2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

115:1 主よ、栄光を/われらにではなく、われらにではなく、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、ただ、み名にのみ帰してください。
115:2 なにゆえ、もろもろの国民は言うのでしょう、「彼らの神はどこにいるのか」と。
115:3 われらの神は天にいらせられる。神はみこころにかなうすべての事を行われる。
115:4 彼らの偶像はしろがねと、こがねで、人の手のわざである。
115:5 それは口があっても語ることができない。目があっても見ることができない。
115:6 耳があっても聞くことができない。鼻があってもかぐことができない。
115:7 手があっても取ることができない。足があっても歩くことができない。また、のどから声を出すこともできない。
115:8 これを造る者と、これに信頼する者とはみな、これと等しい者になる。
115:9 イスラエルよ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
115:10 アロンの家よ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
115:11 主を恐れる者よ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
詩編 115篇01~11節

■オンライン礼拝式次第
1.奏楽   前奏曲 鷲見五郎オルガン曲集より
2.主の祈り
3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」
4.牧会祈祷
5.聖書朗読 詩篇115篇1~11節
6.説教 「主は我らの助け、また盾(2)」
7.讃美歌 382番1,3節 「いざやともに いさみすすめ」 ※当教会では初出
8.祝祷
9.後奏   「神のみわざこそ  Was Gott Thur,das it’s wohlgethan 」

 

※礼拝開始前の奏楽「天使の糧 セザール・フランク Panis angelicus-César Franck 」並びに礼拝中の奏楽は、全てYouTube上の「リードオルガンの部屋」のものを使わせて頂きました。
https://www.youtube.com/channel/UCIzbz4QzSw7OosQia3JttTQ

この場を借りて、心より御礼と感謝を申し上げます。

■説教 「主は我らの助け、また盾(2)」
1.前回のおさらい
(1)栄光を、主に帰させて下さい!
   115:1 主よ、栄光を/われらにではなく、われらにではなく、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、ただ、み名にのみ帰してください。
「主に栄光を帰する」とは、「この栄誉は私たちの主のおかげです」と神がどういうお方か言い表すことです。幾度も試煉・戦いを経験した詩篇記者は、今また新たな試煉の真っ只中にあって主に訴えています。「私たちは今また艱難辛苦に喘いでいますが、これを乗り越え勝利する時も『私たちの主なる神、あなたのおかげです』と誉め讃えさせて下さい」と。

(2)社会が動揺するとき、信仰に立てば嘲られる
いつの時代も社会に不安が生じると、私たちが信じる聖書の神と、主イエスへの信仰を鮮明にする人々が嘲られるのはしばしばです。しかし詩篇記者は萎縮すること無くこう言い切っています。
   115:2 なにゆえ、もろもろの国民は言うのでしょう、「彼らの神はどこにいるのか」と。
こうした事例を聖書に求めれば枚挙にいとまがありませんが、特に印象的な出来事を二つお話しします。
1)歴史上類い希な残忍さで恐れられたアッスリヤがエルサレムを包囲して、己の戦果を誇示して嘲りました。
  列王下19:10-12 「…あなたの信頼する神に欺かれてはならない。あなたはアッスリヤの王たちがもろもろの国々にした事、彼らを全く滅ぼした事を聞いている。…その国々の神々は彼らを救ったか。
しかし国王ヒゼキヤの信仰は挫かれず国は守られ、アッスリヤが滅亡の坂道を転げ落ちて行きました。
2)神の御子イエス・キリストですら十字架上で嘲られました。
  マタイ 27:4 …いま十字架からおりてみよ。そうしたら信じよう。
しかし、救いの御業を全うした御子イエスはよみがえらされ、神の栄光の座に就いておられます。

(3)試煉ですら神の御手の業である
   115:3 われらの神は天にいらせられる。神はみこころにかなうすべての事を行われる。
この3節は、「神の御心と御業が人間の思いを遙かに超えること、天と地が掛け離れている如くである。私たちが窮地に追いやられているのは、敵が強いからでは無く、神の目的があってのことだ」と言い切って、神に栄光を帰しています。故事に「艱難汝を珠にす」というのがありますが、聖書は艱難に込められた神の意図をこう言っています。
  Ⅰペテロ1:7 こうして、あなたがたの信仰はためされて、火で精錬されても朽ちる外はない金よりもはるかに尊いことが明らかにされ、イエス・キリストの現れるとき、さんびと栄光とほまれとに変るであろう。
また、
  Ⅰコリント10:13 あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。
私たちは、艱難に遭っても御言葉に信頼できるので、神に栄光を帰していけます。


