2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

都もうでの歌
121:1 わたしは山にむかって目をあげる。わが助けは、どこから来るであろうか。
121:2 わが助けは、天と地を造られた主から来る。
121:3 主はあなたの足の動かされるのをゆるされない。あなたを守る者はまどろむことがない。
121:4 見よ、イスラエルを守る者は/まどろむこともなく、眠ることもない。
121:5 主はあなたを守る者、主はあなたの右の手をおおう陰である。
121:6 昼は太陽があなたを撃つことなく、夜は月があなたを撃つことはない。
121:7 主はあなたを守って、すべての災を免れさせ、またあなたの命を守られる。
121:8 主は今からとこしえに至るまで、あなたの出ると入るとを守られるであろう。
詩編 121篇01~08節

★式次第
1.奏楽 J.S. Bach  「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」
  https://www.youtube.com/watch?v=32XUlfd6Mto
2.使徒信条
  http://www.jujochurch.org/pages/shitoshinjo.htm
3.讃美歌 301番 「山べにむかいてわれ 目をあぐ」
  https://www.youtube.com/watch?v=A0bsNPbuaGY
4.牧会祈祷
5.聖書朗読 詩篇121篇1~8節 (旧約聖書863頁)
6.説教 「我が助けはどこから来るか」
7.讃美歌 183番1、2節 「主のみたま くだりまし」  ※当教会初出です
  https://www.youtube.com/watch?v=XggPr7L5hXA
8.献金、献金感謝祈祷
9.讃美歌 183番3、4節 「主のみたま くだりまし」
10.祝祷
11.後奏 J.S.Bach  「Komm, heiliger Geist, Herre Gott  来たれ聖霊、主なる神」
  https://www.youtube.com/watch?v=sZqQHddiozM

※奏楽は、全てYouTube上の「リードオルガンの部屋」のものを使わせて頂きます。
この場を借りて、心からの感謝と御礼を申し上げます。

 

★説教 「我が助けはどこから来るか」

1.主題
今日の詩篇の主題は、主なる神への全幅の信頼です。
エルサレム巡礼に旅立とうとしている詩篇記者がいます。遙かにそびえる山々を見て、彼の脳裏を「良きサマリヤ人の譬え」(ルカ10:30以下)で暗示されている“道中の危険”がよぎったことでしょう。しかし彼は歌います、「わが助けは、天と地を造られた主から来る」と。
すると、見送る家族や友人たちは旅人を励まし祝福して、「主はあなたを守る」と六回も繰り返し歌います。こうして全幅の信頼が歌い交わされています。
今日はまず第一に、私たちも主なる神に全幅の信頼を置くべき事をお話しします。なぜなら、コロナ禍は収束しつつあるように見えます。しかし本当の試煉は今からだからです。コロナ禍で激しく試みられ深い痛手を被った人生と社会の仕組みをどう立て直していくかという試煉です。
そして、第二に、私たちの助けは天と地を造られた主から既に来ていることを新約聖書からお話しします。


2.「全幅の信頼」
   121:1 わたしは山にむかって目をあげる。わが助けは、どこから来るであろうか。
巡礼者は、もちろん舗装などされてない道を自分の足で歩いて旅をしなければなりません。そして彼の目には、上から押しっぶすように行く手を阻む山々が映っているのでしょう。1節は「私の助けは、どこから来るだろうか」と、現実の不安とおののきを正直に包み隠さず言い表しています。しかし、どんなに険しい山々であっても視線はせいぜい30度あるいは45度上向く程度です。詩篇記者は目を、天と地を、もちろんその山々も造られた主に向けて歌います。
   121:2 わが助けは、天と地を造られた主から来る。
この「天地の造り主」は、神への全幅の信頼を言い現すときの「決まり文句」です。万物の起源の信仰表明だけではありません。「万物が神の意思によって造られ保たれている。なれば、そこで起こる一切の出来事も、また神の摂理に依っている」と。この全幅の信頼が「天と地を造られた主」との言葉に込められています。
「わが助けは、天と地を造られた主から」きます。だからあれこれと思い煩うことは無いのです。
すると旅人を見送る人々も、神への全幅の信頼を歌います。なんと「主が守る」と6回も繰り返されます。
   121:3 主はあなたの足の動かされるのをゆるされない。あなたを守る者はまどろむことがない。
   121:4 見よ、イスラエルを守る者は/まどろむこともなく、眠ることもない。
旅人が悪路を歩む間も足がよろけないように、主は居眠りなどせず守って下さる、と歌ってます。更にそして、「見よ」との強い言葉を使って、このお方は寝ずの番をして神の民一人ひとりを守っていて下さるのだ、と全幅の信頼を歌っています。
私たちは普段、誰かが自分の為に寝ずの番をしてくれていると思うことは滅多に無いでしょう。私の経験で恐縮ですが、その有り難みを痛感した出来事をお話ししたいのです。ここ二年連続でICU(集中治療室)のお世話になりました。20区画ほどあって、一晩中あっちこっちでモニターのアラームが鳴り響いているんですね。他人事だとウトウトまどろんでますとハッと気付いたのです。自分のアラームが鳴ってるんです、怖かったですが、直ぐに看護師さんが来て「ああ、これは大丈夫ですよ。いざという時にはドクターが直ぐ来ますから」と言ってくれました。この時は、自分の為に寝ずの番をしてくれている人がいることの有り難みを痛感しました。
本題に戻り、5節です。
   121:5 主はあなたを守る者、主はあなたの右の手をおおう陰である。
この5節は、新共同訳聖書の訳が判りやすいです。
  新共同訳聖書 詩篇121:5 主はあなたを見守る方/あなたを覆う陰、あなたの右にいます方。
ここで「陰」とは、かばって守ることだと判ります。変な譬えで恐縮ですが、TVで「遠山の金さん」等のヒーローが悪党の前に立ちはだかり、襲われた人に「私の陰にいなさい」と言って守る場面を思い出して下さい。6節は、このような全人格・全存在の守りを歌っています
続く6節、
   121:6 昼は太陽があなたを撃つことなく、夜は月があなたを撃つことはない。
「主の守り」が、太陽と月の光が遮られた「陰」のイメージで告白されています。私たちは「昼は太陽があなたを撃つ」は良く判ります、日射病ですね。しかし月を愛でる風習がある私たちにとって「夜は月があなたを撃つ」は理解し難いです。しかし当時の考え方が判ると納得出来ます。マタイによる福音書4:24、17:15に「てんかん」を患う病人が登場しますが、「てんかん」の原意(もともとの意味)は「月に打たれた」です。古代は、「月」がてんかんを引き起すと考えられてましたので、6節の様な表現で四六時中の守りが歌われたのです。


