2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

神戸市のプロテスタント教会 日本キリスト住吉教会のホームページへ戻る

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

103:6 主はすべてしえたげられる者のために/正義と公正とを行われる。
103:7 主はおのれの道をモーセに知らせ、おのれのしわざをイスラエルの人々に知らせられた。
103:8 主はあわれみに富み、めぐみふかく、怒ること遅く、いつくしみ豊かでいらせられる。
103:9 主は常に責めることをせず、また、とこしえに怒りをいだかれない。
103:10 主はわれらの罪にしたがってわれらをあしらわず、われらの不義にしたがって報いられない。
103:11 天が地よりも高いように、主がおのれを恐れる者に賜わるいつくしみは大きい、
103:12 東が西から遠いように、主はわれらのとがをわれらから遠ざけられる。
103:13 父がその子供をあわれむように、主はおのれを恐れる者をあわれまれる。
103:14 主はわれらの造られたさまを知り、われらのちりであることを/覚えていられるからである。
103:15 人は、そのよわいは草のごとく、その栄えは野の花にひとしい。
103:16 風がその上を過ぎると、うせて跡なく、その場所にきいても、もはやそれを知らない。
103:17 しかし主のいつくしみは、とこしえからとこしえまで、主を恐れる者の上にあり、その義は子らの子に及び、
103:18 その契約を守り、その命令を心にとめて行う者にまで及ぶ。
103:19 主はその玉座を天に堅くすえられ、そのまつりごとはすべての物を統べ治める。
詩編 103篇06-19節


1.はじめに
この詩篇では、私たち人間が「弱くはかない存在」として描写されてはいるものの、神は「父がその子供をあわれむように」私たちに関わって下さることが私たちに伝わって来ます。ですので、御言葉がすんなりと入って来てホットした気持ちになれます。そういう魅力が今日の詩篇にあります。


2.この詩篇に秘められた福音
今日の6~18節では、私たちの主でいて下さる神の御性質について、「正義と公正とを行われる」「あわれみに富み、めぐみふかく、怒ること遅く、いつくしみ豊か」だと何度も繰り返されています。私たちの神はこの様なお方だと嬉しくなってきます。さらに「主」を「主イエス」と読むと、イエス様を身近に感じることが出来ます。この詩篇103篇が大いに福音的な詩篇と言われる所以です。


3.神は人間にどう関わって下さるか
 103:6 主はすべてしえたげられる者のために/正義と公正とを行われる。
神の御性質の第一として、「正義と公正とを行われる」ことがあげられています。これであってこそ、神は偉大なお方でありえます。私たちが聖書を読む時、「正義と公正とを行われる」神がハッキリ判ります。なぜなら、
 103:7 主はおのれの道をモーセに知らせ、おのれのしわざをイスラエルの人々に知らせられた。
と書かれているからです。「主が約束されたすべての戒めと報いを忘れてはいけない」、「イスラエルの民の歴史を振り返って彼らの轍を踏まないように」と私たちを教えています。主イエスはこのことを当時の宗教的指導者たちに繰り返し教え戒められました。イエスが朝早くから宮で民を教えた時もそう教えられたことでしょう。
神の御性質について他にもあげられます。
 103:8 主はあわれみに富み、めぐみふかく、怒ること遅く、いつくしみ豊かでいらせられる。
 103:9 主は常に責めることをせず、また、とこしえに怒りをいだかれない。
この8-9節は、マルコ10章に記された主イエスを思い起こさせます。一人の資産家が、自分の善行に主イエスのお墨付きを得て拠り所にしようと、悪く言えば自惚れて、主イエスに走り寄り御前にひざまずいて「よき師よ、永遠の生命を受けるために、何をしたらよいでしょうか」と尋ねた時のことです。
マルコ10:21 イエスは彼に目をとめ、いつくしんで言われた、「あなたに足りないことが一つある。帰って、持っているものをみな売り払って、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。
また、これは遠い過去のことではなく、今も主イエスは聖書の御言葉を通して御霊を遣わし、「神の道」と「神の御心と振る舞い」を私たちに教えて下さっています。

 103:10 主はわれらの罪にしたがってわれらをあしらわず、われらの不義にしたがって報いられない。
数多の罪人を受け入れ、手ずから病を癒やし、自ら罪人を尋ねて行かれた主イエスの姿を思い起こします。とkろが私たちには考えも及ばないことですが、世の中には無条件での罪の赦しや“気前の良い”神を連想する方々もおられるようです。しかし10節は、主イエスの十字架が前提になっています。神は、「あわれみ、めぐみふかくいつくしみ豊か」なかたであるが故に、罪無き神の一人子に私たちの罪を負わせることで、「正義と公正」とを同時に行われます。
十字架にかけられた犯罪人のひとりと、彼に向けられた主イエスの言葉に聞きましょう。
ルカ23:42-43 …「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出してください」。/イエスは言われた、「よく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」。
主は、救い主イエスへの信仰に報いて下さります。これ程の罪の赦しは、この世にはありません。

