩篇94:1 主よ、報復の神として 報復の神として顕現し
原文に忠実なのはもちろん新共同訳聖書です。自分が思い描く「信仰深さ」で御言葉を覆うことは、本音で真剣に神と向き合う信仰者の祈りを封じたり、偽善的な祈りを助長することにもなりかねません。

4.聖書は復讐を肯定するか?
復讐心は、程度の差こそあれ、生身の人間が持つ偽らざる本音ではないでしょうか。こんな言葉が聖書にあります。
創世記4:23-24 レメクはその妻たちに言った、 「…わたしは受ける傷のために、人を殺し、 受ける打ち傷のために、わたしは若者を殺す。/カインのための復讐が七倍ならば、 レメクのための復讐は七十七倍」。
これでは泥沼の報復合戦が際限無く続くことは、人類の歴史、教会の歴史から明らかです。だからと言って「信仰者が神に復讐を祈り願うなど、もってのほかだ」と決めつけてしまうのも乱暴です。聖書は復讐についてどう教えているか、御言葉に聞くべきです。パウロは、申命記32:35を引用しています。
ローマ12:19 愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。
復讐を願って良いのですが、その憎悪の矛先を相手に向けるのではなく、その思いを神に御前に携え行き、本音の祈りを通して神と膝詰め談判するのです。
正にこの事が今日の詩篇に記されています。

5.祈りの力の源
しかし、祈ると言ってもそう簡単な事ではありません。その原動力が必要です。確かに相手への怒り憎しみが原動力になり得ますが、神が義なるお方であることの信頼こそ祈りの原動力です。では、「義なる神」とはどの様なお方でしょうか。
●王として「報復、復讐」の権能を持つお方
そもそも「報復、復讐」とは、人間社会で真っ当な法的手続きが行われないか、あるいはそれが破綻したような時に、正義を行う、あるいは正義を回復する行為です。私たちの主でいて下さる神は、万物を創造し支配しておられます。それゆえ、神は物事の秩序を回復し自分の権威を守る権利と責任を持つ王でもあられます。ですから、神による「報復、復讐」とは義なる神の権能であって、神の定めた正義が人間社会で行われず破綻したような所に正義を回復する行為です。
へブル10:30 「復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と言われ、また「主はその民をさばかれる」と言われたかたを、わたしたちは知っている。
新約の時代にあっては、神の御子イエス・キリストが「報復、復讐」の権能を持っておられ、主イエスは既にエルサレムを裁き、この世をも終わりの日に最終的に裁かれます。

6.神は祈る者を訓練される
94:12 主よ、あなたによって懲らされる人、あなたのおきてを教えられる人はさいわいです。
12節で詩人は自分自身と同様に、「神によって懲らされる人」、「神のおきて教えられる人」はさいわいだと言っています。神は、御言葉に聞き祈る人を懲らす、つまり訓練されます。その訓練とは、神の「おきて」すなわち御心を教えることで、親が子を躾けるのと同様です。神に訓練される人は、神の奥義と人生のより深い意味と忍耐とを学び取り、「神の御前に富む人」へと成長するのでさいわいです。

7.神に訓練された者の新たな確信
94:13 あなたはその人を災の日からのがれさせ、悪しき者のために穴が掘られるまで その人に平安を与えられます。
94:14 主はその民を捨てず、その嗣業を見捨てられないからです。
94:15 さばきは正義に帰り、すべて心の正しい者はそれに従うでしょう。
霊的訓練を受けた詩篇記者の心の中からは、悪人への怒りに代わって、主の恵みと慰めへの期待が溢れてきてます。そして詩篇記者の口からは、神に対する全幅の信頼が溢れ出ます。
94:16 だれがわたしのために立ちあがって、悪しき者を責めるだろうか。だれがわたしのために立って、不義を行う者を責めるだろうか。
それは他ならぬ義なる神、あなたですと。

8.「神の訓練」を受けた者の喜び
94:17 もしも主がわたしを助けられなかったならば、わが魂はとくに音なき所に住んだであろう。
94:18 しかし「わたしの足がすべる」と思ったとき、主よ、あなたのいつくしみは わたしをささえられました。
94:19 わたしのうちに思い煩いの満ちるとき、あなたの慰めはわが魂を喜ばせます。
もし、神の救いがなかったら、私の魂は滅びの世界に墜ちていた。だが、私の人生が崩壊の危機に瀕した時、いつくしみ深い神は私を支えて下さった、と神を誉め讃えています。
19節は、J.S.バッハのカンタータ第21番の第二曲の合唱でも歌われています。

結び 詩篇を通してイエスを仰ぎ見る
94:1 あだを報いられる神、主よ、あだを報いられる神よ、光を放ってください。
「光を放ってください」とは、はっきりと姿を現わして下さいとの訴えです。既に神はイエスによって答えて下さりました。。
ヨハネ8:12 …「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつであろう」。
主イエスは、罪の支配と滅びから人を救うために働かれたが故に、罪の支配に留まる人々から攻撃されました。
ルカ6:22-23 人々があなたがたを憎むとき、また人の子のためにあなたがたを排斥し、ののしり、汚名を着せるときは、あなたがたはさいわいだ。/その日には喜びおどれ。見よ、天においてあなたがたの受ける報いは大きいのだから。彼らの祖先も、預言者たちに対して同じことをしたのである。
主イエスは地上の御生涯の間、病をいやし悪霊から解放し死人をよみがえらせ、神殿を清め、御自身墓からよみがえられました。ウエストミンスター小教理問答 問26「キリストは、どのようにして王の職務を果たされるか」にある通りで、主イエスはこの世界の王であり、罪の支配に勝利しておられることを証しされました。
ヨハネ16:33 これらのことをあなたがたに話したのは、わたしにあって平安を得るためである。あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」。
この主イエス・キリスト主イエスが私たちの王であり、救い主であり、友でいてくださることこそ、私たちの慰め、また喜びです。
ローマ12:19 愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。
94:19 わたしのうちに思い煩いの満ちるとき、あなたの慰めはわが魂を喜ばせます。
旧約時代の信仰者たち、主イエスと弟子たち、初代教会の殉教者たち、彼らの生き様・死に様は、この御言葉が真実であることを雄弁に語っています。彼らは、この世の悪の力に負けて葬り去られたのではありません。彼らは、憎しみと暴力による復讐を叫ぶことこそしませんでしたが、この世界の王であるお方、彼らの主でいて下さる神の報復に委ねて祈りました。そして、後々のあらゆる状況下におかれる信仰者たちへの“証人”となっていったのです。


■この日の信仰告白
ウェストミンスター小教理問答 問21、23、26
http://www.rcj-net.org/resources/WCF/text/index.htm
■この日の讃美歌
 22番「めさめよ、わがたま あさ日にともない」
 344番「とらえたまえ、わが身を」
 523番「身に負いえぬ悲しみは」 
※歌詞とメロディーは下記をご覧下さい。
https://www.rcj.gr.jp/izumi/sanbi/sanbisen.htm

 

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…