3.「全幅の信頼」に応えて下さった神
さて、聖書を読む私たちは、「じゃあ神は『全幅の信頼』にどう応えて下さったのか」が気になるところです。
今から、神は既に素晴らしい御業で応えて下さっていることを新約聖書からお話しします。
(1)まず、神は御子イエスを「助け主」として天から遣わして下さりました。
  Ⅰペテロ1:20(新約367頁) キリストは、天地が造られる前から、あらかじめ知られていたのであるが、この終りの時に至って、あなたがたのために現れたのである。
さらに、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり、天にのぼられた主イエスについてこう証言されています。
  Ⅰヨハネ2:1(新約376頁) …父のみもとには、わたしたちのために助け主、すなわち、義なるイエス・キリストがおられる。
その主イエスは、こう言われました。
  ヨハネ14:26(新約166頁) …助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう。
弟子たちとともに生きたイエスの身体的臨在に変わる助け主が約束されました。
(2)そして、主イエスは「助け主」を遣わして下さりました。
使徒行伝2章に記されたペンテコステの出来事がそうです。今日はこの神の御業を記念する礼拝です。
このように新約聖書を読んでいくと、詩篇121篇は「助け主」としてのイエス・キリストのご降臨とペンテコステとを指し示していることに気付かされます。
(3)今や、「助け主」は我が内におられます。
ペンテコステは、遠い時代の遠い国での、私たちと無縁の出来事ではありません。私たちキリスト者の霊的現実がこう記されています。
  Ⅰコリント6:19(新約262頁) あなたがたは知らないのか。自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。


4.私たちの信仰告白
再び、詩篇121篇に戻り、7節です。
   121:7 主はあなたを守って、すべての災を免れさせ、またあなたの命を守られる。
「すべての災を免れさせ」と聞くと、もう“災難”に遭わないで済むんだと嬉しくなります。が、直ぐに「聖書はこう言うけど現実は違うよね」と覚めた気分になってしまうこともあるでしょう。これはゆゆしき事態ですが、聖句を自己流に解釈するとそうなります。7節の「災」とは、専ら《滅びに至る罪》のことです。聖書の文脈を思えばだいたいの見当が付きますが、「災」という言葉の他の用例を見るとはっきりします。
  コロサイ3:5(新約317頁) だから、地上の肢体、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪欲、また貪欲を殺してしまいなさい…
ここで「悪欲」と訳された言葉が詩篇の7節では「災」と翻訳されているわけです。
そもそも「聖書が教えることと現実は違う」と思うこと自体、全幅の信頼が動揺していることではないでしょうか。「万物が神の意思で造られ保たれているのだから、そこで起こる一切の出来事も神の摂理の内にある」と信じられる信仰の深み高みへと私たちは導かれたいものです。
最後に8節です。
   121:8 主は今からとこしえに至るまで、あなたの出ると入るとを守られるであろう。
「出ると入る」ということばですが、「古い生活から出て新しい生活に入る」との解釈も可能ですが、この詩篇では巡礼の「行きも帰りも」ですから、その人の全生活・全生涯が守られ、とこしえに至ることを歌っています。
新約聖書にも同様の表現があります。先日の祈祷会で輪読した箇所ですが、
  ヨハネ10:9(新約156頁) わたしは門である。わたしをとおってはいる者は救われ、また出入りし、牧草にありつくであろう。
羊飼いに守られ導かれて、羊が囲い(所謂羊小屋)と牧草地とを行き来する情景から、まことの牧者主イエスに聞き従う人々守り、すなわち救いの確かさが教えられてます。
ペンテコステを通して与えられた「助け主」に導かれ、主イエスの言葉を思い起こさせられた初代教会は、詩篇121篇を「主イエス・キリストを通して信仰者の人生に現される神の摂理の証し」と読んだのです。そして使徒信条の冒頭「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず」と主への全幅の信頼を告白してきたのです。

冒頭申し上げましたが、コロナ禍の終息で試煉が終えると考えてはなりません。
詩篇記者が「わたしは山にむかって目をあげる」と歌った如く、私たちの未来には「コロナ禍で痛めつけられた私たちの人生と社会の仕組みを立て直す」本当の試煉が立ちはだかっているからです。
この世は、懲りることなく“砂上の楼閣”(マタイ7:24以下)を再建しようとするかもしれませんが、私たちは“岩の上に家を建て”、地の塩世の光となる光栄と責任とに召されています。そこには旧約預言者たちと同様の困難が待ち受けていることでしょう。しかし、「主はあなたを守る」と約束されました。「わが助けは、天と地を造られた主から」既に来ています。そして私たちは「助け主」が内住する宮とされています。神の愛も知っています。
私たちが主に全幅の信頼を置くうえで、いったい何が不足しているでしょうか。

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…