 103:11 天が地よりも高いように、主がおのれを恐れる者に賜わるいつくしみは大きい、
ここでは神と人との関係が言われていますが、神は私たち人間とは掛け離れた存在だとか、人間に無関心で、天から見下す得体の知れない存在だとかは言ってません。また、「主を恐れる」とは主を怖がることではなく、畏敬の念から生じる謙遜をもって主の言葉に聞き従うことです。そのような人に神は「私たちの思いと掛け離れた大きないつくしみ」をもって、主の十字架を地上に打ち立てることで私たちのごく身近にいて下さります。
これは私たちも体験させていただいています。私たちが主の祈りで「我らの罪をもゆるしたまえ」と祈れるのは、祈りを聞いて下さるお方が「おのれを恐れる者に賜わるいつくしみは大きい」からに他なりません。

12節は、神と人との関係に引き続いて、神が人の罪をどう扱われるかです。
 103:12 東が西から遠いように、主はわれらのとがをわれらから遠ざけられる。
当時、「東」とは「日の出」、「西」には「日の入り」という意味がありました。つまり、神の摂理のもとでは、日の出と日の入りが一日のうちで最も隔たっているように、「おのれを恐れる者に賜わるいつくしみ」は、罪の裁きを私たちから無限に掛け離れたところに隔てて下さります。

13節では、神が私たちに「あわれみ」を教えるその仕方が、父と子のたとえで教えられています。
 103:13 父がその子供をあわれむように、主はおのれを恐れる者をあわれまれる。
この表現は、誠に遺憾ですが、親の役割を理解しなかったり果たさなかった親に育てられた人々には伝わりにくいです。とは言え、もし私たちの地上の親が不完全・不真実であったとしても、人類を創造された神は父として完全であり真実なお方ですので望みはあります。神は私たちに深い関心を現し、神の側から私たちと関わりを持とうとして下さるからです。ただ、神のあわれみは、溺愛でも放任主義でもありません。その子が人間としてさいわいに生きられるよう、永遠の命を持てるように躾けます。そのことが次のように記されています。
ヘブル12:6-7、10-11 【新約聖書356頁】主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである」。/あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである。いったい、父に訓練されない子があるだろうか。//肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが、たましいの父は、わたしたちの益のため、そのきよさにあずからせるために、そうされるのである。すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。

神が私たちにそうされる訳が14節以下に記されています。
 103:14 主はわれらの造られたさまを知り、われらのちりであることを覚えていられるからである。
 103:15 人は、そのよわいは草のごとく、その栄えは野の花にひとしい。
 103:16 風がその上を過ぎると、うせて跡なく、その場所にきいても、もはやそれを知らない。
「われらのちりであること」という表現は、人間の価値が塵ほどでしかないと言っているのではありません。正反対のことが言われています。聖書は、主御自身が人間をちりから創られたことを決して忘れていないことを強調しています。私たちが何からどのように、そして何のために創られたのかを、神は覚えてくださっています。
それだけではありません。14節以下は、自分の意思と責任で神から離反した結果はかない存在となってしまった人間に、神が寄せる激しく血がたぎるような、燃えるような強い愛情の表現でもあります。子供の弱さ、はかなさ、罪深さを知る親が格別の愛情を子供に注ぐ如く、御自身の一人子をイエスをこの世に遣わし、私たちを尋ね求めて捜しだし、罪を赦し、滅びから救い出すお方こそ「あわれみ」の神です。


4.主のいつくしみと義とは、とこしえに
ここでもう一度8-9節に目を向けましょう。
 103:8 主はあわれみに富み、めぐみふかく、怒ること遅く、いつくしみ豊かでいらせられる。
 103:9 主は常に責めることをせず、また、とこしえに怒りをいだかれない。
この8-9節からは、神は正当な怒りを抑制し忍耐しておられることが伝わって来ます。
他方、出エジプトの道中の出来事、エレミヤ書と哀歌に記されたバビロン捕囚、エルサレム滅亡といった目を覆いたくなる悲惨な出来事は、神の裁きであることが聖書に明記されています。つまり、神の忍耐にも限度というものがあり、赦しは絶対的でも無条件的でもないのです。
聖書がハッキリ説くところによれば、
(1)主は忍耐強く、あわれみに富み愛情深く誠実なお方ですが、「おのれの道をモーセに知らせ、おのれのしわざをイスラエルの人々に知らせられた」(7節)神は決して罪と妥協せず、「正義と公正とを行われる」(6節)お方です。
(2)神の怒りは決して神の気まぐれではありません。「正義と公正」こそ神の御性質です。神の怒りを惹き起こすのも、怒りを思いとどまらせるのも罪人次第です。
神の怒りは「主はおのれを恐れる者をあわれむ」ためであるとの明確な意図が17節以下に記されています。
 103:17 しかし主のいつくしみは、とこしえからとこしえまで、主を恐れる者の上にあり、その義は子らの子に及び、
 103:18 その契約を守り、その命令を心にとめて行う者にまで及ぶ。
 103:19 主はその玉座を天に堅くすえられ、そのまつりごとはすべての物を統べ治める。
悔い改めて主を怖れる人々に祝福を与えることです。ですから、神から召命を受けた預言者たちは自分の命を賭してまでして、神の言葉を、神御自身を語り続けることが出来たのです。