2.私たちの神は、生きて働かれる
さて、4節から7節ですが、「擬人化」という表現手法を用いて、私たち読者の心を真の神に向けさせます。
4節、「偶像は…人の手のわざ」! 真逆だ! 私たち人間が創造主なる神の御手のわざだ!
5節、「口があっても語ることができない」?! 先週の説教通り、私たちの神は「語る神」だ!
  イザヤ 55:10-11 天から雨が降り、雪が落ちてまた帰らず、地を潤して物を生えさせ、芽を出させて、種まく者に種を与え、食べる者にかてを与える。/ このように、わが口から出る言葉も、むなしくわたしに帰らない。わたしの喜ぶところのことをなし、わたしが命じ送った事を果す。
5節、「目があっても見ることができない」?! 私たちの神は、
  詩篇33:13-15 主は天から見おろされ、すべての人の子らを見、/そのおられる所から/地に住むすべての人をながめられる。/主はすべて彼らの心を造り、そのすべてのわざに心をとめられる。
6節、「耳があっても聞くことができない」?! 私たちの神は、讃美と祈りに耳を傾けて聞いて下さる。
6節、「鼻があってもかぐことができない」?! 真の神は、この様なかおりをかがれるお方だ!
  ピリピ4:18 わたしは…あなたがたの贈り物をいただいて、飽き足りている。それは、かんばしいかおりであり、神の喜んで受けて下さる供え物である。
7節、「手があっても取ることができない」?! 神は最後の晩餐の席上、手ずから聖餐式を制定して下さった!
  マタイ 26:26-28 一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福してこれをさき、弟子たちに与えて言われた…/また杯を取り、感謝して彼らに与えて言われた、「みな、この杯から飲め。/これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。
7節、「足があっても歩くことができない」?! 主イエスは、失われた羊を探す羊飼いの様に、救いを求める  “貧しい”罪人たちを捜し求めて訪れて下さった如く、私をも尋ねて下さった!
7節の「のどから声を出すこともできない」とは、偶像が「語れない」どころか、獣の様な唸り声すら出せないことを言っています。


3.私たち現代人の偶像
   115:8 これを造る者と、これに信頼する者とはみな、これと等しい者になる。
ここで私たちが注意すべきことがあります。聖書は、“その時代の人々がいのちの拠り所としたモノ”と対比させながら、主こそ生きて働かれる真の神であることを論証していることです。そのうえで「いのちがないモノに信頼せず、“医学的な命”以上のいのちを与えて下さるお方に信頼しなさい」と勧めています。ですから、詳しい話しは別の機会にしますが、医学的な生命以上の「いのち」をもたらせない物事や人間への過度な依存、拝金主義に代表されるあくなき欲望追求や、不義・不品行、情欲に溺れることも“偶像に仕える”ことです。そこに留まり続けるとき、旧約時代の偶像に信頼した人々同様となってしまいます。


4.まことの神に信頼せよ
9節から11節では、「イスラエルよ」、「アロンの家よ」、「主を恐れる者よ」と、三通りの呼び名で私たちに呼びかけています。
   115:9 イスラエルよ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
   115:10 アロンの家よ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
   115:11 主を恐れる者よ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。
(1)「イスラエル」とは、旧約時代はアブラハムとの血縁関係にある人々を指しました。しかし主イエスは、「イスラエル」とは神の御子イエス・キリストへの信仰によって救いの契約に与った人々だと教えて下さいました。
(2)「アロンの家」とは、祭司の務めに与る人々のことです。エルサレム神殿無き後も、神に仕え、御言葉を正しく携え、人々に神の御心を伝え、彼らが神の祝福に与れる様に働く人々が「アロンの家」の人です。
(3)「主を恐れる者たち」、神の御前に謙る人々です。
このような名誉ある三通りの呼び名をもって、あなたは「主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である」と三度も繰り返されます。よみがえりの主がペテロに三度問いかけた如く、聖書はこう語ります。
・「主に信頼せよ」
  ローマ10:11 聖書は、「すべて彼を信じる者は、失望に終ることがない」と言っている。
・「主は彼ら(主に信頼する人々)の助け」
  ヨハネ14:26 しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう。
・「主は彼ら(主に信頼する人々)の盾」
  エペソ6:16 その上に、信仰のたてを手に取りなさい。それをもって、悪しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう。
このように聖書は「あなたは、目の前の現実をいたずらに恐れるな。その先のことも思い煩うな。今は、まず、神に信頼して、己の為すべきことに励みなさい!主である私が守る」と私たちを励ましているのです。


結び
昨今のコロナ禍を克服すべく、命懸けの最前線で、また“兵站※(へいたん)”の任務に、孤立無援の方々の支援にと、大勢の方々が想像を絶する忍苦をもって働いておられます。そして私たちキリスト者は、この戦いに於ける霊的で一人ひとりの魂に関わる事柄、私たち信仰者ならではの任務へと招かれています。主は「イスラエルよ、アロンの家よ、主を恐れる者よ」との誉れ高い名でもって私たちを呼ばわっています。しかし、そのような栄えある任務であっても、時には嘲られ落胆もします。信仰の真価が、金が精錬される如く試みられます。主はその事もご存じです。だからこそ「主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である」と三度も繰り返して励まして下さっているのです。私たちが「勝利できたのは、あなたのおかげです」と主に栄光を帰せられる日は近いです。

 ※「兵站」  軍隊組織が戦闘能力を維持するために必要な雑務の総称。戦場の後方にあって、作戦に必要な物資の補給や整備・連絡などにあたる。実際に戦闘を行う部隊よりもはるかに巨大な部門で、現代では総兵員数の9割以上を占めるほどです。

 

 

 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…