むすび
聖書の言葉は、私たちの弱さを全てご存じのうえで、私たちを永久に変わらず慈しんで下さる方の言葉です。この世の混迷がどんなに深まろうとも、神のみ声を聞いて神の元に来る人は高らかに歌います。
 103:1 わがたましいよ、主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。
 103:2 わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。


 

2020年 メッセージ一覧

2020年8月2日(日) 聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる(2)」

前回、詩篇139篇の前半から、私たちの、主を褒めたたえるその源は神さまご自身、特にその御業によるという…

2020年7月26日(日)聖日礼拝 「主はわたしの牧者」

私たちは苦しみに出会うとき、また自分の将来に希望を見出せないとき、その原因や意味を見出そうと問い続…

月報 2020年7月号 「 祭壇の火を燃え続かせよ 」

紀元前の幕屋(主が神の民の中に住むための聖所)の祭壇で燃え続けた火は、私たちと深い関わりがあります…

2020年7月19日(日)聖日礼拝 「神はあなたを知っておられる」

詩篇139篇は、詩篇の第五巻に含まれます。詩篇とは元々讃美歌という意味です。実際にこの詩篇をもって祭儀…

2020年7月12日(日)聖日礼拝 「人は何物か?」

この詩篇記者は、夜空を仰いだその時、この世から切り離されて輝く月や星を見て、彼の心はこの世を越えた…

2020年7月5日(日)聖日礼拝 「主の慈しみは、とこしえに(2)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  539 主の祈 信仰告白 交読文34 十戒 讃美歌 10番…

2020年6月28日(日)聖日礼拝「主の慈しみは、とこしえに」(1)」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

2020年6月21日(日)聖日礼拝 「主がもしおられずば」

■式次第 オンライン礼拝者の紹介/挨拶 --- 前奏 讃詠  545下 主の祈 信仰告白 使徒信条 (讃美歌566 参…

月報 2020年5/6月合併号 「 神は真実である」

この聖句により、どんなに多くの人が慰め励まされ試練から立ち上がったことでしょう! 6月最初の祈祷…

2020年6月14日(日)聖日礼拝 「朝と共に喜びが来る」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、再び会堂に一堂に集…

2020年6月7日(日) 聖日礼拝 「神の御前にふさわしい者」

私たちの教会では、コロナ禍での緊急避難的な礼拝を凡そ二ヶ月間続けて参りましたが、会堂に一堂に会した…

2020年5月31日(日) ペンテコステ礼拝「我が助けはどこから来るか」

★式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier 最愛の主イエスよ、われらここに集いて」 …

2020年5月24日(日) 聖日礼拝「あなたはどこにいるのか」

■要旨 人が神の命に背き、罪を犯した結果は、悲惨なものであった。彼らは神のように賢くなりたいと、禁断…

2020年5月17日(日) 聖日礼拝「わが魂は、いける神を慕う」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 J.S. Bach 「Liebster Jesu, wir sind hier, BWV634」   https://www.y…

2020年5月10日(日)聖日礼拝「主は我らの助け、また盾(3)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年5月3日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(2)」

■オンライン礼拝式次第 1.奏楽 2.主の祈り 3.讃美歌 268番1,3節 「まごころもて 仰ぎまつらん」 4.牧会…

2020年4月26日(日)聖日礼拝 「主は我らの助け、また盾(1)」

新型コロナウイルス禍という災禍によって全世界が激しく篩(ふる)われ、人間のあらゆる営みの“真価”が試さ…

2020年4月19日(日)聖日礼拝 「まことの神の守り」

オンライン礼拝の式次第と説教を掲載しました

月報 2020年4月号 「 神の愛に踏みとどまる 」

この主イエスの言葉は、御自身が十字架に掛かられる前夜、非情とも言える試練を受けようとしていた弟子…

2020年4月12日(日) イースター礼拝 「罪を赦される者はさいわい(2)」

人は誰もが幸せを願っています。でも幸せは人により千差万別だと思います。「さいわい」について、私たち…

2020年4月5日(日)聖日礼拝 「罪を赦される者はさいわい(1)」

人は誰もが幸せを願っています。しかし、どのような状態が幸せかは千差万別でしょう。同じ状況にあっても…

2020年3月29日(日)聖日礼拝 「人生の目的」

人は何のために生まれ、何のために生きているのか。この問いを発する人は多い。そしてこの問いは、往々に…

2020年3月22日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(3)」

この詩篇は、悪しき人々が栄える世にあって、正しく生きようと苦悩する人々に勇気と希望を与えてくれます…

2020年3月15日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い(2)」

***

月報 2020年3月号 「 “獣”から“人間”への回帰 」

3月8日を皮切りに、三回にわたって詩篇73篇から礼拝説教をします。この詩篇は、ダビデ・ソロモン王室に…

2020年3月8日(日)聖日礼拝 「“永遠”を求める思い (1)」

詩篇73篇は時代と民族を越えて多くの人々に愛されてきた詩篇です。なぜなら、この詩篇を読んでいると、自…

2020年3月1日(日)聖日礼拝 「わが魂よ、汝の平安に帰れ」

今日の116篇は、神が祈りに応えて下さり“死の縄目”から救われたことの喜び感謝の詩篇です。今回は引用箇所…

2020年2月23日(日)聖日礼拝 「あなたの慰めはわが魂を喜ばせます」

詩篇の魅力の一つに、詩篇記者の霊的体験の一部始終が、生生しく詩的に表現されていることにあります。そ…

2020年2月16日(日)聖日礼拝 「労苦への報い」

詩篇127篇は愛唱される詩篇の一つです。神がなさるのでなければ、人間のなすことはすべてむなしい。これは…

月報 2020年2月号 「 詩篇の愛おしさ 」

詩篇は、原語で「讃美の歌」という意味で、祭儀で歌われた詩篇もあったようですが、今も生き生きと息づく…

2020年2月9日(日)聖日礼拝「正しい者には災いが多いか?」

詩篇は時代と国境を越えて多くの人々に愛読され、人々の信仰の拠り所となっています。その理由の一つは、…

2020年2月2日(日)聖日礼拝 「神はわが命の砦」

詩篇27篇は格調高い感動的な言葉で、信仰とはどのようなものであるかを教え、神は私たちの命の砦であると…

2020年1月26日(日)聖日礼拝 「神を仰ごう」

この詩篇19篇は、多くの人に愛読されています。『ナルニア国物語』を著したC.S.ルイスは、この詩篇を「詩…

月報 2020年1月号 「 ひとり生まれたことで 」

私事で恐縮ですが、娘(長女)に男の子が与えられました。娘たちが生まれた時も大喜びしましたが、今回は…

2020年1月19日(日)聖日礼拝 「深い淵から神を呼ぶ」

「神がいるなら、なぜ神は私をこんな状態へと突き落としたのか!」と叫びたくなることが人生にはしばしばあ…

2020年1月12日(日)聖日礼拝 「栄えて幸いな人生」

今日の聖句は今年の教会標語聖句です。しかし、標語聖句と言っても、ただ額に入れて掲げておけばよいもの…

2020年1月5日(日)新年礼拝 「新しい歌を歌おう」

今日の聖書箇所は、「新しい歌を主にむかって歌おう」との呼びかけと、その招きへの応答が記されています…

2019年12月29日(日)聖日礼拝 「ただ新しく造られることこそ」

パウロはガラテヤの教会への手紙を、不自由な体をおして、自らしたためた。ガラテヤの教会に入り込んだユ…

2019年12月22日(日) クリスマス記念礼拝 「今日は救いの日」

1.今日という特別な日 118:24 これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。 こ…

2019年12月15日(日)聖日礼拝 「栄光の王を迎えよ!」

クリスマス礼拝を来週に控えて詩篇24篇?と怪訝に思われるかも知れませんが理由があります。この詩篇は、「…

月報 2019年12月号 「 クリスマスという、神の時間厳守 」

クリスマスについて「きょう」と言われてます。聖書の「きょう...」という言葉は、昨日、今日、明日と言…

2019年12月8日(日)聖日礼拝 「信仰があってこそ」

詩篇12篇について、ラジオ伝道者としても著名な羽鳥明先生が、御自身の著書『今日の詩篇|明日の詩篇』の中…

2019年12月1日(日)聖日礼拝 「主の慈しみはとこしえに」

信仰には二種類あると言われます。ひとつは、人間が神の恵みを引き出そうとする信仰、なんとかして神から…